肉体労働の会社に勤めて感じた年をとってからの悲惨な未来

肉体労働の会社に勤めて感じた年をとってからの悲惨な未来
 このエントリーをはてなブックマークに追加

肉体労働の会社に勤めて感じた年をとってからの悲惨な未来

 

10代の頃にニッカポッカという幅の広い作業用のズボンに憧れて、鳶職という肉体労働の世界に入った事があります。

 

 

まず仕事を始める動機から間違っているのですが当時は10代でしたので何かを始める時はとにかく見た目から入らなければという、おかしな先入観が自分の中にあったんです。

 

 

当時、僕の働いていた職場は想像以上に体育会系で、上司のストレスの発散の場は必然的に10代の新人だった僕に向けられます。

 

 

当時の僕が生意気だったからなのか仕事中でも理不尽な暴力や言葉攻めは次第に日常的になっていきました。

 

 

そんなある日の昼食時に、『昼飯を買ってきます!』と言い残し逃走してしまった事がありました。

 

 

これまで僕は数十種類の仕事を経験しましたが、逃走したのは後にも先にもこの1度だけでしたが・・・。

 

 

毎日、理不尽な暴力と言葉攻めに耐えながら、仕事を覚えていく事に違和感を感じていたんだと思います。

 

 

もう時効なのでこうして書いていますが、明らかに社会人として失格ですね。

 

 

その後、またニッカポッカを履きたいために土木作業員として肉体労働の世界で働き始めました。

 

 

そこで見た現実に愕然としてしまったのを覚えています。

 

 

土木作業員という仕事は基本的に屋外作業です。

 

 

現場監督としての出世や資格を複数取得して知識をつけたり、重機を操作できるようにならなければ出世など出来ない世界です。

 

 

毎日、毎日、年齢や経験など関係なく皆が同じ作業を行います。

 

 

例えば土嚢を詰めたり穴を掘ったり。

 

 

ここまで読んでくださったあなたならお分かりかと思いますが、僕が土木作業員として入社した会社は超のつく縦社会だったのでした。

 

 

土木作業員として働き始めて1か月ほどたったある日、いつもと同じように作業を行っていると遠くからなにやら怒鳴り声のようなものが聞こえてきました。

 

 

振り返ってみると、どうやら親ほどの年齢の新人のおじさんが息子ほどの年齢の金髪の若者に怒られているようでした。

 

 

『何やってんだおっさん!』

 

『何回も言わせんじゃねーよバカヤロー!』

 

 

20才ほどの金髪の若者に定年を迎えたであろう新人のおじさんが、容赦なく罵声を浴びせられている姿を目の当たりにしたのです。

 

 

その光景は当時10代の世間知らずの僕から見ても心が痛くて、なんとも言葉では表現できない悲壮感のようなものを感じたのを覚えています。

 

 

しかし体力も気力も若者より劣っているはずのおじさんでも、職場では新人ですからそれは仕方のない事なのかもしれません。

 

 

確かに仕事となるとたとえ年下であったとしても先に入った人間が先輩ですので、仕事を教えてもらう姿勢は大切な事だと思うのですが、この会社で垣間見た現実はもはや次元が違うように見えました。

 

 

20才の若者が60才の人生の先輩をアゴで使う…。

 

 

これ、あなたならどう思いますか?
60才のおじさんがもし、自分の父親だったとしたら?

 

 

出来るだけ若いうちに、自分ひとりで稼ぐ力を身に着ける事は大切な事。

 

 

僕が60才のおじさんから学んだのはそういう事でした。

 

 

 

 

ちょっと掘り下げますね。

 

 

前者の手に職をつけたり、何かの資格を取得するという事は、おおまかに言えばどこかに勤めるための証明書のようなもので僕の経験上、独立にはあまり必要ありませんでした。

 

 

資格とはつまり就職をするためのひとつの印籠という事になります。
水戸黄門のアレですね。

 

 

自分ひとりで稼ぐ力を身に着けるという事は、就職したりバイトなどしなくても頭で稼げる能力の事を言います。

 

 

つまり0から1を産みだせる能力という事になりますね。

 

 

そもそも手に職をつけたり何かの資格を取得するという思想は、将来優秀な従業員になるためのものなのですね。

 

 

学校教育という従業員製造工場を真面目に卒業した人達には、こんな将来が待っています。

 

 

会社に給料を貰いながら給料の範囲内で死ぬまで生きていかねばならない。

 

 

僕の場合は親や教師に、こんなふうに教育を受けてきました。

 

 

『手に職をつければ一生食べていける!だから良い学校に入れるように一生懸命勉強しなさい!』

 

 

それを信じて人生を歩みましたが、一向に自由になれませんでした。

 

 

むしろ奴隷のように働かなければ生活さえもままならない状態でした。

 

 

そもそもの話、僕たちが学校で受けてきた教育は最終的に就職のための教育であって、独立のための知識は教えてもらえなかったはずです。

 

 

もう説明するまでもありませんが、世の中には僕たち一般人が真面目に低賃金で働かせることで、得をする人たちがいるわけですね。

 

 

自分の大切な家族やたった1度の人生を犠牲にして、会社に尽くす時代はもう終わりました。

 

 

これからは個人の時代です。

 

 

自分ひとりでお金を生み出す力を身に着けると、国や会社に頼らず自由に生きていくことが出来ます。

 

 

あなたも僕もお互いに、60才になった時に20代の金髪の若者にアゴで使われて惨めな思いをしないように、今しっかりと自分ひとりで稼ぐ力を身に着けておきたいですね。

 

 

 

PS.

 

 

肉体労働でなくて知的労働で成功すると、働かなくても収入が入ってくるようになります。

 

 

今の時代はインターネットの世界がバブルなので、パソコンど素人でも関係なくコツさえ掴めば誰でも稼げるようになります。

 

 

先日は家族でシンガポールを旅行中の約10日間の間に30万円近く売上げてました。

 

 

旅行中に僕のやったことと言えば、ただブログを書いたりメールを書いただけです。

 

 

 

 

肉体を酷使せずに頭で稼ぐための具体的な方法は
メール限定でお話しています。

 

 

国や会社に頼らず自由に生きていく方法

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。