このページの先頭へ

アフィリエイトで稼ぐ【ケチる努力と稼ぐ努力】

 このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトで稼ぐ【ケチる努力と稼ぐ努力】

 

 

 

先日、知り合いのアフィリエイターからメッセージが届きました。

 

彼はアフィリエイター兼コンサル業を個人で行う事業主です。

 

 

内容としては、

ブログやメルマガ読者から毎日多くの問い合わせが来る。

 

その問い合わせと言えば、
無料でノウハウを全部教えてくれ
といった類のものがほとんどだ。

 

そこで大体の情報は無料ですべてお伝えしている。

 

しかし当の本人たちは年間800円程度のドメインさえも取ろうとしない。

 

というような内容です。

 

 

そこで僕に相談という意味も含めて、
彼からメッセージが届いたわけです。

 

 

これは非常に簡単に解決出来ました。

 

 

まず彼は集客の段階で、

 

ブログ書くだけで簡単にお金儲け

 

アフィリエイトでお小遣い稼ぎ

 

初期投資0円で月に30万

 

というように謳って活動していたようでした。

 

 

つまりは投資意識の低い層を集め続けていたわけです。

 

有料級の情報をとにかく無料で収集したい層ばかりが
彼に共感して集まってきたのですね。

 

そもそもリスクを取ろうとしない層をいくら集めたとしても、
ビジネス意識と覚悟の意味も含めて、
重要な肝が定まっていないわけですから
彼のこの方向性では大きく稼ぐ事など不可能なわけです。

 

 

アフィリエイトはボランティアではなくて
あくまでもビジネスですから、
ある一定の境界線を設けなければ、
生活できるレベル以上に稼ぐ事は難しいのですね。

 

 

彼はひどく納得してくれたようでした。

 

 

投資の方向性

 

普段は録画でしかテレビは見ませんが(一方的な情報発信が嫌なので)、
先日ふと見た番組が神懸かっていました。

 

 

鳥貴族という有名居酒屋チェーンが取り上げられた番組だったのですが、
今は世の中全体で
効率を重視しろ】と叫ばれていますが、
その時代の流れを意図して避ける戦略で自社を
大きく成長させた大倉社長の手腕に感銘を受けました。

 

 

その鳥貴族の大倉社長のビジネス手法に対しての
村上龍さんのコメントが鋭かったです。

 

 

村上龍さんのコメントは以下です。

 

『必要な非効率を追求すること。しかし、それを見つけることは決して簡単ではない』

 

 

必要な非効率というのは、
自分たちにしか出せない色という意味で僕は理解しています。

 

 

例えば今どきの大手居酒屋チェーンは、
作業効率を重視するためにセントラルキッチンを活用しますから、
味がどうしても落ちるわけです。

 

全然おいしくないわけですよ。

 

 

その点では上記の鳥貴族の例で言えば、
焼き鳥のタレや仕込みはセントラルキッチンを利用せず、
すべて手作業で行っているそうです。

 

 

大倉社長の言われる
必要な非効率の追求とはここにあります。

 

 

 

 

僕たちがレストランに足を運ぶ理由というのは、
結局は美味しいものを食べたいからだと思います。

 

内装に1億円かけたオシャレな空間のレストランで、
投げ散らかしたような盛り付けの、
とんでもなくまずい料理を食べるよりも、

 

お世辞にも綺麗とは言えない店だとしても、
その店でとてつもなくうまいラーメンを食べた方が満足度が上がるのはもちろん、
また来たいと思えるはずです。

 

 

これはそのままアフィリエイトビジネスにも当てはまります。

 

 

ケチな考えではアフィリエイトで稼げない

 

記事は外注して他の事に精を尽くせ

 

上記のような事がネット上ではよく言われていますね。

 

 

これは先ほどお話した、
必要な非効率を追求することとは真逆の行為です。

 

これは、記事というブログの命を他人に任せるという事になります。

 

例えば先ほどの、居酒屋チェーンでの命であるはずの料理を
どこの誰かも分からない他人に作らせるという意味です。

 

 

そもそもブログに訪れる読者の目的というのは、
あなたの書いた記事が読みたいからこそ
毎日のようにブログに訪れてくれるわけです。

 

 

言葉を変えると、
あなたに逢いたいからです。

 

ブログという唯一の場所でしかあなたに逢えないからこそ、
読者はわざわざ足を運んで下さるのです。

 

 

その読者の期待やまっすぐな想いを裏切る行為を行うなど、
出来るはずがありませんね。

 

 

確かに記事を外注する事で作業効率は高まるかもしれません。

 

ただ記事を外注するというのは、
500や1000レベルのサイト量産という
僕たちとは畑違いの場で行う手法です。

 

(僕は記事の外注はした事がありませんが・・・)

 

 

それらの意味でも、
記事に関しては外注するのはあまり良い方法ではないと思います。

 

というよりも記事の外注に投資するくらいなら、
知識と知恵の部分に自己投資するのが正しい選択です。

 

あとは作業がスラスラと行えるようになるツールなどですね。

 

 

 

 

ビジネスを行う限りは、
あくまでも投資する部分とそうではない部分。

 

そのバランスが重要なのだと思います。

 

 

どの部分をケチるかの考えも確かに大切だとは思いますが、
そもそもケチる努力よりも稼ぐ努力に力を注いだ方が、
結果的に稼げるわけです。

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

飲食店などの店舗型ビジネスは石橋を叩いて渡らなければ、
資金の面で死活問題ですから仕方がありませんが、
アフィリエイトビジネスの場合は、
石橋を叩いて渡っている間に時代が変わってしまいます。

 

それほどにスピードが速い世界です。

 

 

正しい情報集めと自己投資の方向性については、
これからの情報社会で生きていくには重要な課題ですね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←前のページ
【アフィリエイト教えて】の質問メールに答える時間のロス

 

 

→次のページ
教材を作ってペイパルや銀行振込でどんどん売った方がいい

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報はもちろん追加プレゼントも随時配布予定ですので、良くお使いになるメールアドレスをご入力ください。ご不要なら1クリックで解除可能です。

TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材