その仕事を生きがいにするつもりですか?

その仕事を生きがいにするつもりですか?
 このエントリーをはてなブックマークに追加

その仕事を生きがいにするつもりですか?

 

『良い学校に行って良い成績を取れば資格が手に入るから、それを武器にとにかく良い企業に就職しなさい!あとは国と会社が面倒見てくれるから!

 

 

僕らが小さい頃から国や学校から徹底的に教育され、すり込まれてきた事。
それは思考停止状態で現状に何の疑問も抱かずに暮らしていく事です。

 

 

国や会社の権力者が自分たちが楽して稼ぐために、世の中の9割の人たちが家族や大切な人たちを犠牲にし朝から晩まで働かされています。
小さな街の小さな場所に長時間縛り付けられると、次第にその小さな世界が全世界になります。

 

つまり好きな事や自由時間を取り上げられると人は仕事を生きがいにしなきゃやってられないような精神状態になるわけです。

 

それが嫌で4つの自由を手に入れるべく立ち上がった仲間は僕の周りにたくさんいますが、その4つの自由の存在にさえ気付かないまま今日を過ごし年齢だけ重ねて何も残らないはずのゴールへ向かう人達がいます。

 

 

そんな人たちに自由な世界が存在するのを知ってもらうのが僕の情報発信の原動力です。

 

 

僕はよく妻と子供を連れて平日昼間から遊びに出掛けます。
そこには色んな人間模様があります。

 

ビルのすき間を颯爽と歩く40代デキる男風サラリーマン。
早朝から会社の前で大声で社訓を吐き散らかす新入社員の群れ。
カフェでは取引先のクレームに追われながらもドヤ顔のキャリアウーマン。
おぼつかない足取りで生き方を模索するニート風な若者。
激安居酒屋で出身校を褒め合う大学生集団。
タワーマンションに住むんだと語る男と、それをキュンな目で見つめる派手な女。
交差点で『あなたを救いたい』と叫ぶ拡声器オバサン。
50代のオジサンが持ってるコンビニ袋には肉まんとお茶と無料求人雑誌。
昼時の公園のベンチでは主婦とサラリーマンが家庭と仕事の愚痴大会

 

彼らが目指すのは就職、バイト、失業保険、肉体労働、年金…などなど。

 

 

雇われるのが悪いとは言いませんが、雇われるしか選択肢が無いのはもったいないと思いませんか?
僕は仕事を人生の付録として捉えているので、仕事を生きがいにしたいとは考えません。

 

やりたい事を我慢せずにやり尽くすための手段として仕事をしています。

 

 

そんな不真面目なヤツはけしからん!』と、そんな声が聞こえてきそうですが、そもそも死ぬまでがむしゃらに働く事だけが人生ではありませんし、僕らは肉体も神経もすり減らしてまで奴隷のように働くだけの究極のマゾヒストでもないはずです。

 

 

重要なのは仕事を生きがいにするのでなくて、自分がどのように生きていきたいかで仕事を選ぶ事です。

 

多くの人は順番が逆なんですね。
生きがいややりがいのある仕事を見つけて一生懸命頑張って自由になるのでなくて、自由になるために仕事を選ぶわけです。

 

 

考えてもみて下さい。
生きがいなんて仕事以外にたくさんあるはずです。

 

家族や大切な人との時間だったり、趣味や好きな事を飽きるまでやり尽くす事だったり、旅に出たり。

 

 

仕事を生きがいにした事で死んでるのか生きているのか分からない目で過ごす人を僕はこれまでたくさん見てきました。
その意味でも何かに追われていたり、何かに縛られながら我慢して過ごしてる人が多いような気がします。

 

 

それでも僕らに眠ってる可能性は子供と一緒で無限大です。
大人になったら可能性がどんどん無くなっていくわけではありません。

 

むしろある程度年齢を重ねて経験を積んでからの方が、自分の可能性を見い出すチャンスやきっかけは日常に転がっているものです。

 

 

生きがいというのは人からお給料を貰う事ではありませんし、その会社の歯車になる事ではありません。
会社の歯車になるのを生きがいにするのは何としてでも避けたい所です。

 

住む場所の自由】好きな場所で、
時間の自由】好きな時間に、
人間関係の自由】たった1人で、
経済的自由】好きな金額を稼ぎ出す。

 

好きな事ややりたい事を飽きるまでやり尽くし、国や会社に頼らず自由に生きていくために自分でお金を生みだす能力を身に付ける。
それこそが自由に生きていくたった1つの方法だと思います。

 

 

パソコン1台で自由に生きていく情報はメール限定で公開しています。

 

ひとまず無料で読んでみる

 

 

こうして人間に生まれてきたからには、やはり何か生きがいが感じられるまで生きている義務があろう。

 

リンカーン
(アメリカ第16代大統領、1809~1865)

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。