飲食店は失敗のリスクが高いのか実際に経営してみた

飲食店は失敗のリスクが高いのか実際に経営してみた
 このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店は失敗のリスクが高いか実際に経営してみた

 

今回は飲食店経営が失敗する原因について考えてみます。
実際に5年間飲食店を経営したので、
飲食関係者なら共感頂けると思います。

 

 

飲食店経営の失敗する原因。
もう説明するまでもありませんが、まず経費です。

 

 

家賃……(好立地ほど莫大)

 

光熱費…(電気、ガス、水道)

 

通信費…(固定電話、FAX、ケータイ)

 

食材費…(食材、酒)

 

人件費…(給料、昇給手当)

 

広告費…(フリーぺーパやホームページ)

 

備品等…(印紙、ペン、メモ、座布団、グラス、器など)

 

消耗品…(トイレットペーパ、割り箸、洗剤、おしぼりなど)

 

交通費…(自分を含めたすべての従業員分)

 

害虫駆除…(ねずみ、ゴキブリ)

 

求人広告…(ほとんど反応はない)

 

士気向上…(定期的な飲み会、費用は全額会社持ち)

 

細かい経費を含めばまだありますがこの辺にしておきます。

 

 

上記の経費の部分でだいたい売り上げの
75~85%が支払いに回ります。

 

 

売上から経費を引いた15~20%が手元に残る利益ということになるので、分かりやすく言うなら月に100万円売上げた時に手元に残るお金は15~20万円です。

 

 

1か月で100万円を売り上げるために必要な集客人数は、
客単価3000円として単純に1か月に333人です。

 

 

1か月25日営業したとして、
1日に確実に13人以上はお客さんに来てもらわなければ
月の売上100万円が達成できない数字になりますね。

 

 

では月に1000万円で考えてみます。

 

 

月に1000万円売上げるためには先ほどと同じように客単価3000円なら、1日130人の集客人数が必要です。

 

 

ちなみに130人を1度に収容できる店を見たことがあるでしょうか?
まず個人では無理なキャパですね。

 

 

しかし月1000万の売上を目指すなら、
この大人数を毎日さばかなければ経費をまかなえないわけです。

 

 

ですので何度も何度もテーブル(お客さん)を回転させて、
利益率を上げなければ飲食店は倒産してしまうわけですね。

 

 

飲食店経営者が店を100店舗とか300店舗とか
やりたがる意味がもうお分かりですね?

 

 

つまり1店舗で巨大な売上をたたき出すのは不可能ですから、
飲食店経営者は必然的に多店舗展開に乗り出すわけです。

 

 

ちなみにですが、僕が運営するこのブログ。
このブログを運営するのにかかる経費は月に2~5%程度です。

 

 

例えば1か月に100万円売り上げたら、
手元に残るお金は90~95万円です。

 

 

90~95%という圧倒的利益率。
僕が飲食店経営に見切りをつけて
インターネットビジネスに参入した理由は
この莫大な利益率が1つの理由です。

 

 

では1000万円売り上げたとしたら?
900万から950万が僕の懐に
転がり込んでくる計算です。

 

 

さらに深めてみますね。

 

 

例えば飲食店を100~300店舗構えるには、
毎月の莫大な経費と数百人の従業員の生活を背負わなければならなりません。

 

 

しかし僕の行っているアフィリエイトビジネスは、
100~300のサイトをひとりで管理します。

 

 

飲食店を全国に100店舗構えるのに莫大な経費と従業員が必要なのに対して、アフィリエイトの場合は月に2~3万程度の経費で100サイトを作ることが可能です。

 

 

100のサイトを運営するという事はまさに、
全国に店を100店舗かまえるのと同じことになるのですね。

 

 

リアルビジネスとネットビジネス。

 

 

ひとそれぞれの経費への考え方にもよりますが、
どちらがビジネスとして最短で突き抜ける事ができるか?

 

 

もう一目瞭然ではないかと思います。

 

 

参入障壁の低さ

 

ここで飲食店経営(リアルビジネス)と、
アフィリエイト(ネットビジネス)の参入障壁について見てみます。

 

 

飲食店の場合

調理師免許は不要
資金があれば明日からでも開店できる
保健所と警察署に書類を提出するだけ

 

 

アフィリエイトの場合

資金が不要
学歴や経歴は不要
今すぐに始められる

 

 

どちらも参入障壁は低いのですが
1番大きな違いは資金にあります。

 

 

飲食店が失敗のリスクが高いのは、
初期投資の時点で数千万円の借金からスタートする事が
大きな要因ではないかと思います。

 

 

 

 

借金という基本的にマイナスからのスタートという事実と、
日本の飲食業のレベルは世界トップクラスなので周りはライバルだらけの業界です。

 

 

新規開店と同じ数だけ閉店する店がある、
これは飲食店の特徴ですね。

 

 

あなたの自宅の近所にも
『こないだ出来たばかりの店がもう潰れてる』といった例があると思います。

 

 

つまり飲食店を始めた所で、
1円も稼げないわけですね。

 

 

店を建ててから初めて
スタートラインに立てた事になるわけです。

 

 

しかし多くの人は飲食店を立ち上げる事が目標になっていて、
いざ開店してみるとお客さんがこない。

 

 

そんな状態に一喜一憂し、
ほんの3か月程度で閉店するお店もたくさんあるのが実情なのです。

 

 

しかしアフィリエイトビジネスなら1~2万円もあれば
今日からでも始められますし、
たとえ失敗しても初期投資がめちゃくちゃに安いので
何度でもやり直しが効きます。

 

 

しかし飲食店の場合は多額の借金からようやくスタートラインに立てるわけですから、失敗が一切許されないわけですね。

 

 

莫大な金を注ぎ込んだあとの数年、
または数十年はほぼタダ働き状態が続きます。

 

 

飲食店を大きくするならおいしいメニューばかりを追求するより、
システムを自動化してオーナーは出来るだけ早く店を離れるべきなのです。

 

 

でも従業員教育だったりお金の管理の面でも、
従業員にすべてを任せきる事はなかなか難しいのが現状だと思います。

 

 

僕も従業員に売上を持ち逃げされたり、
従業員が一斉にやめたりと色々ありました 苦笑。

 

 

飲食店経営は労力のわりに、
対価がわりに合わない業種なのがお分かり頂けたはずです。

 

 

PS.

 

 

飲食店は他の業種と比べて、
圧倒的にかさむ経費と人望と労力と突き抜けたスキルと資金が必要ですから、気持ちだけで乗り切れるほど甘くはありません。

 

 

さらに運の要素も関わってきますから、
他の業種に比べるとどんな見方をしても失敗のリスクは高いのかもしれません。

 

 

ちなみに僕は莫大な借金を作ってまで、
確立の低い戦いを挑む勇気がもうありません。

 

 

日本ではもう、いいです。
税金高すぎますしね 笑。

 

 

膨大な数の従業員とその家族を背負って
莫大な借金を抱えて事業を展開していくよりも、
パソコン1つで全国に100店舗を構えるのと同じ状態をネット上に作れば
働かずに暮らしていく事が出来ます。

 

 

実際に僕も5年間経営した飲食店を閉めて
こうしてキーボードを叩いているのでいくばくかの説得力があると思います。

 

 

パソコン1台でどのくらい稼げているのかはご想像におまかせしますが、
以下で画像付きで実績を公開しています。

 

 

国や会社に頼らず自由に生きていく方法とは?

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。