ネット上のタレントだと意識すると稼ぐ手法が明確になる!?

ネット上のタレントだと意識すると稼ぐ手法が明確になる!?
 このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット上のタレントだと意識すると稼ぐ手法が明確になる!?

 

すでにインターネットはテレビよりも影響力のあるメディアへと成長しましたね。

 

ちょっと捉え方を変えてみると、今ネットの世界で活動している(売る側の)すべてのユーザーはタレント(アーティスト)とも言えます。

 

 

今、このページを読んでいるネットビジネスマンのあなたも僕もネット上のタレントという事ですね。

 

 

これは、インターネットはそのくらい大きなメディアだという事です。

 

 

その影響力があるメディアで、たまに病みブログやイタズラを公開するためだけに、ネットを利用しているおかしなユーザーがいますが、これがもしテレビの芸能人だったら応援したいとはまず思わないですよね。

 

 

それと同じことがアフィリエイターにも当てはまるわけです。

 

 

もう一度言いますが僕たちは企画・構成・製作・放送、そしてタレント業までこなさなければならないという事です。

 

 

これを理解していないアフィリエイターは意外に多いので、自分はタレントという情報発信者だと自覚すると、稼ぎ方が明確になってくると思います。

 

 

また、アフィリエイターは文章を書き続けるという知的労働の意味も含めて、ある意味タレント+アーティストともいえますね。

 

 

ネット,タレント,稼ぐ,手法

 

 

商品を売るのか、
信用を売るのか、
自分を売るのか。

 

 

この芯がブレるといつになってもあっちにこっちに彷徨ってしまって、『結局君は何がしたいの?』と、読者に見透かされてしまいます。

 

 

ネットは個人でも影響力があるという事を意識していないアフィリエイターはまだ多いので情報発信者だと自覚するだけで差別化につながりますし、長い目で見た時にアフィリエイト活動を他のライバルよりも断然有利に進められるはずです。

 

 

PS.

 

 

セルフブランディングはこれからネットで活動していくアフィリエイターには欠かせないキーワードになるので、
今のうちに確立しておくのが良いと思います。

 

 

セルフブランディングの構築の仕方が分からないなら、下記の無料メール講座ですべて告発しています。

 

 

興味があればひとまず登録しおくといいかもしれません。

 

特典付無料メール講座の詳細を見る

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。