このページの先頭へ

ターゲットマーケティング!絞り込むという事

 このエントリーをはてなブックマークに追加

ターゲットを絞り込む事で得られるメリット

 

【ターゲットを徹底的に絞り込め】

 

 

アフィリエイトを行っていると、
この謳い文句は聞いたことがあると思います。

 

 

商品やサービスを購入してほしい層のさらに性別や年代、趣味や生活スタイルまで
手に取るように分かるくらい絞り込めとよく言われますね。

 

 

実はこれは理に適っているんですが、
今日はそのターゲットマーケティング(売りたい層を絞り込む)
というテーマで書いていきたいと思います。

 

 

お客の趣味や嗜好、悩みや生活スタイルの把握

 

どこの誰かも知らない人の趣味や嗜好や生活スタイルが手に取るように分かるというと、なんだかストーカーみたいで気持ちが悪いんですが、僕たちは販売者側なのでターゲットを絞るというのは重要な作業になるというのはお分かりだと思います。

 

 

例えば、ダイエットしたい層をターゲットとした時に、
ただダイエットしたい人全般を相手にしてしまうと商品は売れないわけですね。

 

 

ダイエットしたいけど運動はしたくないという人に
ランニングマシーンやバランスボールを奨めてもまず興味さえ持ってもらえませんし、
逆に好きなものを好きなだけ食べながら
ダイエットしたい人に食欲減退のサプリを紹介しても売れないわけです。

 

 

しかもターゲットに年代も性別も定めていない場合は、
読み手により心に響く強いメッセージを書くことができないんですね。
これは、その層の感情(悩み)と欲求(解決)を刺激する言葉が使えなくなるという事です。

 

 

結果、当たり障りのない無個性のサイトやブログが出来あがるわけです。

 

 

毎度毎度、商品を変えて今日はガチムチになりたい男性向けのプロテイン、
明日はギャルがパッケージの飲むだけで痩せるサプリというような
万人を相手にするスタイルの情報発信では
人の心を掴むことができないんですね。

 

 

なのでターゲットは徹底的に絞り込むという作業は理に適っているわけです。

 

 

でもターゲットは絞れば絞るほど利益は少なくなるんじゃないか?
という事なのですが、
ターゲットを絞るだけ絞ってその層の心を揺さぶるような強いメッセージを繰り返し何度も発信していく事で、読み手も興味がない人も自然とそのメッセージが正しいと思い込んでしまう現象が起きるわけですよ。

 

 

始めは何の興味も持てなかった人でも、
繰り返し何度もその情報に接する事で親近感を感じてしまう。

 

 

これは通販番組でよく使われているテクニックですね。

 

 

心理学的にも【ザイオンス効果】と呼ばれていて、
その効果は実証されているんですね。

 

 

つまり万人を相手にするのではなくて、
こんな悩みを抱えているどこどこの○○さんくらいまで狙いを定めてしまえば、
読み手はまるで自分に問いかけられているような錯覚を起こすので、
言葉に説得力が増すという事です。

 

 

さらに始めはまったく興味がないまま聞いていた人も、
なぜかそれが気になりはじめる。

 

 

結果的にターゲットというのは絞り込んだ方が売上が上がるという事です。

 

 

これはアフィリエイトで応用しないのはもったいないですね。
販売者(人を動かす側)にいる限りは応用するべきだと思います。

 

 

そのテクニックを使うためにターゲットを絞り込むわけです。
年齢や性別、趣味や嗜好や悩みや生活スタイルまで
イメージ出来るくらいまでターゲットを絞り込めば、
お客がその商品を強烈に欲しくなる心理状態を
意図的に作り上げる事はそう難しい事ではありません。

 

 

とにかく目先の利益を追いかけない

 

 

結局、僕たちはお客を強制的に動かす事は不可能ですし、
上から目線で命令するような売り方なんてはっきり言って押し売りですから、
それでは根強いファンが構築できるはずがありません。

 

 

あくまでもその商品を買うと決断するのはお客の方ですから、
とにかく利益が欲しいと血まなこになって売り込むのはなんだかお互いに気持ちがよくないですね。

 

 

しかもターゲットを絞り込まずに、
血まなこになって売り込んでいる層がまったく的外れだったとしたら、
お客はもう不快でしかないですよね。
僕なら一瞬でバツボタンを押してそのページを閉じるでしょう。

 

 

そもそも当たり障りのない言葉では相手の心を動かす事は不可能ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

PS.

 

 

 

 

情報教材アフィリエイトをする場合のターゲット層を、
僕なりにまとめたので簡単に書いてみますね。

 

 

C 究極の情報弱者

 

感情で生きる人
楽な稼ぎ方を常に探す
動物的感覚で生きている人

 

B 情報弱者

 

1クリックで○○円儲かるらしい
気付かない間に価値観を塗り替えられている人
エグイ世界を美しいと勘違いしてしまう人
新しい物や価値観に常に感化される人

 

A 情報弱者と普通の間

 

今のままでいいと思っている
波風は立てたくないが、変われるものなら変わりたい
基本的に今のままがいい
今の生活を続けたいが、でも夢は見ていたい
現状を変えたいが別に変わらなくてもいいと考える人

 

S 普通

 

現状を変えたいが何をしていいか分からない。分からなくても別にいい
現状を変えたくて本やネットで情報を仕入れるが、次の日には忘れている
新しい価値観に強烈に感化されるが、次の日には冷めていつも通り過ごす
熱しやすく冷めやすい

 

SS 普通以上

 

○○は絶対的に正しい!でもそれを誰かに話せば満足
自己承認欲求が強い
○○を学んでいると、誰かに話したい
ポジティブとネガティブな感情が入り乱れる
プライドが異常に高い

 

 

 

 

簡単に書くつもりが、わりと細かくなってしまいました…。笑

 

 

でもどの層にアプローチをかけていくのか、
またはどんなメッセージを発信すればターゲッティングした層の心を動かせるかが明確になったはずです。

 

 

 

 

 

 

 

PPS.

 

 

 

アフィリエイトで稼げない人が行っている作業一覧でもお話ししましたが、メルマガはまだかと読者の方から催促を受けています。

 

 

商品をバカ売れさせるという内容で具体的な話をしてるので、
一般公開向けの編集に手間取っているんです(言い訳すみません)

 

 

2〜3日中にはまとまるのでもう少し待っていてください。

 

 

以下からご登録いただけます。

 

 

特典付10日間無料メール講座

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

←前のページ
アフィリエイトで稼げない人が行っている作業一覧

 

 

→次のページ
ブログのデザインは綺麗なほうがいい!…は嘘

 




13790円無料

期間限定プレゼント


TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材