このページの先頭へ

自分に自信がなくて他人と自分を比べてしまう人が見て下さい

 このエントリーをはてなブックマークに追加

自分に自信がなくて他人と自分を比べてしまう人が見て下さい

 

まず自分に自信がない人の特徴をいくつかあげてみます。

 

何事も自分で決められない

 

誰かと一緒じゃないと何もできない

 

小さなことにクヨクヨしてしまう

 

周りに合わせてしまう

 

自慢話をしてしまう

 

他人と自分を比較する癖がある

 

 

では自分に自信がある人の特徴を見てみます。

 

 

自分の事は自分で決めないと気が済まない

 

ひとり行動が平気

 

落ち込む事があっても自分なりの切り替えのルールがある

 

自分は周りとは違うと信じている

 

自慢は恥ずかしいと思っている

 

周りが認めるまで自分を貫く

 

 

ちまたでよく言われているのが、

『小さな成功体験を重ねていけば自信はついていく』

 

 

これは確かに一理あると思います。

 

 

でも大きく自信をつけて短期間で突き抜けて成功するためには、
小さな成功体験を重ねていくのでは時間がかかりすぎます。

 

 

そもそも小さな成功体験さえ経験し損ねた人もいるわけですからね。

 

 

あまりピンと来ないかもしれませんが、
潜在意識をうまく使うのもいいと思います。

 

 

潜在意識というのは無意識を意識するという事です。
これは自分に自信がないという思い込みを外してあげる作業ですね。

 

 

簡単に言えば、
強く思い込むという事です。

 

 

バカらしいと思いましたか?

 

 

実はこの強く思い込むというシンプルな意識改革は、
トップアスリートも実践しています。

 

 

イメージトレーニングなんかが分かりやすいですね。
あとはプラシーボ効果をうまく活用する事だったり。

 

 

つまり自分で自分を教育して、
人生をプラスの方向へ導くわけですね。

 

 

家族や恋人や、仕事や本に人との出会いなど
経験から学んだことの中から良い部分だけを、
自分の中に深く浸透させていくという作業です。

 

 

先ほどお伝えしたように潜在意識も含め、
大きく自信をつけて短期間で突き抜けるためには、
小さな成功体験を重ねていくのでは時間がかかりすぎてしまいます。

 

 

ですのでセルフイメージを書き換えてしまう事が、
自分に自信をつける1番早い方法ではないかと思います。

 

 

セルフイメージとは自分で自分の事をどう思っているのか。
つまり自分に対する思い込みです。

 

 

『自分に自信がない!』

 

『自分は○○が苦手だ!』

 

『自分は○○な人間だ!』

 

 

このように多くの人は
自分の事を○○な人間だと考えています。

 

 

ただ他人の事はよく分かっても、
自分の事はあまりわからないものです。

 

 

自分の事があまり分からないからこそ安易に
『自分は○○な人間だ!』と決めたがるのかもしれませんね。

 

 

 

どうすれば自分に自信を持てるようになるのか??

 

 

自分に自信がない人が自信を持つ方法。
その答えはシンプルです。

 

 

根拠のない自信を持てば良いのです。

 

 

根拠のない自信を持つという事はなにも、
勘違い野郎になるという事ではありません。

 

 

あるいは『なんとかなるさ!』というようにで漠然としたものでもありません。

 

 

根拠のない自信というのはある意味、
楽観的なものなのかもしれません。

 

 

根拠のない自信については過去に記事にしています。

 

 

 

ちなみに僕は新しい事業や、
新しい土地で新生活を始める際に
不安はほぼ感じないタイプです。

 

 

先日、沖縄移住するときも
不安よりもワクワクの方が勝っていた気がします。

 

 

『失敗したらどうしよう…』
というよりも、

 

『どうすればうまくいくだろう』と、
どうやら考えてしまうようです。

 

 

良いのか悪いのか分かりませんが、
人生が運まかせかもしれません。

 

(危険すぎますね笑)

 

 

ビジネスモデルやリスクなどは、
わりと手間をかけてリサーチする方ですから、
【人事を尽くして天命を待つ】ということわざを
地でいっているのかもしれません。

 

 

やれる事をやれるだけやったら、
あとは天に任せてクヨクヨ考えない。

 

 

このような感じです。

 

 

どうやら他人に流されやすいタイプの人は、
自分に自信がない人が多いようです。

 

 

当時の自分がまさにそうでした。

 

 

自分に自信がないからこそ、
大勢の人が選択する未来を手に入れたいと
考えてしまうのですね。

 

 

ファッションしかり。
言葉使いしかり。
仕事や転職、恋愛、思想、行動、生活などなど。

 

 

そのすべてが誰かのマネごとになってしまうと、
人生がオママゴトになってしまいます。

 

 

人の数だけ考えや答えがあるのですから、
無理に自信をつけなければならないわけではないのかもしれません。

 

 

自信というものに根拠を見い出さなければ
アクションを起こせないという人だけが、
自信をつける努力をするのが正しいのではないかと思います。

 

 

自信に根拠を見つける作業は
自分を見失う事になりかねないので注意したいところです。

 

 

あれこれ考えると余計に動けなくなりますから、
根拠の無い自信さえあれば何とかなるはずです。

 

 

ちなみに僕は自分に自信がないタイプでした。

 

 

10代の頃は卑屈な考え方でしたからマイナスの事ばかり考えたり、
人の嫌なところばかりに目がいってしまったり。

 

 

また自分に自信がないものですから
他人の価値観を基準に物事を見たり、
大きな決断をくだす時には他人のアドバイスを真に受けてしまい、
結局は大多数の人が選択するであろう安全な道を選んでいたんです。

 

 

それに仕事にしても恋愛にしてもそうです。
つまり失敗する事を究極に恐れていたんですね。

 

 

自信というのは他人からもらえるものではなくて
自分で作り上げていくものだと、
日々意識しておきたいものです。

 

 

国や会社に頼らず自由に生きる方法

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報はもちろん追加プレゼントも随時配布予定ですので、良くお使いになるメールアドレスをご入力ください。ご不要なら1クリックで解除可能です。

TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材