このページの先頭へ

文章の書き方のコツ〜コピーライティング

 このエントリーをはてなブックマークに追加


文章をうまく書くコツをやわらかく説明しています

 

文章を書いていて、
なんだかまとまりがないなぁ。

 

これで大丈夫か?』と、
自信がもてない時があると思います。

 

 

自信がある記事に限ってアクセス解析で確認すると反応がまったく取れていなかったり…。

 

 

ただ文章能力というのは、
書いていれば勝手にレベルアップするようなものではないのは事実です。

 

 

商品を売るのが目的なら人の心の動きに沿った文章を繋いでいかなければ、
まったく商品が売れないという最悪の事態が起こる可能性もあるわけですね。

 

 

今回は、ブログを後日読み返して後悔しないために、
文章の書き方のコツについて深めていきたいと思います。

 

 

分析・実践の繰り返し

 

僕も初めの頃は、
あなたと同じように文書がうまく書けずに悩んでいた時期がありました。

 

 

そしてネットなどで調べるわけですが、
書いたら書いただけ上達するといった投げやりなものや、
とにかく書けというようなサイトしか見つかりませんでした。

 

 

うまく書けないから調べているのに精神論のような答えや、
意図して難しく考えさせるような説明に嫌気が差してしまった事があります。

 

 

結局、書き方のコツの明確な答えは見つかりませんでしたから、
もう独学でやってみる事にしたんですね。

 

 

カッコつけすぎた文章は修正して、
例えが遠くてピンと来ない単語などを見直しながら、とにかく書いてみたわけです。

 

 

例えば、○○だ、○○だろうといった断定口調の方が書きやすいのか。
逆に敬語の方が書きやすいのかというように分析をはじめたのですね。

 

 

ただいくら分析した所で人の心理に沿って文章を繋いでいかなければ、
人の心は動かせないわけです。

 

 

人の心を動かせないというのは、
読んでいる途中で飽きられて右上のバツボタンをクリックされるという事です。

 

 

これでは商品が売れるはずがありませんし、
せっかく書き溜めた記事がすべて意味のないものになってしまいます。

 

そこでコピーライティングを学ぶ必要があるわけですが、
その前に自分探しの作業を挟むと一気にレベルアップできると思います。

 

 

文章を書く(アウトプット)というのは一種の自分探しでもあって、
結局はあなたがどんな書き方が得意なのかを分析していくしかないわけですね。

 

 

好きこそものの上手なれ
という言葉があるように、
得意でも好きでもないような文章の綴り方を行った所で、
書きたい事も書けなくなってしまっては意味がないのです。

 

 

確かに書いたら書いただけ多少は上達する事は間違いないのですが、
書いたら書いただけ自分の得意、不得意が分かってくるので上達するのですね。

 

 

その意味でも記事を書き連ねる中で常に分析しながら、
自分の得意な書き方を知って、コツコツと自信をつけていくのが結果的に早く成長できると思います。

 

 

 

 

 

PS.

 

 

コピーライティングに特化した情報をメール限定で公開しています。
人の心を自在に操る事に興味がある方だけ詳細をご覧ください。

 

↓↓↓

 

特典付無料メール講座の詳細を見る

 

 

※期間限定で14620円キャッシュバック特典を付けています。
基本的に早い者勝ちです。

 

 

コピーライティングはなるべく早い段階で学んでおくことをおすすめします。

 

 

 

 

 

←前のページ
文章がうまく書けないなら接続語を極めろ〜コピーライティングの基礎〜

 

 

→次のページ
アフィリエイトで売り方の順番を間違えるとほぼ稼げないです!

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

13790円無料

期間限定プレゼント


TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材