仕事を1年以上続けた試しがない

仕事が1年以上続いた試しがない人にはこんな理由がある!
 このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事が1年以上続いた試しがない人にはこんな理由がある!

あなたの今までの人生で1番長く続いた仕事は何でしょうか?

 

 

また、なぜ続けようと思ったのでしょうか?

 

 

…いきなりの質問攻めですみません。

 

 

なぜ突然そんなことを聞いたのかというと、僕はひとつの仕事を1年以上続けた経験がないからです。

 

(雇われていた期間の話です)

 

 

僕は10代から20代半ばまでの雇われていた期間は、

 

『なんで自分は社長を金持ちにするために働いてるんだろう?』
『会社のために働いてるのに怒鳴り散らされる意味がわからない?』

 

このような考えかたの生意気なガキだったと思います。

 

 

さらに、『働いてやってんだからもっと待遇よくしてくれよ!』なんて上司に暴言を吐いてみたり、平気で仕事を休んでみたり。

 

 

今考えると本当に恥ずかしいですね。

 

 

僕はそれまで20種類くらいの職種を経験しました。

 

 

引っ越業者。
夜逃げ後の荷物回収。
物流。
居酒屋バイト。
キャバクラの黒服。
ホストクラブ。
風俗呼び込み。
皿洗い。
イベントスタッフ。
クラブスタッフ。
キャッチ。
スカウト。
転売。
土方。
鳶職。
ティッシュ配り

 

などなど。

 

 

これらのほとんどの職種を1年以上続けた事がありません。

 

 

理由はただ単純に仕事がぜんぜん楽しくなかったからです。

 

 

ここまでくると救いようがないですね。

 

 

でも当時は本気で「仕事が楽しくない」と考えていたわけです。

 

 

まあ、雇われているうちは仕事が楽しくないのは仕方がないのかもしれません。

 

 

その最大の理由は、いくら頑張っても給料があがらないからです。

 

 

仕事が楽しくない理由はこれに尽きると思います。

 

(やりがいなどは別にして)

 

 

すると従業員の不満は日増しに膨らんでいってやり場のない怒りは上司や会社、最終的には社長へと向けられるのです。

 

 

そして、『このひとでなし!人を使い捨てにしやがって!』となるわけですね。

 

 

いくら従業員でも人の子ですから自尊心を踏みにじるような扱いをされると、さすがに我慢できなくなるわけですよ。

 

 

とくにこれまで労力や時間や精魂を尽くしてきた会社には。

 

 

ちなみに、この
『このひとでなし!人を使い捨てにしやがって!』という言葉は独立したあと、僕自身が従業員に実際に言われた言葉です。

 

 

そうです。

 

 

独立してから僕が若いころに、社長や上司を困らせたツケが回ってきたわけです。

 

 

実際に自分が従業員を雇うようになって初めて、雇い主の辛さや耐えなければいけない場面があるのだと知ったんですね。

 

 

皮肉なものです。

 

 

合わない仕事を1年も続けなくていい

 

 

仕事が続かないのにはいくつかの理由があると思います。

 

 

それは、

働く意味がわからない
世の中の仕組みを知らない
仕事が楽しくない
やりがいというモノがそもそも分からない
生活するには働くしかないと思っている
日本の労働環境にあきらめをつけた

 

 

人には向き不向き、そして得意不得意がありますから労働に向いてないとわかったら早めに見切りをつけて、ネットビジネスや投資に目を向けるのもいいかもしれません。

 

 

仕事は長いあいだ付き合っていくものですから、自分に合っていない仕事を無理やり続けたって楽しくもなんともないはずですし、ましてやその仕事が稼げないなら働く意味がないですね。

 

 

それに誰のために働いてるのかわかりませんね。

 

 

そもそも僕たちは何のために働いているのでしょうか?

 

 

会社のため?
社長のため?
世間体のため?
プライドのため?

 

 

おそらく違うはずです。

 

 

たった1度の自分の人生を生きるのですから世間体とかプライドとか関係なく、本当にやりたい仕事を自分のモノにしたほうが欲しい未来ははやく手に入るとおもいます。

 

 

1年以上仕事が続かないならガムシャラに頑張らず、現状を冷静に考え直してみるのもいいと思います。

 

 

考えるだけなら何のリスクもありませんからね。

 

 

もし就職するなら死ぬまでおなじ職場に来る日も来る日も通勤して働き続けなければお金が稼げない。

 

 

できるだけ若いうちに起業して収入を自動化して圧倒的に自由に生きる。

 

 

どうせ1度きりの人生ですから長時間低賃金で使い捨てられるよりも、4つの自由を謳歌したいものです。

 

 

①住む場所の自由
②時間の自由
③人間関係の自由
④経済的自由

 

 

これら4つの自由を手に入れる方法は下記で具体的におはなししています。

 

 

自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー
今だけ無料&電子書籍2大特典つきです。

 

 

圧倒的自由な世界をちょっぴりのぞいてみるのもいいかもしれません。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。