30代は貯金しちゃいけない!

【30代貯金】30代は貯金しちゃいけない!
 このエントリーをはてなブックマークに追加

30代は貯金しちゃいけない!?

 

成功者は貯金せず自分の知識や知恵にお金を投資する

 

 

清掃業や飲食事業、仲介業などビジネスを手広く展開する社長とたまに飲み食いさせて頂く事があるのですが、彼はあるていど酒が回ると決まってこう話してくれます。

 

 

お金は稼ぐより使う方が難しい

 

 

初めは『何言ってんだこの人は…』と理解不能でしたが、最近になってその意味が少しづつわかるようになりました。

 

 

それは僕がバカの1つ覚えのように心理学や脳科学、消費者心理やマーケティングやセールスを学んで来た成果なのかもしれません。

 

 

当時14才で学校にいかなくなり昼も夜も遊びほうけていましたから、義務教育の時期に学問を深く学ぶことはありませんでした。

 

 

ですので歴史などほとんど知りません。

 

 

1ミリの自慢にもなりませんが、足し算、引き算、掛け算、割り算くらいしか分かりません。

 

 

でもお金の稼ぎ方は一生懸命勉強したのでそれもまた良いと思えるようになりました。

 

 

お金は稼ぐより使う方が難しい

 

 

確かにお金は稼ぐより使う方が難しいです。

 

 

なぜなら多くの人は自分を気持ちよくするものだけにお金を徹底的に注ぎ込むからです。

 

 

つまり目の前の快楽だけにお金をジャブジャブ使い、未来のためのお金は一切使わないのですね。

 

 

例えばファッション、ゲームや漫画などの娯楽、ギャンブル、外食、趣味、衝動買い、酒、車、見栄・・・などなど。

 

 

これらは働かなくともお金が入るようになればいくらでも好きなだけ買う事が出来ます。

 

 

しかし多くの人は先に目の前の快楽を取ってしまうんです。

 

 

過去の自分もそうでした。

 

 

だからこそ僕の父親は破産して一文無しになり、自分も親と同じ道を辿ろうとしていたのだと思います。

 

 

働かなくとも毎月自分のポケットにお金を入れてくれる資産じゃなく自分の見栄や欲望にお金をジャブジャブ流していた。

 

 

つまりはそういう事だったのかもしれません。

 

 

穴の空いたバケツにいくら水を入れてもいつまでたっても一杯にはなりません。

 

 

でも周りのみんなが穴の空いたバケツを持っていたのでバケツには穴が空いていて当然だと信じ込んでいたのです。

 

 

後は貯金も僕を自由から遠ざける呪いであり、そして幻想でした。

 

 

僕の親は『若い内に貯金しとけ!毎月3000円でもいいからとにかく貯金しろ!』と、口を酸っぱくして教えてくれました。

 

 

その通りに貯金したりもしました。

 

 

しかし僕が持っているバケツは穴だらけだったせいか、一向にお金が貯まりませんでした。

 

 

そこでそれまで読んだ本の中の一説が頭に浮かびました。

 

 

毎月少しずつお金を貯めていきなさい。

そうすれば年末にはびっくりすることでしょう。

あまりの少なさに。

 

byアーネスト・ハスキンズ

 

 

年寄りは若いときに貯金をしろと言うが、それは間違っている。

最後の一銭まで貯めようなどと考えたらいけない。

 

自分に投資しなさい。

 

私は40歳になるまで、1ドルたりとも貯金したことがない。

(フォード氏は貯金の代わりに自分自身と、自分のビジネスに投資し続けた)

 

Byヘンリーフォード

 

 

それまでは貯金のために生きていたのかもしれませんし、貯金が人生の不安や悩みを揉み消してくれるという親の意見を鵜呑みにしていたのかもしれません。

 

 

しかしそれは紛れもなく僕を自由から遠ざける呪いであり、そして幻想だったのでした。

 

 

そしてある日、このような考えが浮かびました。

 

 

40年も50年もかけて小遣い程度の額をセコセコ貯金するより、40年や50年かかって貯められる貯金額を2~3年で集めてしまえば良いんじゃないか?』、と。

 

 

中二病のような考えかもしれませんが、死ぬまで続く労働から解放され自由になるにはそれしか方法が見当たりませんでした。

 

 

その日から穴の空いたバケツに水を注ぐのは辞めにする事にして自分の知恵や知識、そしてビジネスだけに積極的に自己投資したのです。

 

 

そもそも人生の目的が貯金なんて退屈すぎます。

 

 

例えばもし明日、目標額の5000万円がようやく貯まるとしても今日交通事故で死んだらどうでしょうか?

 

 

可能性はゼロではありませんね。

 

 

30年や40年や50年かけて一生懸命貯金したのに、それを使わなければお金なんてただの紙クズ(銀行券)なのです。

 

 

そもそも貯金は減るものです。

 

 

使えば減るのがお金ですから当然ですね。

 

 

その反面、資産は放っておいてもお金を増やし続けます。

 

 

その資産とは言うまでもなく僕らの知識や知恵や経験です。

 

 

知識や知恵や経験をブログとして資産化する事で、僕は稼ぎが一気に突き抜けました。

 

 

今でこそ資産(知識や知恵)にお金を投資する重要性が理解出来ますがまだまだ知らない人は多いものです。

 

 

お金は正しく使えば倍倍ゲームで増えていきます。

 

 

貯金は無意味とお金持ちの人たちが主張する意味がようやく理解できるようになったような、そんな気がしています。

 

 

あなたにとって最大の財産は、

あなたの知識、「知っていること」だ。

 

反対に最大のリスクは「知らないでいること」。

 

どんな事にもリスクはつきものだ。

 

だからこそそれを避けるよりも上手く乗り越える方法を

学ぶことが大切なのだ。

 

ロバート・キヨサキ

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。