自分らしく生きるたった1つの方法!自分らしく生きるなら我慢は禁物

自分らしく生きるたった1つの方法!自分らしく生きるなら我慢は禁物
 このエントリーをはてなブックマークに追加
≫南国リゾート移住して週4時間だけ働く人生!今より自由でハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

自分らしく生きるたった1つの方法!

 

この生きづらい超情報社会を自分らしく生きる方法

 

 

よかれと思って発言したり、ちょっと目立てばあらゆるところから叩かれ非難される。

 

 

そんな世知辛いこの人間社会では、自分らしく生きることがますます難しくなっています。

 

 

コソコソと生きていかねばならないなんて、息苦しい世のなかですよね。

 

 

ところが、これからの個人の時代では、自分らしく生きることこそがお金に直結する時代と言えそうです。

 

 

つまり失敗をおそれず周りの目を気にせず、自分らしく生きると決断した人だけが、年齢や学歴など関係なく大金を稼ぐ時代にすでに突入しているわけです。

 

 

もちろん、毎日を活き活きと自分らしく生きるひとは、周りから文句を言われたり、妬みや誹謗中傷の対象になる可能性が高いです。

 

 

ただ、ありのままで自分らしくワクワクしながら生きることでお金が稼げるなら、自分らしく生きることをあきらめのは、あまりにももったいないと思いませんか?

 

みんなとちがう道を選ぶからこそ自分らしく生きられる

 

周りと似たようなことやっても
周りと似たような未来が待ってるだけ

 

あたりまえの話ですが、人間はみんな赤ちゃんから人生をスタートします。

 

 

つまり僕たちは、なにも知らないままこの世に生まれてくるわけです。

 

 

やがて成長するにつれて、親や友人や学校や国や会社から知らず知らずのうちに「一般大衆の価値観」をすり込まれ、多くの人たちはその一般的な価値観に従って生きていきます。

 

 

たとえば以下のように。

 

 

・イイ学校に入る。
・一生懸命勉強する。
・イイ会社に就職する。
・45年くらい働きつづける。
・老後は年金暮らし。

 

 

これが、「一般的な価値観に従って生きる」ということです。

 

 

周りと似たような収入で、周りと似たような生活を強いられてることを許していては、自分らしく生きるなんて無理に決まっています。

 

 

そこでこれまでの人生を「本当に自分の意志で決めてきたのか?」を確認する作業が、自分らしく生きるために重要なカギになると言えそうです。

 

 

ひとと同じことをやっても、ひとと同じ結果しかでないのは当たりまえの話なんです。

 

 

自分らしく生きるためにはこれまでの価値観を疑うことが大切

 

そこに自分の意志があるのか?

 

価値観というのは、人から人へと受け継がれていくものです。

 

 

親は子へ、
教師は生徒へ、
会社は従業員へ、
国は国民へ、と、

 

そんな感じですね。

 

 

だとすれば、親や友人や学校や国や会社が今信じている価値観というのも、だれかからすりこまれた価値観という事実が明らかになりますね。

 

 

価値観というのはそうして、人から人へ引き継がれていくわけです。

 

 

いずれその価値観は、その人の揺るぎない常識へと変化していきます。

 

 

その一般的な価値観や常識を信じこむひともいますし、自分らしく生きられない現実に嫌気がさして、これまで信じてきた価値観を疑いはじめるひともいます。

 

 

「自分らしく生きたいのに生きられない。どうやら何かがおかしいようだ」と、一部のひとだけが気づき始めるわけです。

 

 

たとえば就職を控えた学生、それに社会に出てからしばらくして自分らしく生きることをあきらめたサラリーマンや主婦。

 

 

あるいは、商売替えを考えている自営業者や経営者などなど。

 

 

自分らしく生きる人生をあきらめるべきか、それとも自分らしく生きるかを迷い、そこに不安や葛藤が生まれるわけですね。

 

 

たった1度きりの人生、生きかたは違えど、それぞれが胸にひめた想いや悩みをもっているものなんです。

 

 

ところが、自分らしくいきる人生への迷いや不安や葛藤というものがいかに無駄で、
いかに自分らしく生きる人生が僕らにメリットをもたらしてくれるかを知ると、自分らしく自由に生きることが可能になるのです。

 

 

実は自分らしく生きることに、デメリットなどなにひとつないのです。

 

 

自分らしく生きると収入が2倍や3倍になる時代

 

我慢するほど損をする

 

ここまでは、自分らしく生きる人生をあきらめてはいけないといった内容をお伝えしてきました。

 

 

親や学校や周りのひとたちからの影響による他人軸でなく、自分軸の人生こそが自由への近道といった内容でしたね?

 

 

最近では、他人からすりこまれた価値観をみずから破壊して、自分らしい生きかたを選択するひとが増えています。

 

 

たとえば北極冒険家や世界の洞窟探検家、それに料理研究家や作家や旅芸人や音楽家、ほかにもアフィリエイターやブロガーといった自由人、などなど。

 

 

良い学校に行く。
良い企業に就職する。
45年くらいせっせと働く。
65才から年金暮らし。

 

 

この常識と呼ばれる、マニュアル的な生きかたを断固拒否した人たちがいるのですね。

 

 

そもそもの話、僕ら人間は好きなことをやっている時間が1番ワクワクしますし、もっとも自分らしく居られる瞬間というのは、なにかに没頭しているときだと思います。

 

 

ここで考えてみてください。

 

 

国や会社から与えられた仕事を一生懸命こなしても、貰える給料は1ヶ月をようやく食いつなげる程度。

 

 

おかしな話だと思いませんか?
サラリーマンのかたの月収や年収を、わずか1日で稼ぐひともいるというのに。

 

 

ただ、心が弱いまま自由になると不幸になる場合があるので注意しておきたいところです。

 

 

 

幼少期から勉強を一生懸命がんばって社会人になっても、一向に自由にさせてもらえない。

 

 

むしろ、あと何十年も働かされつづけてようやく65才になったとしても、それからできることは限られています。

 

 

もしかすると老後をむかえるころには気力や体力が残ってないかもしれませんし、奴隷のような生活では65才までに倒れる人のほうが多いと思います。

 

 

月に10万も貰えない年金で悠々自適な暮らしなんて、できるはずがないんですよ。

 

 

年金じゃ生活できない老人を対象にしたビジネスが、非常に儲かる理由がそこにあります。

 

自分らしさを根こそぎ奪う原因

 

僕たち日本人は、
「自分をおさえて我慢と忍耐」といった、集団教育の真んなかで育つことがほとんどです。

 

 

そうして学校で個性を奪われ社会で人格を奪われたあげく、「我慢すればいつか出世して成功しているだろう」と信じてしまいがちです。

 

 

まるで天からお金が降ってくるかのごとく、「まあ自分もいつかお金もちになってるだろう」といった考えが生まれるわけです。

 

 

ちなみに過去の僕もそんな「棚からボタモチ的ファンタジー」を信じていましたが、いくら待ってもなにも降ってきやしませんでした 笑。

 

 

たった1度きりの人生。

 

 

他人にこき使われて終わる人生よりも、好きなことを思う存分味わえる人生のほうが楽しいに決まっています。

 

 

なににも縛られず自由に、そして自分らしく生きていくためには、自分の力でお金を稼ぐ能力を身につけるのが近道と言えそうです。

 

 

むしろ自分らしく生きる唯一の方法としては、自分で稼ぐ力を身につける以外に僕は知りません。

 

 

自分で稼ぐスキルを身につければ、国や会社に頼らず自由に、そして自分らしく生きる人生が実現可能になります。

 

 

ちなみに今の時代は、ラップトップ1枚をつかって好きなことを情報発信して稼ぐ方法があります。

 

 

どこかで「遊びがお金になる時代」と聞いたことがありますが、
仕事と遊びの境界線がわからない暮らしや、遊んで稼ぐ人生は実現可能といって間違いなさそうです。

 

 

いまどき、アフィリエイトビジネスくらいは学んでおいて損はないと思います。

 

自分で稼ぐ力が10日で身につく無料メールセミナー
今だけ13790円相当の電子書籍無料プレゼント中。

 

※いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めにどうぞ。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。