このページの先頭へ

ダイレクトレスポンスマーケティング【アフィリエイト戦略】

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイレクトレスポンスマーケティング【アフィリエイト戦略】

 

ブログメルマガアフィリエイトで大きく稼ぐためには、いずれ取り入れなければならない手法があります。

 

 

それがタイトルの通り、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)手法ですね。

 

 

簡単に言うと、
◆集客◆教育◆販売の事です。

 

 

ただ、集客と販売の段階というのは実はあまり重要視しなくとも商品はどんどん売れます。
というのはセールスにおいて1番重要な段階というのが、教育にあるからなのですね。

 

 

これは自由に生きる会(メルマガメンバー)にはすでにお伝えしていますし、その教育の段階に力を注ぐ事によって生活出来るレベル以上に稼げるようになったメンバーもたくさんいます。

 

 

ちなみに僕のコンサルを受けてくださった方で稼げなかった人は今の所いません。
(自画自賛ですみません)

 

 

先日にコンサルを申し込んで下さったHさんも、一瞬で売上が数倍になりました。
Hさんに関してはアフィエイトを初めて数カ月でしたから稼ぎがまだ月にウン十万ではありませんが、確実にターニングポイントになったかと思います。

 

 

報酬画像は以下の記事で公開しています。

 

 

というわけで今日は、ダイレクトレスポンスマーケティングについて触れたいと思います。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングの神髄

 

まずなぜブログとメルマガを連動する必要があるのか。
それはお客さんとダイレクトにコミュニケーションが取れるからに尽きます。

 

 

ブログはどうしても受け身の媒体なので、こちら側からお客さんの懐に飛び込んでいく事が出来ません。
つまりお客さんの反応を待つしかないわけですね。
僕たちは機械ではなくて人間ですから、いつまでも待ち続けるというのは苦痛でしかないはずです。

 

 

そこでメルマガという攻めの媒体を利用する事で、いつでもお客さんの懐に飛び込んでいく事が出来るようになるわけです。

 

 

ブログ=店舗
メルマガ=営業マン

 

 

このように捉えると分かりやすいかと思います。
それにメルマガはお客さんとの距離を一気に縮める効果があります。

 

 

先日ブログだけを運営していてまったく結果の出ていないメンバーにメルマガを進めた所、一気に反応率が増えたとの声も頂いてます。
この事例でも分かるように、ブログとメルマガを連動させることで初めてアフィリエイトで大きく稼ぐ事が可能になるわけです。

 

 

でもただブログやメルマガを書いて送信しているだけではもちろん反応は取れませんし、商品が売れる事はまずないので注意が必要です。

 

 

退屈なブログにはそのうち人が訪れなくなりますし、メルマガなんかは解除URLを載せる事が法律で義務付けされていますから役に立たない記事や退屈な文章を書く人の周りには人がいつまでたっても集まらないという事ですね。

 

 

人が集まらないという事は収入が発生しない事を意味します。

 

 

そこで教育という段階が重要になりますし、突き抜けて稼ぐかまったく反応が取れないかに分かれてしまうわけですね。
ですので教育という段階を意識していない内はアフィリエイトで稼ぐ事など不可能なのです。

 

 

でもこれは当然ですね。
退屈なブログやメルマガの中に置いてあるアフィリリンクなど誰も踏みたいとは思えないはずです。
数年前はアフィリリンクさえ置いてれば稼げる時代があったのかもしれませんが、今はまったくと言っていいほどにアフィリリンクが踏まれません。

 

 

つまりは、本気でビジネスについて学び始めないとアフィリエイトで稼ぐ事が難しい時代に突入したという事です。

 

 

ただ視点を変えてみると、ビジネスの神髄を学んで国や会社に頼らず自分の力で稼ぐと決めた僕たちにようやくスポットが当たる時代がやってきたとも言えますね。

 

 

確かに今もブラックな手法で稼いでいる人もいますが人生レベルといった長い目で見た時にずっと自由に生きれるのは、ビジネスの本質を学んでいつでもお金を稼げるようになるために努力している僕たちではないかと思うのです。

 

 

だからこそこれからも恐れずに進んで行きましょう。
きっとうまくいきます。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングと教育

 

前項では教育という段階に力を注がなくては一向に稼ぐ事が出来ないとお伝えしました。
教育については過去に記事にしていますのでここでは割愛します。

 

 

教育というと響きは悪いですしなんだか怪しく聞こえますが、教育というのは日常生活で僕たちに気付かれないように普通に行われています。
テレビやラジオといった身近な物のほうが分かりやすいですが、学校や教師や親から受けてきた教育もその1つです。

 

 

ただこれからあなたのビジネスに盛り込んでいく教育という段階の最終的な目的は、ファンの構築です。
あなたに共感してくれるファンを構築するわけです。
究極を言うとファンを構築すればセールスや売り込みなど、もはや不要になります。

 

 

つまりアフィリエイトで稼ぐためにはダイレクトレスポンスマーケティグ手法を取り入れなければ稼げないですし、
・集客・教育・販売、その中の重要な段階である教育の目的は、ファンを構築するためなのですね。

 

 

 

PS.

 

 

今回はダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)について軽く触れましたが、ダイレクトレスポンスマーケティングについてはそこまで難しく考える必要はないと思います。

 

 

どんなビジネスにも言える事ですしビジネスは確かに奥が深いですが、人が物を買う際の行動や心理は非常にシンプルです。
要はファン構築するために精一杯、読者さんに情報発信していく事でおのずとファンは付いてきます。
そうすればダイレクトレスポンスマーケティングや小手先の販売テクニックなど一切不要になるという事です。

 

 

ただ、客層については理解を深めておく必要があります。
以下の4つでダイレクトレスポンスマーケティングや小手先の販売テクニックが不要になるレベルは、4つ目の究極レベルです。

 

 

@赤字レベル

ファンがまったくいない状態。
そもそものビジネススキルを高める必要がある。

 

A普通レベル

売上は立っているが、生活出来るレベル、あるいはお小遣い程度しか稼げていないのが現状。

 

B優秀レベル

アフィリエイトである程度は稼げているし生活も出来るが、自分が現場にいないと収入が発生しない状態。

 

一定のファンがついているが、ある程度の期間で離れていくので常に新規客を開拓し続ける必要がある。

 

C究極レベル

強烈なファンが構築出来ているのと、そのファンが新規顧客を勝手に連れて来てくれるので集客の必要がない。

 

また個人ブランディングも完成されているので、紹介した商品をお客が疑う余地さえもなく、しかもセールスする前に買ってしまう。
自動化の仕組みも構築済みなので、放置していても勝手に商品が売れていく状態。

 

 

自由に生きていくためにも、出来る事ならCの究極レベルを目指したい所です。
しかしアフィリエイトにおいては初心者のうちは作業量が膨大なので、焦っても仕方がありません。

 

 

まずは@の赤字レベル(初心者の域)から脱出する事が先決です。
ただ赤字といっても数千万の借金を抱えてビジネスを行うわけではありませんし、アフィリエイトビジネスの経費など月に1万円もかからないはずです。

 

 

僕たちは他のビジネスに比べて圧倒的に成功に近く有利なビジネスを選択したわけですから、果敢に挑戦していくマインドが大切です。
ダイレクトレスポンスマーケティング手法を使ってアフィリエイトで稼ぐための情報は、メール限定で公開しています。

 

 

今すぐ無料で読んでみる

 

今なら無料で講座を受け取れます。
ただし期間限定ですのでご注意下さい。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報はもちろん追加プレゼントも随時配布予定ですので、良くお使いになるメールアドレスをご入力ください。ご不要なら1クリックで解除可能です。

TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材