自分のペースで頑張ればいい

自分のペースで頑張ればいい
 このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のペースで頑張ればいい

 

人にはそれぞれ自分のペースというものがあります。
それを理解せずにありのままでない自分になろうとしてもあまり意味がないように思います。

 

 

というのも世の中には本当にいろんな人がいます。

 

 

せっかちな人。
おっとりした人。
ネガティブな人。
ポジティブな人。
忘れっぽい人。
怒りっぽい人。
涙もろい人。
情にアツい人。

 

などなど。

 

 

見た目や性格も十人十色で人は本当に様々です。
ですので自分じゃない何者かになろうとしてもどこかで息が詰まってしまうのです。

 

 

そうであるなら、ありのままの自分をまず受け入れて認めてあげる。

 

 

せっかちでもおっとりでも、それが本来の自分ならそれでいいのです。

 

 

恋愛でも仕事でも商売でも何にでも言える事ですが、やはり自分のペースで物事を進めた方が結果的にうまくいきます。
何かに影響されてあっちこっちに行ったり来たりする方が反対に遠回りになる場合もあります。

 

 

確かに怠け過ぎるのもどうかと思いますが、理想の未来やこうありたい自分を強くイメージすると人の脳はそのように活動し始めます。

 

 

【思考は現実化する】とよく言われますが、まさにそれですね。

 

 

ゴールから逆算して今の立ち位置を把握する。
そこから夢達成の段取りを組む。

 

 

焦らず腐らず、自分のペースでいいのです。
1歩1歩、確実に歩みを進めれば必ずゴールへたどり着けます。

 

 

周りのペースに巻き込まれない

 

たった1人で物思いにふけったり悩んだりすると、あまり良い方向へ進まないような気がします。

 

 

『今のままでいいのか?』

 

『今の自分は正しい方向へ向かっているだろうか?』

 

『そもそも自分が本当にやりたい事とは一体何なのだろうか?』

 

 

やはり1人で考え込むと内へ、内へと入り込んでしまいます。
その結果何が正しいか余計に分からなくなる。

 

 

これではいつになっても正のスパイラルに乗る事が出来ずに、負のスパイラルを彷徨ってしまいます。
自分の中に芯をどっしりと構えてその芯をブレさせないためにはやはり自分としっかりと向き合う事。

 

 

それに自分を知る事ではないかと思います。
弱さも強さも得意不得意も、何もかもを受け入れるわけですね。

 

 

多くの人は嫌な出来事や自分の欠点などをなるべく見ないように過ごしています。
その結果人と自分を比べてしまって余計に自信を失うわけです。

 

 

 

 

冒頭でもお話しましたが、人にはそれぞれ自分のペースというものがあります。
周りの人や環境に影響されて本来の自分のペースを自分でかき乱すのは、あまり賢い手段ではないのかもしれませんね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。