このページの先頭へ

自分の店を持つ際に立ちはだかる大きな壁!莫大な初期費用

 このエントリーをはてなブックマークに追加


自分の店を持つ際に立ちはだかる大きな壁!莫大な初期投資

 

野心を持った方なら1度は夢見る人生の出来事。
それが【自分の城を持つ】という事。
一国一城の殿になって業務を華麗に指揮して従業員からは慕われ、ゆくゆくは城を大きくしていく。

 

 

誰もが夢見るサクセスストーリーだと思います。
が、まず一国一城の殿になるためには先立つものというのが必要です。

 

 

それが初期投資ですね。
一般的にはどこからか融資(大抵は銀行)を受けて、借金を抱えてマイナスの状態から事業をスタートさせると思います。
あるいは家族や親戚から資金をかき集めて足りない分は融資を受けるといった形でしょうか。

 

 

ハッキリ言うと自分の店を持つという方法で事業を行うというのは博打の要素を含んでいます。
というのもいくらズバ抜けたスキルと高いコミュニケーション能力を持っていたとしても、お客さんに店に直接来ていただかなくては売上が1円も発生しないからです

 

 

ただ大手企業のように宣伝に巨額の投資ができるわけじゃありませんし、日々の激務の中の地道なビラ配りにしたって時間が限られています。
それにお客さんに店舗の存在に気付いてもらえなければその店は存在しないのと同じ意味をもちます。

 

 

潜在的な顧客がたまたま店の前を通りかかったとしても、圧倒的に注意を惹く何かがなければそのまま素通りされてしまい、みすみすと新規顧客を逃してしまう可能性もありますね。

 

 

せっかく大金と労力と時間をつぎ込んでようやく一国一城の殿になったのに、店の存在に気付いてもらえなければその店は存在しないのと同じ扱いなのです。
リアルビジネスの博打と確率の要素を最大限に低く保てなければ長期的な目で見た時に存続は難しく、時間とともに段々と経営が難しくなっていくのかもしれません。

 

 

現代はすでに価値観が多様化していて、放っておいてもモノが売れるバブルの時代ではありませんからさまざまな企業が苦労されていて大手企業が買収されるなんて当たり前の時代になりました。

 

 

この状態から脱却するためにはマーケティングと綿密に計算された集客戦略が必要になってくるわけですが、大抵の個人事業主の方は日々の業務に忙殺されていてそこまで手が回っていないのが現状のようです。

 

 

 

 

1000万円かけた店を6か月で潰した友人の話

 

 

飲食店の開業に1000万円かけたにも関わらず、店を立ち上げたと同時に情熱を失ってしまいたったの6か月で倒産させてしまった友人がいます。

 

 

この友人の場合はまれなパターンかもしれませんが、店の改装などに3か月かけてじっくりと手直しを加えながら店づくりをしていました。
そしてようやく満足のいく店内に仕上がりいざ明日から開店という日に彼はすでに情熱を失っていたんです。

 

 

本来なら店を立ち上げてから初めてスタートを切って売上げを作っていく事になるのですが、彼の場合はいつからか店を作ることが最終目的になってしまっていたんですね。
彼にはフレンチの素晴らしい腕があったのですが、店の内外に圧倒的に注意を惹く目玉がなく開店からお客さんはまったく入らず休みがちになり結局は6か月で店を閉めてしまいました。

 

 

1000万円という巨額なお金が6か月で勉強代として消えてしまったんです。

 

 

ネットビジネスでも言える事ですが、本来の目的を見失うと進んでいる方向が分からなくなってしまいます。
時に直感で行動してみると驚くほどの成果をあげられる場合がありますが、ほとんどはまれなパターンです。

 

 

どんな状況でもブレない信念と情報の渦の中で自分と目的地(欲しい未来)は見失わないようにしたいですね。

 

 

店舗型のビジネスに希望はあるのか?

 

ちなみに僕は26才で自分の店をもちました。
独立して5年経営しましたが、結局は店を閉めました。
ただリアルビジネス(店舗型)からはとても多くの学びがありました。

 

 

現在僕はインターネットを使って仕事をしていますが、店舗型ビジネスから学んだことが役立っている部分がとても多いです。

 

 

もし『もう一度自分の店を持ちたいか?』と聞かれたら僕は瞬時に
やりません』と答えます。

 

 

正確に言えば日本ではやりたくないという意味です。
それにもし自分の店を始めたいと誰かに相談を持ち掛けられたとしても、僕には胸を張ってすすめる自信がありません。

 

 

今考えると店舗を構えるというリスクを恐ろしく感じます。
この店に全財産と人生を賭けるんだ!』と気合の入った人をたまに見かけますが心配にさえなってしまいます。

 

 

たしかに店舗型ビジネスも軌道にのせれば儲かります。
問題なのはその後なんです。

 

 

定期的な建物のメンテナンス。

 

在庫管理&ロスカット。

 

顧客を飽きさせない工夫。(半永久的)

 

毎月の巨大な固定費。

 

人財発掘&教育(半永久的)

 

仕入れ先の複数確保(リスク分散のため)

 

イベント企画&運営 etcetc…。
 

 

まだまだありますがこの辺にしておきます。
個人事業では人生を捧げるくらいの忠誠心を持った優秀な片腕でもいない限り、集客やマーケティングまで手が回るかどうかもわかりません。

 

 

初期投資もネットビジネスと同じようにほとんどかからないのが理想なのですが、店舗型ビジネスの場合は始めるまでに数百万から数千万円の資金が必要になります。
確実に当てられるかもわからないのに数百万から数千万円…です。

 

 

しかもまだ開店(営業)していないのに、です。

 

 

当時、僕の頭の中には半世紀前のビジネス神話が深く根付いていたので、なんの疑いもなく成功は独立して店を構える事だと信じ込んでいました。
時代が変わっていた事実に気付いたのは、ほんの1年前の事でした。

 

 

PS.

 

 

リアルビジネス(店舗型)はこれからの時代はどんどん厳しくなっていく一方です。
もうややこしい例えが面倒なのでハッキリといいますが、これからは個人がリアルビジネスに参入するのはやめておいた方が良いと思います。
特に日本では。

 

 

本当に自分の店を持ちたいなら、海外を検討した方が色んな意味で安全ではないかと思います。

 

国や会社に頼らず生きていける時代

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

13790円無料

期間限定プレゼント


TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材