会社に依存しない生き方

会社に依存しない生き方を20代で選んだ結果
 このエントリーをはてなブックマークに追加

会社に依存しない生き方を20代で選んだ結果

 

サラリーマンとして生きるという事は、人生と収入をすべて会社に頼り依存する事。

 

 

残念ですがそういう事です。

 

 

起きてからその日1日にやるべき事はすでに決まっていて、自分で日常をデザインする事が出来ません。

 

 

例えば会社の近くに住まなければ通勤が大変なので、必然的に住む場所は会社の近くに限定されます。

 

 

それに起きる時間も家を出る時間も会社に決められ、昼食をとる時間も退社する時間もすべて決められる事で、自分の時間は1日に数時間程度しか確保できません。

 

 

さらにサラリーマンとして会社で働くという事は、周りの人間関係が同じサラリーマンで埋め尽くされます。

 

 

結果的にサラリーマンだらけの人間関係が自分の周りに形成されます。

 

 

それは人間関係が自分で選べない事を意味します。

 

 

また、サラリーマンは1ヶ月に貰える給料が決まっています。

 

 

例えば月に20万しか給料が貰えないなら、20万円の世界しか経験する事が出来ないのです。

 

 

これから先もずっと。

 

 

もし昇給のチャンスが訪れたとしても、来月から一気に給料が10万アップなんてことはほぼ奇跡に近いのが現状ですね。

 

 

昇給と言えど、5000円や1万円程度が関の山です。

 

 

それに重要なのが、リストラやケガになった場合にその日から収入がゼロになるという事です。

 

 

毎月わけの分からない金額を給料から搾取され、手取りは1か月を生活出来るていどの金額。

 

 

1日1万円稼ぐためにどれほど我慢して、どれほど身をこなにして働かなければならない事か。

 

 

しかしそんな日常でも僕らは慣れるんです。

 

 

給料の範囲内で生活をうまくやりくりする方法を選択するんです。

 

 

なぜなら雇われるという選択肢しか知らないから。

 

 

幼少期から親や学校から、「会社に雇われ安定した人生を選びなさい」と徹底的に価値観教育されたから。

 

 

世界にたった1つだけの個性と本来の自分、そして魂を幼少期ですでに抜かれてしまうから。

 

 

その結果、自分が何者なのかさえもわからなくなるのかもしれません。

 

 

今より収入を5倍や10倍レベルでアップするためには、会社に依存する生き方をまず疑うこと。

 

 

そしてここぞという時期が来たなら、会社依存の毎日に見切りをつけること。

 

 

つまり自分の力でお金を稼ぐ能力を身につければ、会社に依存する必要がなくなるというわけなのですね。

 

 

国や会社に頼らず自由に生きる事が出来たなら、その後は収入を増やし支出を減らす。

 

 

収入を増やし支出を減らす。

 

 

これは経営や家計の基本中の基本ですね。

 

 

しかし多くの人はクーポン集めや節約ばかりに躍起になり、収入の柱を増やす事にフォーカスしません。

 

 

資産でなく、目の前の日給を追う事に全神経を集中させるのです。

 

 

節約ノウハウ本やランチパスポートがバカ売れする意味がよく分かりますね。

 

 

残酷な例えかもしれませんが、これはニンジンを目の前にぶら下げられた馬がいつになってもそのニンジンを食べられないのと同じ意味です。

 

 

誤解は承知の上です。

 

 

しかし言葉をにごし当たり障りない事ばかりいう人がたくさんいる世の中で、こうしてハッキリと現状を伝える人間が1人くらいいても良いのではないでしょうか?

 

 

収入や人生のすべてを他人に丸投げするほど危険な行為はありません。

 

 

何度も繰り返しますが、自分の身は自分で守る時代です。

 

 

世界的な大企業が倒産するような時代ですから、企業は個人を守っている余裕などないのですね。

 

 

用事が済めば身ぐるみはがされ、社会に捨てられるなんて悲し過ぎます。

 

 

でもそれが会社に人生のすべてを依存するという現実なのです。

 

 

今世の中でいったい何が起きているのか?

 

僕らは一体どのような行動を選択するべきなのか?

 

僕らの人生の目的はいったい何なのか?

 

 

人生とは国や会社に依存して、あなたの貴重な時間を切り売りする事ではないはずです。

 

 

あなたの人生や僕の人生は、新しいことにチャレンジしたりワクワクしたり、ハッピーを楽しむためにあるのです。

 

 

波風たたないけど窮屈な思いで暮らしていくよりも、国や会社に頼らず自由に生きていく方が楽しいに決まっています。

 

 

自分の思うように日常をデザイン出来た方がもっといろんな世界を見る事が出来ますし、もっと自分の可能性を試すことが出来ます。

 

 

それにやりたい事をやりたいだけやった方が、日々の満足感が圧倒的に違います。

 

 

もし今あなたの現状が以下なら危険な状態かもしれません。

 

 

収入の柱が会社の給料1つのみ。
人間関係が会社の中1つのみ。
1日の過ごし方が1パターン。

 

 

10代の頃の僕も非常に危険な状態でした。

 

 

ただし悲観的にならず、ただただ冷静に現状を見つめるとそこから見えてくる真実があります。

 

 

人は危険な状態が迫ると生命維持のために、その危険から何とか逃れようとします。

 

 

これは狩りの時代から人間のDNAに根付いてる動物的な本能です。

 

 

しかし人間社会に生きているとその本能さえも日常の下敷きになり、現状を冷静に見つめる事が出来なくなるのはよくある話です。

 

 

・何か新しい事にチャレンジするのがリスクなのか?

 

・今目の前にある現状に留まる事こそがリスクなのか?

 

 

国や会社に依存した暮らしでは自由など無縁の世界です。

 

 

本来の自分らしく活き活きと過ごしていくためには,、まず現状を深く知り、静かに受け入れる事。

 

 

そこからすべてが始まります。

 

 

あなたの現実(考え方)に変化が起きた瞬間から、止まってた未来の時計は動き出すのです。

 

 

下記も合わせてご覧いただければとおもいます。

 

国や会社に頼らず僕らは自由に生きていく

 

 

PS.

 

 

僕は雇われる事は家畜と同じだと考えて、26才で起業しました。

 

 

会社に死ぬまで飼いならされる事が何よりも怖かったので、自分の力で生きていこうと決めたのです。

 

 

考えてもみて下さい。

 

 

たった1度の人生です。

 

 

会社に貰える給料の範囲内が人生のすべてなんて、そんなのもったいないと思いませんか?

 

 

僕はこの目で見たい景色が仕事以外に、もっとたくさんあります。

 

 

人生を仕事で埋め尽くすよりも、人生の中に仕事がちょっぴり存在しているくらいがちょうど良いです。

 

 

もしあなたが雇われる事が本気で嫌なら、それは正しいと思います。

 

 

僕らはもっと自分らしく生きても大丈夫ですし、やりたい事を我慢しなくてもいいんです。

 

 

これまで十分我慢してきたのですから。

 

 

言論の自由が許された、この日本というこの国に産まれただけでも強運だと、そう思わなければ損です。

 

 

自由に生きましょう。

 

 

僕らには自由に生きる権利があるのです。

 

 

PPS.

 

 

住む場所の自由
時間の自由
人間関係の自由
経済的自由

 

 

これら4つの自由に興味があるならまず圧倒的自由な世界をちょっぴりのぞいてみるもの良いかもしれません。

 

 

自分で稼ぐ技術が10日で身につくメールセミナー
※今なら無料&特典付きです。

 

 

電子書籍2大特典↓
①4つの自由が手に入る本
②人の壊しかた

 

 

わずかな給料をもらうために人生を仕事で埋め尽くすよりも、人生は遊びで埋め尽くすほうがお得な気がします。

 

 

自分で稼ぐスキルを身につければ国や会社に頼らず自由に生きていくことができます。

 

 

国や会社に頼らず僕らは自由に生きていく

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。