【お金自己投資】本当に正しいお金の自己投資とは!?

【お金自己投資】本当に正しいお金の自己投資とは!?
 このエントリーをはてなブックマークに追加

【お金自己投資】本当に正しいお金の自己投資とは!?

 

お金を自己投資する人には
お金が仲間を連れて戻ってくる

 

 

あなたは大根をおろした事があるでしょうか?

 

 

「いきなり何なの?」と言わず、
ひとまず聞いて下さいね。

 

 

正しいお金の自己投資のためにも
まずはお金について知っておきましょう。

 

 

2~3分で読めると思います。

 

 

あなたは飲食店のキッチンで働く料理人です。
店長から「大量の大根おろしを作れ」と言われたので早速これから作ります。

 

 

まず持っている包丁で大根をまっぷたつに切ります。
大根の皮を包丁でかつらむき、あるいはピーラーで皮をはぎ取り大根おろし器にのせ、いざ大根おろしを大量に作ります。

 

 

前、後ろ、前、後ろ、時には回してみたりといった具合に、延々と大根をおろす作業を続けます。

 

 

この大根をおろす作業は意外に疲れるもので、また非常に面倒な作業です。
やがてようやく大根をおろし終える頃には妙な達成感に包まれます。

 

 

そうして出来上がった大量の大根おろし。
気が狂ったのか、店長が突然このように言うのです。

 

 

「もういい、その大量の大根おろしを今すぐゴミ箱に捨ててくれ。」

 

 

あなたが一生懸命にそして丁寧に、
時間と労力をかけて作り上げた大根おろし。

 

 

捨てろと言う方は簡単なのですが、
捨てろと言われた方はたまったものではありません。

 

 

「俺(私)がせっかく時間と労力をかけておろしあげたこの大量の大根おろしを今すぐ捨てろだと!?ふざけるな!」と、そんなもったいない気持ちにさせられます。

 

 

これが汗水たらして働いたお金に価値を感じる理由です。

 

 

・・・と、この例だけでは分かりませんか?
では次の例文を見てみましょう。

 

 

さきほどと同じく大根おろしの違うパターンです。

 

 

あなたは飲食店のキッチンで働く料理人です。
店長から「大量の大根おろしを作れ」と言われたので早速これから作ります。

 

 

目の前に1本の真っ白な大根があります。
この大根をあの全自動大根おろし器に放り込みます。

 

 

すると皮むきからすりおろしまですべて全自動で行ってくれるのです。
終わるまでヒマなので、テレビでも見て待ってようと思います。

 

 

どうやらテレビに夢中になっていたようで、気付けば大量の大根おろしが出来あがっていました。
自分は全自動大根おろし器に大根を放り込んだだけですから、特に達成感やその類はなにも感じません。

 

 

すると不思議な事に店長から突然このように言われました。

 

 

「もういい、その大量の大根おろしを今すぐゴミ箱に捨ててくれ。」

 

 

 

この場合、大量の大根おろしを作るという目的達成までに
自分の時間と労力をかけていないので、二つ返事でこうです。

 

 

「了解。」

 

 

これが楽して稼いだお金に価値を感じない理由です。

 

 

ここからが重要です。

 

 

当然の話なのですが、多くの人が自分の財布から日々お金が出ていくのを執拗に恐れているのは、自分が汗水たらして一生懸命手に入れたお金だからです。

 

 

例えば、Aさんは10年かけてようやく100万円を貯めました。
Aさんからするとこの100万円には、辛さや悔しさや達成感や愛着といったさまざまな感情が入っています。

 

 

なぜならAさんにとってのその100万円はこれまで自分の時間を切り売りし、理不尽や苦しみにも長期間耐えぬきようやく手に入れた100万円だからです。

 

 

実はその100万円はただの銀行券という、人が価値を付けただけの紙キレなのにも関わらず、人間はそのただの紙キレにさえも感情移入し、まるで生き物のように大事にしてしまうのです。

 

 

だからこそほとんどの人達が、
お金を貯めてばかりの我慢の人生を送っているのです。

 

 

むしろ貯金が人生の目的になるからこそお金が減る事に恐怖を覚え、本来お金が増えるはずの正しいお金の自己投資を無意識的に避けているのです。

 

 

そこで何らかのタイミングでチャンスが自分の元へやってきたとしても、口座残高が減るのは絶対に嫌なので短期でお金持ちになれるチャンスさえもあえて見逃しているのです。

 

 

チャンスを自分で棒にふっているわけですね。

 

 

実はお金に自分の喜怒哀楽の感情を入れたり、持っているお金に勝手にストーリーをつけるのは非常に危険です。

 

 

なぜならお金は束縛を嫌うからです。
それにお金は1か所に留めれば留める程にその場から逃げようとします。

 

 

チャンスと思ったならそのチャンスを逃さず捕まえ、正しい自己投資を続けていくと自分が何をせずとも資産が雪だるま式に増えていくようになります。

 

 

それがお金を自己投資してあなたの財布から出ていったお金が、仲間を連れてあなたの元へ帰ってくるようになる仕組みです。

 

 

あなたはお金を自己投資する性格ですか?

 

ここで臨時収入が100万円の臨時収入がはいったときをイメージしてみましょう。

 

 

ネットビジネスでは100万円や200万円が普通に飛び交う世界ですのでイメージしづらいかもしれませんが、出来るだけ具体的にイメージしてみてくださいね。

 

 

先月はパチンコで100万円勝った、
競馬やボートで100万円勝った、
交番に届けた1000万入りのセカンドバッグの持ち主がお礼に100万円くれた、
遠い親戚の遺産が100万円入ってきた、
旦那がバースデープレゼントに100万円が入った封筒をくれた、
倉庫でほこりかぶった絵画をヤフオク出品したら100万円で落札された。

などなど。

 

 

これらの臨時収入が入った時、
人間心理的にまず激しく高揚します。

 

 

「やった!儲けた!」といった具合に心が動き出すのです。

 

 

また、一般社会に生きておられる人こそ、
臨時収入が入った時にこそパーッと使う性質があるようです。

 

 

これは、あぶく銭はパーッと使うべきだという価値観が僕たちに根付いている証拠ですね。

 

 

例えばキャバクラやホスト、旅行に温泉、
フレンチフルコースにドンペリを合わせた豪華なディナー
ブランドバッグにブランド時計、
新車の頭金、自宅や車のローン支払い、
などなど。

 

 

あるいはちょっと使って、
残りは貯めておくか。

 

 

ここで明らかになるのが、自己投資という選択肢が一般人にはないということ。
(もちろん僕も知りませんでした)

 

 

自分の知識と知恵に投資し、身に付けた知識と知恵を売ってお金を稼ぐ概念が存在しない事実。

 

 

必死で稼いだ100万円は決して使わないのに、楽して手に入れた100万円は何に使うかが先に浮かぶ。

 

 

お金とは不思議な紙キレだと思いませんか?

 

 

しかし、実はお金をうまく流してあげる(正しく自己投資する)と、確かに一時期は自分のお金が減ったように感じるわけですが、やがて自分の元に仲間を連れて戻ってくるようになるのです。

 

 

また、お金に対して必要以上に感情移入し、お金に対する感覚が重くなってしまうとここぞという時の判断力が鈍ります。

 

 

お金を使いたくないという強烈な感情が、せっかくやってきた人生最大のチャンスを見えなくさせる恐れがあるのです。

 

 

例えばこれは毎晩長文メールを送りつける絶賛盲目中の彼が、彼女の密かな別れの決意に気付かないのと同じ事です。

 

 

重すぎると大事なものを失ってしまうのです。

 

 

ですので出来ればハサミやペンを使うような軽い感覚でお金をパートナーだと意識すると、現状を冷静に判断でき、直感が研ぎ澄まされ潜在意識のGOサインが聞こえるようになりビジネスチャンスに敏感になります。

 

正しくお金を自己投資できるようになります。

 

 

ここで人間とお金の関係を整理してみましょう。

 

 

あなたが主人で、お金はあなたの兵隊です。
お金が主人で自分が兵隊になるのは絶対に避けたいところです。

 

 

また、お金はあなたの望むものを今すぐ目の前に持ってきてくれるパートナーです。
お金のためにあなたが必死こいて働く必要はないのです。

 

 

きつい伝え方になりますが、
お金のために必死に働くというお金と人間のその関係はパートナーシップでなくもはやただのお金の奴隷です。

 

 

貴重な人生ですからお金の奴隷となり何者にもなれず死んでいくよりも、お金の主人となり見たこともない景色をみたり世界観や価値観を広げていきたいものです。

 

 

60才を過ぎてまでもお金でウロウロしないためにも、なるべく早くお金の正しい自己投資は学んでおきたいところです。

 

 

下記も合わせてご覧いただければと思います。

 

 

国や会社に頼らず僕らは自由に生きていく

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。