【このままでいいのか?】と感じたら読むページ

【このままでいいのか?】と感じたら読むページ
 このエントリーをはてなブックマークに追加

【このままでいいのか?】と感じたら読むページ

 

仕事や人生,
本当にこのままでいいのか?

 

学歴も人脈もコネもなにももっておらず、しかも人生で1度も就職したことがない僕がサラリーマンの月収を1日で稼いだり、沖縄移住して家族で自由に暮らせるようになるまでをあなたへお伝えしたいと思います。

 

 

というのは、過去の僕も「自分の人生本当にこのままでいいのか?」と真剣に悩んでいたからです。

 

 

両親の会社が倒産して持ち家を差し押さえられたり、電気が止まり仏壇用のロウソクで夜を明かしたり、ガスがとまり真冬に冷たいシャワーを浴びたりと、そんな10代を過ごしたら誰だって「自分の人生このままじゃいけない!」と思いますよね?

 

 

そこで僕は下記のありきたりの人生をあきらめることにしたのでした。

 

 

昨日と同じように職場へ通勤し、
昨日と同じようなランチを食べる。
昨日と同じような時間に帰宅して、
昨日と同じような時間に寝る。

 

その不自由な暮らしを死ぬまで延々と繰りかえすだけ。

 

 

毎月決まった日に1か月をようやく食いつなげる程度の給料をもらい、
その給料の範囲内の人生をおくる。

 

気付けば周りと同じような人生を歩んでいる自分がいる。
そうして何者にもなれず死んでいく。

 

 

・・・そんな人生なら誰だって「このままでいいのか」と不安になるに決まっています。

 

 

昭和じゃあるまいし、
今どき「私は会社のために人生を捧げます!」などと本気で考えているひとはこの世にいるのでしょうか?

 

 

他人を金持ちにするために自分が死ぬまで働くという価値観が悪いとはいいませんが、
「いつか会社やめて自由になって人生をガラッと変えてやる!」と考える僕たちのほうが正常だと思うのです。

 

 

「このままでいいのか?」と悩み葛藤するあなたや当時の僕のほうがその他大勢のひとたちよりも、本人の人生を真剣に考えていると思うんです。

 

 

そもそもの話、会社に人生のすべてを捧げたとしてももらえる給料なんて、せいぜい1か月をようやく食いつなげる程度しかもらえないのが現実ですね。

 

 

そんな不自由な暮らしを強要され理不尽な収入でこきつかわれる毎日だからこそ、次のように悩んでしまうんです。

 

 

「自分の人生このままでいいのか?」、
「こんなはずじゃなかった」、
「人生を変えたい」
「自由になりたい!」

 

 

あなたがいま読んでいるこのブログの読者さんからも、
「このままでいいのか真剣に悩んでいる」といったメッセージが頻繁に僕のもとに届きます。

 

 

そこで僕は自分と同じ価値観をもったその仲間にこのようにお伝えしています。

 

 

「あなたが決めなきゃ他者に人生のすべてを決められてしまいます」、と。

 

 

住む場所は職場のそば、
時間は会社が徹底管理、
人間関係は職場のなかだけ、
給料は会社に決められる。

 

 

「そんな不自由な人生で本当に満足できるのですか?一度きりの貴重な人生なのに…」、と。

 

このままでいいのか?と悩むのは自分の人生を生きていないから

 

20代のころ、真冬の深夜に強い酒を飲みながらふと考えたことがありました。

 

 

「自分の人生は本当にこのままでいいのか?」、「自分の人生はこんなはずじゃなかった」と自分の人生を振りかえってみると、僕が自分の人生を生きていないことに気がつきました。

 

 

雇われていたら、一生不自由な人生を生きなければならない事実に気がつきました。

 

 

自分の人生は自分できめなければ他人にぜんぶ決められてしまうのだと考えたら、とてつもなく恐ろしくなりました。

 

 

そこで「不自由な人生なんてなんのために生まれてきたのかわからない!」と一念発起し、26才で生まれて初めて起業しました。

 

 

その結果はもうお話するまでもありませんが、パソコン1台で世界中どこでもお金を生みだせるという圧倒的自由な暮らしを獲得することができました。

 

 

職場のそばじゃなく世界中どこでも住むことが可能ですし、寝る時間も起きる時間も自由です。

 

 

気の合わないひとや生理的に受けつけないひととは一切付きあいませんし、月収や年収も自分の思うとおりにきめることが可能です。

 

 

そんな僕が自由になるまでにやったことといえば、今あなたが読んでいるこのブログやメールを書いただけ、です。

 

 

ここであなたにハッキリとお伝えしますが、「このままでいいのか?」と感じたタイミングが人生を変えるチャンスです。

 

 

もはやあなたはあなたの世界を信じ、あなただけの人生を生きればいいのです。

 

 

良い学校へいき、良い成績をとり、良い会社へ就職し、老後は年金暮らしといった国や会社や学校が用意してくれた道でなく、あなたが信じた道をゆけばいいのです。

 

 

もし他者に用意された道をいってしまえば、そのうち必ず不満やストレスがたまります。
なぜならその道が自分が本当に歩きたい道ではないからです。

 

このままでいいのか?と感じた時が動きだすタイミング

 

働きたくないなら働かなくていい仕事を選択する。
世界を飛びまわりたいなら自宅やカフェや海沿いや山でもできる仕事を選べばいい。
人間関係で傷ついたならしばらく人と関わらなくていい仕事でお金を稼げばいい。
大切なひとや家族を犠牲にしたくないなら犠牲にせず生きられる仕事を必死にさがせばいい。
今の収入で満足できないなら満足できるだけのお金が入ってくる仕事を探せばいい。
家と職場の往復で人生終わりたくないと感じた時が成功の第1歩。

 

 

「○○しなければならない!」とか「○○が正しい!」という世の中や周りからの価値観の押しつけにハッキリとNOを突き付けましょう。

 

 

「みんなそうしてるからそれが正しい」と思い込んでいる人たちからの不自由人生への誘いを断りましょう。

 

 

僕たちには自由に生きる権利があるのです。

 

 

他人に与えられた価値観の上を生きる必要は1ミリもない事実に気付きましょう。

 

 

僕たちが見ている世界はひとりひとり違うからこそ、人類65億通りの人生があってもいいと自信をもつことから始めていきましょう。

 

 

そこに勇気や感情はいりません。

 

 

自分がどのように生きていきたいかで仕事を選べば自由になれるのです。
自由になる可能性が高い仕事を選べばいいのです。

 

 

しかし残念ですが、サラリーマンやOLでは自由になるのが不可能です。

 

 

なぜならその世界は時給や月給の世界だからです。
あなたが働く会社の経営者に、あなたの収入の手綱が握られているからです。

 

 

要するに自分の収入を自分で決められない世界では自由が手にはいらないんですね。

 

 

社畜という枠を自分で突破したひとだけが本物の自由を手にすることができる、それがこの世のカラクリというわけなのです。

 

 

しかし僕たち一般人が自由になるための唯一の方法があります。

 

 

その方法というのが、国や会社に頼らず自由に生きるということ。
つまり自分で稼ぐ力を身につけるということです。

 

 

興味があれば下記も合わせてご覧いただければと思います。

 

自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー
今だけ無料&有料電子書籍無料プレゼント中。
※気にいらなければ1クリックで解除可能です。

 

 

PS.

 

ここで考えてみてください。

 

 

お金もちであろうが有名人であろうが、しょせんは僕らと同じ人間です。

 

 

自分を信じる気持ちが強ければ強いほど、理想の未来を手にする可能性は拡がります。

 

 

理想の未来と現実のギャップを埋めるのは「行動」です
行動したひとだけが理想の未来を手にすることができます。

 

 

僕たちが生きるこの世界とは、そういう仕組みでできているのです。

 

 

僕たちが手にするものは1度きりの貴重な人生を国や会社や他者に1ミリも干渉されない本物の自由です。

 

 

先ほどもあなたにお伝えしましたが、「このままでいいのか?」と不安を感じた瞬間が動きだすタイミングと言えます。

 

 

今日はせっかくですので、圧倒的自由な世界をちょっぴりのぞいてみるのもいいかもしれません。

 

国や会社に頼らず僕らは自由に生きていく
今だけ無料&有料電子書籍無料プレゼント中です。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。