このページの先頭へ

安定した給料を持ち帰るだけのサラリーマンとしての違和感

 このエントリーをはてなブックマークに追加


サラリーマンで安定した給料を持って帰るだけが親の仕事じゃない!?

 

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?

スティーブ・ジョブズ

 

 

親になってからというもの、今までよりもさらに仕事に精を出すというより、子供との時間や家族での思い出をもっと作りたいというふうに意識が変化したように思います。

 

今をもっと楽しむといえば分かりやすいでしょうか。

 

 

これは仕事を適当にするようになったという事ではなくて、自分の為じゃなくて誰かのために生きていきたいと考えるようになったという意味です。

 

 

もちろん仕事を頑張らなければ家族が食べていけないので、仕事には集中しますしそのようにしています。

 

 

これ以上偽善者ぶったことを書くと頭がおかしいと思われるのでこの辺にしておきます。笑

 

 

サラリーマン(安定)も自営(不安定)もやめてフリーランスになった理由

 

 

僕はサラリーマン(雇われ)として働いた事がありますし、自営(雇い主)として働いた事もあるのですが、結果的に一向に自由になることができませんでした。

 

 

それはどういうことかというと、
サラリーマン時代は拘束時間が長すぎるのと、収入の面を国や会社といった第3者に依存する事になるのでそれがバカらしくて、そして何より解雇後のリスクが大きすぎるので辞めたのがまず1つです。

 

 

2つ目が、独立した事でさらに忙しくなって家族との時間を持てなくなったことです。

 

(これは人に任せる事を放棄した自分に責任があります)

 

 

僕にもあなたにも向き不向きな職種があると思います。

 

 

自分に向いていない(やりたくもない)仕事を生活と安定のために無理やり続けていくのは、精神衛生上よくないのは当然のことですね。

 

 

むしろそれでストレスをためて妻や子供に当たってしまうようなら、今すぐに向いていない仕事など辞めるべきだと思うのです。

 

 

また仕事は、職種次第で家族を犠牲にしなくてはならない場面があるので、その意味でも僕は仕事のすべてをひとりで完結できて、しかも在宅で妻と子供と好きなだけ一緒に居られるフリーランスという仕事を選ぶことにしたのです。

 

 

 

サラリーマンでの給料の安定と独立の夢を放棄した結果

 

前項で、僕の仕事は在宅で出来る仕事だとお話しました。

 

 

理由は子供との時間や、家族での思い出をもっと作りたいと考えたからだという事もお伝えしましたね。

 

 

僕の仕事は単純に、パソコンとネット環境があればどこでも開始できるので住む場所に制限されることはありません。

 

 

ではいったい何の仕事をやっているのかと言うと、いわゆるアフィリエイト事業です。

 

 

簡単にいうとネット上の広告代理業のような仕事ですね。

 

 

アフィリエイトという商売はパソコン音痴でもネットど素人でも関係なく、しかも個人が資金をかけずに誰でも簡単に参入できるのがミソですね。

 

 

そのおかげで今では子供と飽きるまで遊んであげられる事ができますし、思い付きで旅行へ行くこともできます。

 

 

また、盆や正月の混雑期をさけて平日昼間の人がいない日を見計らって遊びに出かける事も出来ます。

 

 

しかも平日なので低料金で。

 

 

これは宝くじに当選したとか、遺産が入ったとかそういう浮世離れしたような絵空事ではなくて、単にパソコン1台とネット環境があれば仕事ができる状態に今あるので実現できているのですね。

 

 

インターネットの可能性は無限だと感じた瞬間でもありました。

 

 

確かに、ここまでくるまでは分からない事だらけで紆余屈折がありましたし、当時は家族も抱えていたので強烈な不安が常に心の中に付きまとっていたのは事実です。

 

 

ですが、何にも縛られない本当の自由が手に入った今は僕の生きてきた33年間の中で味わった事のない幸せを感じる事ができています。

 

 

親として家族に何ができるか!?

 

最近はネット上でサラリーマンを卑下するような記事を目にする機会が多くなった気がします。

 

 

これはネット上でサラリーマンを甘い誘惑で取り込もうとする金の亡者によく見られる光景ですね。

 

 

自分のサラリーマン時代の事は棚に上げて、時に救いようのない言葉でサラリーマンや安定というものをバカにしたり人格までも否定するような、銀行券にしか生きる目的を見いだせない愚かな輩がネット上にはうろついているのです。

 

 

サラリーマンとして一生懸命働いて、安定した給料をもらって家族を不安にさせないという働き方は素晴らしいですし同じ家庭をもつ者として僕は尊敬しています。

 

 

ただ僕が考えるのは、親になったという事実だけで妙な責任感を抱えてしまったり、見えない鎖にしばられたような気がして生き方が消極的になってしまうのはもったいないということです。

 

 

男はつねに無邪気に夢を見ている方が正常だと僕は本気で思っています。

 

 

ただ、人は年齢を重ねていくにつれて本当にやりたかった事に対して無意識に優先順位をつけて、実現が難しいと思える事から順番にあきらめをつけていくパターンが多いはずです。

 

 

でもせっかく日本という豊かな国に産まれたのですから、本来なら考え方なんてもっと自由で良いと思うのです。

 

 

誤解を承知でかきますが、今、あなたがサラリーマンとして働いていて毎月安定した給料が手に入る状態にあるとしても、家族との時間が犠牲になっていたり若い頃にあなたが夢中になった趣味や遊びを我慢しなければいけない状況なら、それは家族のためにも自分のためにもならないと考えることもできます。

 

 

例えば予想しない出来事(リストラや解雇)で仕事をなくした途端に、家族を路頭に迷わせてしまう可能性も今の日本の状況を観察すると無きにしろあらずですから。

 

 

さらに、正社員になれば自分たちの事を生涯守ってくれるというお人好しな企業は日本には存在しませんし、その時代はすでに終幕しているのは言うまでもありません。

 

 

ではどうやってリストラのリスクを回避して、本当の自由を手に入れる事ができるのか…?

 

 

思い切って独立して自分でビジネスを興すのにリスクはつきものですが、サラリーマンとして雇われていたとしてもリスクはあるものです。

 

 

確かにサラリーマンとして、そして親としての立場から考えると安定した給料を確実にもらえるという事実は心の安定にも直結していると思います。

 

逆に自営業だと収入は不安定ですし、もしかすると失敗して一文無しになってしまう可能性も考えられますね。

 

 

その点の不安はサラリーマンにとっては皆無なので就職さえ決めてしまえば心の平安は手に入ると思います。

 

 

でも、もし病気や事故で働けなくなったとしたら状況は一変してしまいます。

 

 

その万が一のために保険という制度があるのですが、怪我をすればしばらく休めるし入院費も入るしもし死んだら大金までもが入ってくるという期待がそこに存在するなら、それはそれで悲しい事実なのではないでしょうか。

 

 

早く死んでくれたらお金が入るのに・・・
というような、道徳心のかけらもない事を考える人も少なからず世の中には存在するのですから・・・。

 

 

死んだら札束が転がり込んでくるというまるで宝くじに当選したかのような棚からぼたもち的な考えよりも出来ることなら健康で過ごす方がハッピーですし、むしろ1か月間入院するよりも1か月間海外旅行をしたほうが思い出も幸せな時間も刻まれていくと思うのです。

 

 

さらに絶対にリストラされないという保証も0ではないはずです。

 

 

ある日突然、会社という豪華客船から地図も羅針盤も持たされないまま、丸腰で海に投げ落とされたあとはどうするべきなのでしょうか。

 

 

もし運よく丸太を発見できたとしても、方角や航路がわからないままではなす術もありません。

 

 

そう考えてみると、サラリーマンでも自営でも社長でもバイトでも、リスクのない生き方などこの世に存在しないというのがお分かり頂けたのではないかと思います。

 

 

 

 

どんな状況でも自分ひとりの力で稼ぐ能力を身につける必要性

 

前項では、もっと自由に生きられるという事と、いつ降りかかるか予想のつかないリスクについて考えてみました。

 

 

僕の仕事はインターネットビジネスです。

 

 

もちろん、国に正式に届出を出している個人事業主です。

 

 

パソコンのキーボードを叩いたら叩いただけ収入になる仕事というとなんだか聞こえがよくありませんが、場所や人間関係や時間に縛られない生活を実現できていると思います。

 

 

これは妻や子供と一緒に過ごしたいと悩んだあげく、ようやくたどり着いた仕事です。

 

 

家族を守りたい!

 

色んな世界を家族で見たい!

 

幸せに暮らしたい!

 

 

このように強い情熱や願いはあなたと同じように僕も持っています。

 

 

子を持つ親である僕やあなたは今、家族に対して何ができるのか…。

 

 

僕の場合は、誰にも頼らず自分ひとりの力でお金を稼ぎだす能力を身につける事だと考えて実際に仕事をやめました。

 

 

 

 

PS.

 

 

僕がなぜこの記事をかいているのかというと、
こういう生き方もあるのだと、たくさんの方に知ってほしかったからです。

 

 

特に家庭があると、色んな意味で腰が重くなってしまうと思います。

 

 

これは守りに入ってしまうという意味です。

 

でも考えてみて下さい。

 

人生は1度きりです。

 

 

日常を繰り返すことに心のどこかで違和感を覚えるなら、それは変化や刺激を求めているという何よりの証拠だと思います。

 

 

また、現代の日本は多少のお金がなければ当たり前の生活さえも送ることができません。

 

 

じゃあ自給自足の生活をおくればいいじゃないか
と決意したとしても、井戸は素手では掘れませんし、灯りが必要ならランプと蝋が必要ですし、服の代わりに体に葉っぱを巻きつけるわけにもいきません。

 

 

家庭があるならなおさらです。

 

 

だからこそ、どんな状況にさらされても国や会社に頼らず自分ひとりの力でお金を生みだせる能力を身につけるというのは、これから30年以上生きていくためには必要なスキル(技術)なのですね。

 

 

現実では間違いなく無理だろうと思えるそれを可能にする力と未来がインターネットには埋まっています。

 

 

働かずにネットから収入を得る方法についてはメール限定で公開しています。

 

 

パソコン1台で稼げるようになれば世界中どこにいても仕事が出来ますし、国や会社に頼らず自由に生きていく事が可能です。

 

 

性に合わないなら1クリックで解除出来ますので、よければ参加を検討してみて下さい。

 

※もちろん無料です。

 

特典付無料メール講座の詳細を見る

 

 

 

 

PPS.

 

 

サラリーマン,給料,安定

 

 

コーヒー豆を買いにカルディにきたはずが、ついでにワインを4本とチーズを大量に仕入れる事に…。

 

 

商品の配置の戦略に悪意を感じます。(すみません、単にお酒が好き過ぎるだけです)

 

 

サラリーマン,給料,安定

 

 

週末はいつもごった返してます。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

←前のページ
子供がいる方!まさか日本の学校の教育を受けさせるつもりですか?

 

→次のページ
妻子があるのに仕事をやめてネットビジネスを始めようとしているなら

 

 

13790円無料

期間限定プレゼント


TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材