仕事馬鹿らしいと思ったあなたが正しい!

仕事馬鹿らしいならもうやめちゃえば?
 このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事馬鹿らしいと思ったあなたが正しい!

 

鳶、ドカタ、飲食店員、引越し業者、スカウト、宝石商、クラブ店員、キャバクラマネージャー 、ホスト、飲食店経営・・・etc

 

 

これまで20以上の仕事に携わった経験がありますが、飲食店経営以外はすべて馬鹿らしいと感じながら仕事していた気がします。

 

 

というのも雇われている限りは経営者や役員を稼がせるために働くようなものだと当時から考えていたので、仕事が馬鹿らしくなるのは時間の問題だったわけです。

 

 

考えてもみてください。

 

 

例えば経営者や役員は高級車を乗り回してドデカい家に住んでいるのに、僕たち従業員は1か月を食いつなげるかどうかの給料の中で暮らさざるをえない現実。

 

 

口うるさい上司や低能な部下。
愚痴まみれの同僚。

 

 

気付けば会社の人間関係が人生のすべてになっていて、朝から晩まで他人にこき使われ、昨日と同じ今日をあと30年も40年も繰り返していく。

 

 

大切な人たちと過ごす幸せな時間など、人生でほんのわずか。

 

 

そんなの誰だって馬鹿らしくなりますよね?

 

 

でもたまに、
仕事が馬鹿らしく思えた自分が情けないなどと自分を責める人がいますが、そもそも仕事が馬鹿らしくなる環境の方がおかしいのですよ。

 

 

1日8時間も会社に拘束されて、住む場所は会社の近くに限定されて、大切な人や家族とは引きはがされて人間関係さえも会社に決められる。

 

 

そうして毎日死ぬほど我慢してるのに、もらえる給料は1か月をようやく食いつなげる程度。

 

 

そんな見えない鎖につながれた状況では、仕事が馬鹿らしいと素直に思える人の方がどちらかと言えば正常ではないかと思います。

 

 

というよりも仕事が馬鹿らしいだとか、今の仕事にやりがいが無いならフリーランスになれば良いと思います。

 

 

独立はハードルが高いと思われがちですが、実はそんなにお金はかかりませんし、誰でもすぐに社長になれます。

 

 

今は嫌な仕事などわざわざしなくても、好きなことを自分で選ん好きな金額を稼ぐ事が出来る時代です。

 

 

僕のようにブログを書くだけで大手企業役員の給料以上稼ぐのも、そう難しいことではありません。

 

 

毎朝同じ時間にドデカい目覚まし時計に叩き起こされて、昨日と同じように通勤して、毎日同じようなランチして、しっかり日が暮れた頃にようやく仕事から解放されるような暮らしよりも、

 

 

【住む場所の自由】大好きな場所に住んで、

 

【時間の自由】気が向いたときに、

 

【人間関係の自由】たった1人で、

 

【経済的自由】欲しい金額を稼ぎ出す。

 

 

この4つの自由を手に入れるために、出来るだけ若い内に自分のビジネスを持っておいた方が、病気やケガや災害などのリスクが降りかかったとしても堂々と構えていられますね。

 

 

パソコン1台あればお金が稼げる環境は、心の安定や活力につながります。

 

 

自分の力でお金を稼ぐ能力を身につければ年齢や経歴など関係なく、森でも山でも海辺でも断崖絶壁でも田舎でも海外でも限界集落でもどこでも生きていけます。

 

 

国や会社に頼らず自由に生きていくのは実は簡単な事なのですね。

 

 

ただし世の中には過酷な暮らしを我慢できる人と、絶対に我慢できない人がいます。

 

 

ちなみに僕は、たった1度の貴重な人生だからこそ国や会社に頼らず自由に生きていく方が楽しいと判断したので、就職やバイトが人生に存在しません。

 

 

稼ぎたいときに狙った金額をメール1通で稼ぎます。

 

 

ATMからお金をおろす感覚と言えば分かりやすいかと思います。

 

 

そもそもブログやメールマガジンでお金を稼ぐなんて、欧米では当たり前の生き方ですものね。

 

 

豊かさと理想の未来を叶えるための優秀なコンピュータが目の前にあるのに、それを使わずにゲームばかりしているなんてもったいないと思いませんか?

 

 

昭和初期のように通勤→仕事→寝るだけのようなライフスタイルは実はもう古いのですね。

 

 

今は自宅の一室やお気に入りのカフェに出かけて、遊びのついでに指先で稼ぐ時代です。

 

 

遊びがそのまま仕事に直結するわけですから、仕事が馬鹿らしいなどという次元ではなくなりますし、ワクワクしただけ稼ぐ金額のケタが変わります。

 

 

親や学校や社会から教わってきた事や、マスメディアから流れる情報を鵜呑みにする人にはまったく理解できないと思いますが、
大人が真剣に遊べばお金は稼げます。

 

 

世の中には僕たちが知らない世界がまだまだたくさんありますから、自分の知っている世界だけに引きこもるのはもったいないです。

 

 

そろそろ過去に生きるのはやめて、今を生きるのも1つの手段だと思います。

 

 

ただし、ネット上には詐欺やエセ起業家も多いので気を付けてください。

 

 

その人を信用しても大丈夫か迷ったら、その人の言葉や書いていることにあなたが心から共感できるかに注目して下さい。

 

 

あとは直感とフィーリングですね。

 

 

僕も過去に信じてはいけない人を信じそうになった経験がありますから、十分に気を付けてくださいね。

 

 

パソコン1台で生きていく方法は無料メール講座で具体的に解説しています。

 

今すぐ無料で読んでみる

 

性に合わなければ1クリックで解除してください。

 

 

人生の中の仕事であって、

仕事の中の人生ではない。

 

原田泳幸(日本マクドナルド前CEO)

 

 

たった1度の人生。

 

 

どうせ死ぬならそれまで自由に生きないと、きっと損ですね。

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。