このページの先頭へ

自分を見失う瞬間と自分を取り戻す瞬間

 このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を見失う瞬間と自分を取り戻す瞬間

 

世の中の仕組みや正しい情報、目指すべき未来、お金の稼ぎ方・・・などなど。

 

 

現状に何の疑問も抱かずに、ただただ欲の向くままに、誰かに教えられたとおりに生きていた頃が自分にもありました。

 

 

良い学校へ行って、

 

良い成績を取って、

 

良い会社に就職して40年近く働き尽して、

 

老後は年金暮らし。

 

 

この通りに生きる事こそが真実だと、当時はそう信じていたのです。

 

 

でも僕には人さまに自慢できる学歴などありませんから、雇ってくれるのは長時間拘束が当たり前のブラック企業のみ。

 

 

自分の時間を提供してでしかお金を稼げない、まさに使い捨ての人材。

 

 

そんな中、就職した同世代が会社でどんどん出世していく姿と、社会のはぐれ者になった自分を比べて落ち込んだ時もありました。

 

 

誰かと自分を比べれば比べるほどに、自分を見失っていったんです。

 

 

自分を見失ってると気付いた時が自分を取り戻すチャンス!

 

 

僕のブログを熱心に読んでくださってるあなたならもうお分かりかと思うのですが、弱肉強食の世界は何も動物だけでなく、人間社会でも同じです。

 

 

世に溢れる情報をうまく取捨選択できない人たちは、世の中の賢い人たちにこれから、より一層意図的に操作されていくのです。

 

 

これはつまり弱者は搾取され続け、強者はどんどん豊かになっていく。

 

 

特に今はネット社会ですし、周りを見渡せばみんなスマホ、スマホ、スマホ。

 

 

まるで小さな画面の中を生きているようです。

 

 

時に小さな画面の中にストレスをぶつけたり、
ある時は小さな画面の中に感動したり。

 

 

かつてテレビが大衆を独占的に支配していた時代もありましたが、現代は手のひらサイズの小さなコンピュータが僕ら人間を支配するようになりました。

 

 

というより、その小さな画面の奥に居る誰かに支配されているといった方が正しいのかもしれません。

 

 

現代は誰でもリーダーになれる時代ですから、あなた自身が付いてく人を間違えるととんでもない方向へと連れていかれ、取り返しのつかない事になる場合もあります。

 

 

ですのであなたがリーダーを見つける際は、そのリーダーの言葉に心から共感できるか、あなたの価値観とそのリーダーの価値観は似ているかを冷静に見極める事が重要です。

 

 

一瞬の憧れじゃなく本当にそのリーダーの価値観が好きか、そのリーダーの生き方が好きか、そのリーダーの暮らしを目指したいと思うか、せっかくですのから静かに目を閉じて考えてみるのもいいと思います。

 

 

知らない間に情報の大渦に飲まれ、結果的に何が正しいか分からなくなり、自分の人生や本来の自分らしさを見失わないためにも。

 

 

それにブレブレの人生を送らないためには、自分だけの信念を持つことが重要だと改めて考えるようになりました。

 

 

例えば僕なら、
国や会社に頼らず自由に生きていく

 

 

それを実現するために、
自分ひとりの力で稼ぐ能力を身につける

 

 

大海原を永遠と流され続けるのでなく、出来るだけ早く自分だけの陸地を見つける事が重要です。

 

 

陸地に足さえ着けば、もう流されることはありません。

 

 

ここで言う陸地というのは、言うまでもなく信念の事です。

 

 

信念なんて簡単に言うけど、そんなの忙しくて考える暇もないよ』なんて言わずに、せっかくですので一度考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

重要なのは、
自分がどのように生きていきたいかで仕事を選ぶこと】です。

 

 

与えられた仕事を一生懸命頑張って自由になるのでなく、
自由になる可能性が圧倒的に高い仕事を先に選択するわけですね。

 

 

頑張るのはそれからです。

 

 

多くの人は与えられた仕事を一生懸命頑張って自由になると考えるからこそ、自分を見失うのです。

 

 

当時の自分もそれが分からず、20代で自分を見失いました。

 

 

もし、これからも親や学校や社会から教わった道を真面目に歩くとしたなら、立派な従業員というゴールへ自動的に行きつきます。

 

 

つまり30年も40年も働き続けなければならない現実に行きついてしまうという事ですね。

 

 

そもそも専門学校へ通ったり資格を取るという行為は、就職をより有利に進めるための一種のツールでしかないのですね。

 

 

ただ、確かに資格を取れば月に1〜2万円は給料がアップするかもしれません。

 

 

でも1〜2万円の給料アップのために1年も2年も費やすより、自分の力でお金を生み出す能力を短期間で学ぶ方が自由になる可能性は高まるのではないかと思うのです。

 

 

それに会社の歯車の1つとして、30年や40年近く我慢し続けた先にある現実が月5万円しか振込まれない年金暮らしなんて過酷すぎますし、何より悲しすぎます。

 

 

というよりも、僕たちはやりたい事を我慢せずもっと自由に生きてもいはずなのです。

 

 

これから先も囚人でいるか、自由になるかはやはりその人の考え方次第です。

 

 

せっかくですので、ここで考えてみたいと思います。

 

 

この資本主義社会を生きる手段は以下の2つです。

 

 

@会社のトップを儲けさせるために、自分の人生のすべてを会社に捧げるか?

 

A資産をコツコツ増やし、自分が働かなくとも収入が入ってくる暮らしを実現するか?

 

 

この2つの生き方ですね。

 

 

例えば生きてく手段が就職やバイトなら、収入が生活費を上回るよう時給や月給を頼りに自分の時間を切り売りする必要がありますね。

 

 

これは体力と気力が続く限り自分の時間を切り売りし続けなければ、即ゲームオーバーになるという事です。

 

 

その反面、経済的に豊かになる人は、資産からの収入が生活費を上回るライフスタイルを構築し自由になります。

 

 

独立してしばらくは1円も稼げない日が続きますがコツコツ頑張るうちに軌道に乗り、例えば時間を切り売りする人の年収を1日で稼ぐようになるわけですね。

 

 

つまり就職やバイトは毎朝バケツを持って井戸に出かける人、
自由になる人は自宅に水道を作る人とも言えますね。

 

 

『じゃあ、どうやってその水道を作ればいいんだ!?』という事ですが、今はインターネットがあるので自分が働かなくとも収入が入る仕組みは誰でも作れる時代です。

 

 

この時代に、そしてこの豊かな国に生きれてる事自体が恵まれてると考えると、また希望が湧いてきませんか?

 

 

少なくともヨソの国のように思想犯罪などで投獄されませんから、人生やった者勝ちですね。

 

 

 

PS.

 

 

究極を言えば、この世の中の常識や価値観などはすべて、誰かが作ったものです。

 

 

ネットであらゆる情報を仕入れられる時代だからこそ、何が正しいのか分からくて当たり前なのです。

 

 

もし今あなたが自分を見失ってるなら、今が自分を取り戻すチャンスです。

 

 

もう親や友人や恋人や教師や会社の上司や世論など、周りの期待に応えるために我慢しなくても大丈夫です。

 

 

あなたが間違ってるのじゃなく、ただあなたが敏感で繊細なだけです。

 

 

自分を取り戻したなら、あとは自分がどのように生きていきたいかを明確にすれば、遊びも仕事に出来る意味が理解出来るはずです。

 

 

仕事と遊び、両方とろうよ。

 

生きる喜びとは、

自分の楽しみと仕事をどうリンクさせるか。

 

もう、そのことに尽きると思うんです。

 

小説家/北方謙三

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

PPS.

 

 

最近は沖縄のカフェ巡りが楽しいです。

 

 

 

週末のカフェは激しく混むので引きこもり、出かけるのは平日に限ります。

 

 

コーヒーをすすりながら奥さんと思い出話したり、どうでもいい事で笑いながら時間を過ごします。

 

 

この店はオシャレに隙がないです。

 

野菜もしっかり摂取です↓

 

 

 

ビーフストロガノフ↓

 

 

 

女性が好きそうな見た目と味です↓

 

 

 

コーヒーによく合います↓

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報はもちろん追加プレゼントも随時配布予定ですので、良くお使いになるメールアドレスをご入力ください。ご不要なら1クリックで解除可能です。

TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材