アフィリエイト確定申告は難しく考えなくていい!

アフィリエイトの確定申告は難しく考えなくていい!
 このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトの確定申告は難しく考えなくていい!

 

アフィリエイト収入の確定申告について難しく考え過ぎていて余計にややこしくなってましたが、いざ確定申告へ向かうとサクサクと事が運びました。

 

 

今アフィリエイターとして活動しているなら、確定申告を必要以上に恐れる必要はありません。
そもそも税金のために人生の選択肢をみずから狭めてしまっては、アフィリエイターの醍醐味である自由を満喫できません。

 

 

僕は心理学や脳科学やメンタリズムが好きでこれまでわりと学んできたので、国税局で実際に担当者からアレコレ本音を引き出してきたので備忘録を含めてここに書き残しておきたいと思います。

 

(確定申告帰りにスタバで書いてます)

 

 

それではいきますね。

 

 

アフィリエイターの確定申告の心得

 

 

まずサラリーマンの副業で年間20万以上のアフィリエイト収入があるなら確定申告が必要です。
専業アフィリエイターなら経験値を積む意味でも申告はしておいた方が、これから情報発信者として活動していく中での幅が広がるかと思います。

 

 

ちなみに僕は仕事をやめて収入ゼロから青色申告で出発しました。
もうすでに白色申告のメリットは無くなったも当然ですので、アフィリエイトビジネスをやるなら青色申告が控除額の面でも賢い選択だと思います。

 

 

アフィリエイターが確定申告の際に注意しておきたいのは、アフィリエイトは仕入れがほぼないので経費を自分で作っていくしかないという事です。

 

 

例えばアフィリエイトの経費といえば以下が代表的ですね。

 

 

新聞図書費…教材購入費、セミナー教材など
雑費…出金伝票やボールペンなど
通信費…ネット接続やスマホ料金など
旅費交通費…取材旅行や業務に携わった交通費など
消耗品費…インクやコピー用紙、パソコン周辺機器など
減価償却費…10万円以上のパソコン購入費など
家賃…自宅で使うスペースを家事按分
水道光熱費…自宅で使うスペースを家事按分
会議費…カフェでの作業など

 

 

大体このような感じです。

 

 

アフィリエイトの確定申告についてネットで調べると非常にわかり辛くそしてカッチリ分けなきゃいけないなどと書かれてますが、単にカッチリした性格の人が書いただけの可能性があるので鵜呑みにしなくても大丈夫です。

 

 

たまにカッチリと分けなきゃ税務調査が来るなどと煽られてますが、1ヶ月に1000万や1億稼いでない限りただの個人には税務調査など来ません。

 

 

その証拠に担当者はこう口を滑らせました。

 

 

『税務調査なんてものは抽選みたいなモノだ』
これで少しは気が楽になりませんか?
つまりは彼らもお仕事なので、重箱の隅をつつくようにとにかく成果を上げる事が仕事なわけです。

 

 

それに僕の場合は貸借対照表がうまく作れてなかったのですが、担当者がチャチャっと数字を操り青色申告最大の65万の控除が出来るように調整してくださいました。

 

 

その意味では確定申告については、かなりグレーゾーンなのかもしれません。
ただし明らかに領収書やクレジット明細が私的用途なのに莫大な経費を計上しているようなら、税務調査が来る可能性は高まると思います。

 

 

要は考え方ですね。

 

 

売上も経費もしっかり記帳して精神衛生的な安心を取るか。
税務調査が来るまではだましだまし帳簿に記帳して、いざ調査が来たら言い訳するか。

 

 

僕の場合は家族もありますし、無茶はしたくないのできっちりと確定申告する事にしました。
長い目で見るとその方が気持ちの持ち方が違ってくると思います。

 

 

国税庁の調査にビクビクしながらの毎日なんて過ごしたくないですものね。

 

 

そしてもう1つ。

 

 

アフィリエイトの確定申告は最近では確定申告専用のソフトがたくさんあります。
僕はMFクラウドを使いました。

 

 

確定申告ソフトについては、やよいの青色申告やfreeなど色々ありますがMFが1番使いやすいと思います。
口座を登録すれば自動的に決算書も貸借対照表も自動で作れます。

 

 

そのうち税理士や会計士は世の中から需要がなくなるかもしれませんね。

 

アフィリエイト確定申告のコツ

 

とにかく度の過ぎた経費計上は辞めておいた方が無難です。
何事もバランスが重要だという事ですね。

 

 

それに税務調査は来るときは来ます。
その時にどれだけ事業に対する経費なのかを具体的に説明できるか、です。

 

 

度の過ぎた経費計上は追徴課税を食らった場合に余計なお金を取られてしまいます。
せっかく稼いだお金を根こそぎ取られるなんて悲し過ぎますよね?

 

 

だからこそなるべく事業に関連した経費を作り賢く節税する。
アフィリエイトで国や会社に頼らず自由に生きていくなら、税金に縛られた人生を生きない。
そしてどうせビジネスをやるなら稼ぐ。

 

 

これに尽きます。

 

 

アフィリエイトは立派なビジネスです。
確定申告に関しては難しく考え過ぎずに、自信を持って申告会場へ向かって下さい。

 

 

あなたが悪さをしてなければきっと大丈夫です。

 

 

追記

 

 

確定申告会場には色んな職員がいますが、僕の場合そのほとんどの職員に青色申告会の加入を強く勧められました(有料)

 

 

担当者も僕が会計や簿記が無知というのを察知したのか、税務調査という恐怖を煽ってなんとか青色申告会に加入させようと必死になっていました。

 

 

当然、そのような確定申告ビジネスのお客になるよりも、記事を書く時間を優先したかったのでやんわりと断りました。
そこで担当者が笑いながらこう話してくれました。

 

 

『無理に入ってくれなくて良いけどそれじゃ私たちの仕事がなくなるから』、と。

 

 

もし会計や簿記に詳しくなりたいなら青色申告会なんかで勉強するのもアリかもしれません。

 

 

でもアフィリエイトで稼ぐなら確定申告に大事な時間を注ぐより、コピーライティングやマーケティングを勉強した方が経営者として賢いのではないかと思います。

 

 

何より自由が1番ですものね。

 

 

一生食いっぱぐれないスキルを身に付けると、検索順位の変動などにいちいち不安になる必要がなくなります。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。