このページの先頭へ

サラリーマンの月収を1日で稼ぐ方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加


サラリーマンの月収を1日で稼ぐ方法

 

一般的なサラリーマンの給料といえば、大体20〜30万円程度が相場です。
そのサラリーマンの月収を1日で稼ぎ出す事が出来たらどんなに楽で、どれほど豊かな生活を送れるでしょうか。

 

 

例えば一般的なサラリーマンの1ヶ月の給料が20〜30万として、年収は240〜360万円という事になりますね。

 

 

でも世の中にはその年収や月収をたったの1ヶ月や1日で稼ぐ人たちがいます。
しかもほとんど働かずに。

 

 

考えてもみて下さい。

 

 

一般人である僕たちは出来るだけ生活費を抑えるために出費を切り詰めて切り詰めて、給料の範囲内で食べていけるよう一生懸命頑張ってるのに、
その反面、平気な顔で家賃50万の高級マンションに住んだり、2〜300万のブランド品などをポンポンとキャッシュで買う人達がいるんです。

 

 

世の中がいかに公平でないかがよく分かりますね。
でもこのような格差が拡がるのには理由があるのです。

 

 

まず一般的な社会に生きていると学歴や成績、マイホームや結婚や安定といった言葉に強く憧れを抱く節があります。
憧れ以外にも老後の不安や将来への不安はなかなか拭い去ることが出来ません。。

 

 

でも実はこれは幼少期からの学校教育や親からの教育ですり込まれた、ただの他人の価値観に過ぎないのかもしれません。
むしろその他人の価値観を僕たち一般人に植え付ける事で、この国の社会は成り立っています。

 

 

既得権益という言葉をご存知かと思います。

 

 

世の中の権力者といわれる層が自分たちの資産や名声を子孫に引き継がせるためだけに、国民を幼少期から徹底的に教育するわけですね。
その国を揚げた徹底的な教育によって、そのうち僕たちは自分の頭で考える事をやめます。

 

 

いわゆる思考停止状態ですね。
20才にもなって自分のやりたい事すら分からない。

 

 

だからこそ周りのみんなが歩んでいる模範的な人生を正しいと思い込むしか手段がないんです。

 

 

その結果、
・良い高校に入って、
・良い大学へ入学して、
・良い企業に40年以上勤めて、
・老後は年金で暮らす。

 

 

どこぞの権力者が定めたこの人生の模範の通りに生きていく事をみずからの意思で意図的に決意させられているわけです。

 

 

ただ権力を持たない一般人の僕たちにこのような価値観を植え付けるのは非常に簡単です。

 

 

例えばマイホームにしたって、200〜400万の年収層に4000〜5000万円の家を買わせるなんてどう考えても無謀ですが、国や会社は幸せや安定といった甘い言葉を巧みに使って人々に強い憧れを持たせた上で、マイホーム購入という巨額の借金を要求します。

 

 

30年や40年の歳月をかけてのローン返済こそが安定の道だ
このように幼少期からの教育やマスメディアを使って僕らを扇動していくわけです。

 

 

それはサラリーマンを会社に1日でも長く縛り付ける口実でしかないのかもしれませんね。

 

 

早い人で18才で就職して65才までの47年の間、ずっとサラリーマンとして働かせるために社会には様々な仕掛けが施されています。
その割合をアメとムチで例えるなら、
アメが1、ムチが9です。

 

 

ほとんどマゾヒストの世界ですね。
だからこそ多くの人たちは給料への不満が絶えないわけです。

 

 

それに経営者側は出来るだけ安い給料で長い期間、しかも文句を言わずせっせと働いてくれる人材を確保したいわけですからそのような従順な人達を人財などと、もてはやします。

 

 

そもそも自分を儲けさせてくれる従業員達を社畜や奴隷などとはさすがに経営者側は言えませんから、【人財】以外に名称が見当たらないわけです。

 

 

非常に当たり障りのない表現だと思います。
いずれにしてもこの国は資本主義ですから、国をあげて行われている教育システムや弱者からの搾取のシステムについては非常に高度でとても良くできたビジネスモデルです。

 

 

現状に何の疑問も抱かないまま過ごしていると、権力者の思う通りに動かされてしまいます。
その危険な状況を防ぐ唯一の方法をこれからお話させて頂きたいと思います。

 

給料という言葉に縛られない生き方

 

冒頭で世の中にはサラリーマンの年収や月収をたったの1ヶ月や1日で稼ぐ人たちがいるとお話しましたね。
しかも働かずに。

 

 

その層というのは不動産などの何らかの資産を持っている人、もしくは自分のビジネスを持っている人です。

 

 

一般的なサラリーマンが脱サラする理由もなんらかのビジネスを自分で興すためだと思います。
ただし、店を開いたり会社を構えるには1000万単位の巨額の資金が必要です。

 

(経験済みです)

 

 

それはある意味、ギャンブルですね。
それこそ死ぬか生きるかの1発勝負です。

 

 

結果的には借金まみれで破産するか、
はたまたとんでもないお金持ちになるか、
もしくは可もなく不可もなくといった所でしょうか。

 

 

いずれにしても短期間でサラリーマンの年収や月収を1ヶ月や1日で手に入れる可能性、その方法というのは自分でビジネスを興す他に手段がありません。

 

 

でもどうせ自分でビジネスを興すなら初期投資がかからず楽で、しかも短期間で成功できるビジネスがいいのは当たり前です。
誰も失敗したくてビジネスを始めるわけではありませんからそれは当然の事ですね。

 

 

初期投資がかからず楽で、しかも短期間で成功できるビジネス。

 

一般人にそれが可能なのは情報発信です。
情報発信というのはブログやメルマガを書いてお金を稼ぐ、いわゆるDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の事です。

 

 

知識もスキルも乏しい一般層が高い確率で成功する条件が情報発信(DRM)には揃っています。
このDRMの手法にもっとも相性の良いビジネスというのが、アフィリエイトなのですね。

 

 

アフィリエイトを行う上でもっとも大きなメリットというのが、なんといっても4つの自由が手に入る事です。
何度もお伝えしていますが、その4つの自由というのは、

 

 

◆住む場所の自由

 

◆時間の自由

 

◆人間関係の自由

 

◆経済的自由

 

 

この4つの自由が手に入るのに尽きます。
そもそもアフィリエイトビジネスはブログとメルマガを使ったビジネスなので、究極を言えば文章を書いていればそれで稼げるわけです。

 

 

たまに『アフィリエイトは怪しい』だとか『アフィリエイトは詐欺だ』などと言われる事があるかもしれませんが、
まずアフィリエイトビジネスに関しては大手の楽天やアマゾンでさえも推奨するビジネスです。

 

 

アフィリエイトは紹介業ですから企業側からすると商品を紹介してくれる個人の存在がありがたいわけですね。
商品の宣伝にもなりますし勝手にどこかの誰かが売ってくれるわけですから、CMや広告に巨額の資金を投資する必要がないんです。

 

 

実はアフィリエイターと呼ばれるビジネスマンが増える事は企業側からすると売上にダイレクトに繋がりますからそれこそ嬉しいわけですね。

 

 

・商品を紹介する側の僕たちには商品が売れたら売れただけ報酬が発生する。

 

・商品を売る側の企業は広告費が減少し売り上げが上がる。

 

 

まさに個人も企業もWIN×WINの関係が出来あがるわけです。

 

 

そこで商品を売りまくって生活できるレベル以上に稼げるようになった時に、仕事をやめて晴れて自由に生きる事が許されるわけです。
なぜ僕たちが就職やバイトも内職もせずにサラリーマンの月収を1日で稼ぎ出しているのかが明確になったかと思います。

 

個人でも自由に生きれる

 

欧米では3人に1人がフリーランスと言われますが、それは今の不景気な時代を考えると当然の結果なのかもしれませんね。

 

 

それに今の時代は高校生でもアフィリエイトでお小遣いを稼ぐ時代です。
彼らは居酒屋バイトなどがバカらしい働き方だと思ってるのかもしれませんね。

 

 

というより幼い頃からネットに触れている世代は色んな情報に触れているわけですから、日本のこれからの未来にあきらめをつけて自分の力で稼ぐ術を模索しているとも考えられます。

 

 

でもそれは正しい選択だと思います。

 

 

国や会社に依存した所で1か月をようやく食い繋げる程度しか稼げないのですから、それなら自分で何かを興す方がこれからの情報社会を生き抜くには賢い選択ですものね。

 

 

〜編集後記〜

 

 

周りの皆が崇拝しているサラリーマンとしての生き方に違和感を覚えたのは、19才で九州の田舎から上京した際に勤めたブラック企業がきっかけでした。

 

 

そもそも朝から晩まで一生懸命働いて貰える給料というのがたかが20〜30万円というのがそもそもおかしい話だと思いませんか?
独身でも家庭持ちでもそうですが、20才を超えた大の大人が1か月をようやく食い繋げる金額しか会社から貰えないわけです。

 

 

しかも65才までずーっと・・・です。

 

 

確かに出世すれば給料は上がるかもしれませんが、それでもたかが1〜2万の微々たる額です。
週に2日しか休みは貰えず、その会社の社長や役員を儲けさせるために自分の大切な人や家族や子供を犠牲にするなんて、そんなおかしな話があるはずがありません。

 

 

しかも有給なんて取ろうものなら同僚からなまけもの扱いです。
その前に有給申請した途端に冷たい視線が突き刺さります。

 

 

それなのにその会社の社長や役員は良い車に乗って豪邸に住んでという暮らしを平気な顔で行います。
僕たちはただそれをうらやむばかりで、結局使い物にならなくなったら社会に捨てられるわけです。

 

 

気付けば65才。

 

 

体力も気力も衰えた年齢でようやく人工的な自由が与えられます。

 

 

人工的な自由というのは、月に10万円も支給されない年金を受け取り
それでなんとか生活してくれ』と国や会社に要求されるわけです。

 

 

むしろ今の時代は年金を貰えるかさえも危うい時代です。
そんな情報を意図して隠され、死ぬまで国や会社のために働かされるのです。

 

 

その点ではアフィリエイトビジネスは自分の好きな時に仕事が出来ますし、そもそもパソコンがあれば世界中どこに居ても仕事が出来るわけですから職場というもの自体が存在しません。

 

 

オシャレなカフェでも旅先の旅館のロビーでも、海辺でもパソコンとネット環境さえあれば仕事が出来ます。

 

気分が乗らない日は好きに休めますし、口うるさい上司や仕事の出来ない部下に悩まされる必要がありません。

 

自分の作ったサイトから勝手に商品が売れていくので、寝てても遊んでいても何をしていても収入が勝手に発生してます。

 

メルマガなんかも発行すれば、1通のメールを書くだけで数百万の収入だって、ATMからお金をおろす感覚で生み出す事が出来ます。

 

 

これはサラリーマンでは完全に無理な生活だと思います。
でも実際にそのような生活をしている人はどんどん増え続けているのですね。

 

 

ちなみにアフィリエイトビジネスを行っている年齢で1番多い世代は、30代から40代です。
まあ、30代から40代なんて過去を振り返ったりこれからの人生を考える時期ですものね。
参入人口が1番多いのには素直にうなずけます。

 

 

僕も30代に入って自分のこれからの人生を考えた時には、正直、先が見えませんでした。

 

 

でも1つだけ分かっていた事は、
【このままではいけない】という事。
すでに無知は罪と言えるほどに現代は完全な情報社会です。

 

 

それに気付いた人達は1日でも早くサラリーマンとしての危険な働き方に見切りをつけようと副業を始めたり、国や会社に頼らなくても生きていける術を模索し始めています。
どうせ生きていくのなら何にも縛られずに自分の好きなように生きていきたいと、僕はそう本気で考えています。

 

 

国や会社に頼らず自由に生きていくという僕たちの信念に共感して頂いた方たちは、以下の自由に生きる会に参加して下さっています。
社会と決別して自由に生きる仲間がたくさん集まっています。

 

 

住む場所も時間も人間関係もお金も、僕らの人生を縛るすべての束縛から解放されて自分の好きなように生きていく物語を本気で実現する気があればそれは1年以内に可能です。

 

 

今すぐ無料で読んでみる

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

13790円無料

期間限定プレゼント


TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材