売れない営業マンのセールストークが底辺過ぎて笑えた件

売れない営業マンのセールストークが底辺過ぎて笑えた件
 このエントリーをはてなブックマークに追加

売れない営業マンのセールストークが底辺過ぎて笑えた件

 

東京に来てからというもの、
車に乗る機会がなくて6か月以上放置状態でした。

 

 

税金は毎年6万。
燃費4のハイオク。
保険、駐車場などなど…

 

 

2年に1度の車検で20万くらいの維持費が必要なので、
とうとう車を持ち続ける事がバカらしくなったわけです。

 

 

金持ち父さん的思想で見てみると、
マイホームと車は毎月自分の財布からお金を
抜き取っていく負債という事ですが、まさにそれです。

 

 

特に車なんて毎年の税金や車検などを考えると、
その車を持ち続ける限りは死ぬまで維持費がかかるわけです。

 

 

冷静に考えてみると車は、
一生手に入らない商品なのかもしれませんね。

 

 

ご存知だと思いますが、
経営者が高級車に乗るのは節税が目的です。

 

 

見栄や背伸びとは違う目的が彼らにはあるわけですね。

 

 

その意味でも一般人が借金を抱えてまで、
高級車に乗るべきではないのかもしれません。

 

 

それは投資じゃなくて浪費ですね、
それを買ってもこの先その物体は1円も生まないわけですからね。

 

 

それにマイホームだってそうです。

 

 

確かに家を買う事で家賃などは浮くかもしれませんが、
修繕費や固定資産税などがかかってくるわけですから、
結局のところ一生手に入らない商品と同じ意味を持つのかもしれません。

 

 

マイホームと車に関しては、
僕らが一生懸命働いて稼いだお金を
毎月強制的に奪っていく負債と捉えると、
憧れていたものが幻想に思えてくるかもしれません

 

 

そんなわけで負債を捨てる意味でも
車の査定をお願いしたわけです。

 

 

車を売る側は『なるべくなら高く売りたい』、

 

買い取る側は『なるべく安く買い取りたい』

 

 

ここで交渉が始まるわけですね。

 

 

すでに車の査定経験があるならお分かりかと思うのですが
これが本当に面倒なんです。

 

 

何が1番面倒なのかというと、
何と言っても売れない営業マンの
もの凄く退屈なセールストークを聞かされる事だと思います。

 

 

この時間はストレス以外、
何者でもありませんね。

 

 

しばらくすると20代後半の営業マンがやってたわけですが、
彼のセールストークが底辺レベルだったので
ビジネスと絡めた上でお話したいと思います。

 

 

売れない営業マンの退屈過ぎるセールストーク

 

 

 

ビジネスとして普段から営業やセールスに携わっていると、
営業マンの色んな手法やテクニックが透けて見えます。

 

 

特に車査定やその業界なんかはご存知のようにグレーゾーンですから、
様々なテクニックを使って僕たちお客の選択肢を絞ります。

 

 

一言でいうとこちら側に妥協を促すセールストークを仕掛けてくるわけですね。

 

 

僕が日々セールス全般に携わっているからかもしれませんが、
今回の売れない営業マンの彼の考えや欲が
余計に売れない原因になっているのが透けて見えました。

 

 

営業マンには色んなスタイルが合って良いと思うのですが、
彼はもうとにかくオラオラ営業なわけですよ。

 

 

『そろそろ男らしく決めて下さい』

 

『歩み寄ってください』

 

『他の業者よりウチで決めて下さい』

 

 

最終的にはこうです。

 

 

『私を買ってください!』

 

 

知り合って1時間もたたない内から攻めて攻めて攻めまくるわけです。

 

 

どこかで見たような光景だと思いませんか?

 

 

そうです、
欲にまかせて商品を押し売りしてくるアフィリエイターですね。

 

 

確かに気の弱い人なら彼のようなオラオラ営業でも
成約に繋がる可能性はあると思います。

 

 

ただ途中でちょっとこらえきれずに笑ってしまいました。笑

 

 

彼が売れない営業マンでいる原因は、
相手の感情の動きを察する能力を磨かなかった事です。

 

 

なるべく安く台数を多く回収すれば、
それだけ彼の報酬に繋がるわけですから
彼はその欲を満たす事に必死なのですね。

 

 

その我欲のせいで自分を見失って、
ふとお客の感情が見えなくなってしまったんです。

 

 

その結果が、
『僕を買ってください!』に成り下がったわけです。

 

 

彼のように相手の感情を察知できないのと、
共感力が低い人はなかなか結果が出せません。

 

 

共感力については過去に記事にしています。

 

 

 

ちなみに僕は物事の仕組みやカラクリを暴くのが好きなので、
いつからかひねくれた性格になってしまいました。

 

 

もっと純粋に他人のセールスを受け入れられたらなと考えますが、
すでに仕方がないと諦めています 笑

 

 

ただアフィリエイトビジネスの世界にいて良かったと思うのは、
カラクリが見えるようになって無駄に損しなくなった事かもしれません。

 

 

売れない営業マンに成り下がらないために

 

すでに何度もお伝えしていますが、
1発目からセールスを仕掛けた所で商品は売れません。

 

 

肝心なのはそれまでの段階です。

 

 

ある日突然押し売りした所でまったく売れないのは、
ここまで読んで頂けたのならすでにお分かりかと思います。

 

 

ましてや毎日のようにセールスを仕掛けるようでは、
いつになっても稼ぐ事が出来ないわけです。

 

 

重要なのはセールスをかけるまでのある段階です。

 

 

そのある段階を組み込んだうえで、
戦略的にセールスを仕掛けてこそ
初めて商品が売れるのですね。

 

 

だからこそ今回の売れない営業マンの彼は、
いつになっても成約が取れないわけです。

 

 

僕たちは売れない営業マンの彼のように自分を見失って相手の感情が見えなくなるような事は絶対に避ける必要があります。

 

 

アフィリエイトで雇われずに自由に生きていくのであれば、
自分でなくて相手の感情を優先してセールスを展開していくのが
結果的に大きく稼ぐターニングポイントになると思います。

 

 

僕が自宅の一室で月100万以上稼ぐワケ

 

 

PS.

 

 

ふと日本から出たくなったので、
来月あたりにパソコンだけ持って妻と子供と
海外にでも行ってこようと考えてます。

 

 

良い旅になればと思ってます。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。