節約するかもっと稼ぐかの決断

節約するかもっと稼ぐかの決断
 このエントリーをはてなブックマークに追加

節約するかもっと稼ぐかの決断

 

給料は下がり物価は上がる一方の日本

 

最近また物価が上がってきていますね。

 

僕たちの故郷はどんどん暮らしにくい国へと加速度的に進んでいるような気がします。

 

(税金も高いですしね・・・苦笑)

 

 

 

実際に生活さえもままならない人が量産されていますね。

 

 

マスコミはあえて取り上げませんが、ネットカフェ難民や路上生活者の若年化が進んでいます。

 

 

ここでちょっとした例を挙げます。

 

”蛙を煮立った湯の中に放りこむとすぐその熱さに耐えかねて飛び出すが、
入れ物に水を入れてそこからじわじわゆっくりと熱くしていくと、
蛙は温度の変化に気付かず飛び出すことなくやがて茹だって死んでしまう”

 

 

環境の変化に気付けない人たちは危険だというのがよく分かる例だと思います。

 

 

特に今の情報社会では無知こそ罪と言えるほどに、知識の無さは生活や将来に最悪な事態をもたらす事になる可能性があります。

 

 

ひと昔前は情報を得る手段はテレビに一極集中状態でしたから、その独占のメディアを使えば簡単に情報を操作する事が出来ました。

 

 

でも今はネットがあるのであらゆる場所から情報を探る事で、危機的な今の日本の状況に気付いて行動を起こす人が増えています。

 

 

当然ですよね。

 

給料が上がらない!

 

拘束時間が長い!

 

なんて悠長な事を言ってる場合じゃないですものね。

 

 

自分で稼ぐ能力を身につければ、危機も物価も景気も何も関係ないわけですからね。

 

 

それに国や会社が当てにならなければ、海外に移住したり隷属のような会社などやめてしまえばいいわけですしね。

 

 

実際にいくらかのお金さえ握りしめていれば例えば田舎や海外に移住してもなんとかなるはずです。

 

 

あるいは会社をやめたとしても自分の力で稼ぐ能力が身についていれば不安など皆無です。

 

 

守るか攻めるか

 

物価の上昇。

 

その影響で生活を見直さなければいけない状況に陥った時、多くの人は今の生活費を切り詰めようと考えます。

 

 

むしろ9割の人たちは財布の紐を締め始めると思います。

 

 

そしてこう言うのです。

 

景気が悪い!

 

給料あげろ!

 

国や会社が何とかしてくれないと困る!

 

 

友人の友人であるサラリーマンのRさんは、1か月のお小遣いが5000円だそうです。

 

単純計算でいくと20日出勤だとして、1日に250円しか使えないわけですよ。

 

 

250円では缶コーヒーと肉まんを買ったらそれで終わりです。
牛丼に卵を乗せる事にさえ、冷や汗が出る金額ですね。

 

 

また、まるまる31日で計算した時には1日に使える金額は160円です。

 

 

もはや中学生の方がお金を持っている事になりますね。

 

 

160円ではマックでSサイズのポテトですら買えないレベルです。

 

 

僕も10代の頃に親の会社が倒産して、仏壇用のロウソクと簡易型コンロで生活した時期があるので気持ちは分からないでもないです。

 

 

でも月に5000円のお小遣いでは気持ちが萎えてしまったり、将来に強い不安を抱えるのは当然だと思います。

 

 

すでに笑えない状況なのは分かっているのに、それでも多くの人たちは稼ぐよりも節約の感情が優先されるわけです。

 

 

今は辛くてもいつかきっと良い事があるよ

 

 

…僕の場合は、そのいつかはいくら待ってもやってこなかったので自分ひとりで稼ぐ決断をしました。

 

 

その決断を若いうちにするのか、ある程度ピンチになるまで放置するかは考え方次第ですが、4つの自由を手に入れてそれを謳歌できるのは、体力も気力も十分に備わった若い時期だというのは言うまでもないと思います。

 

 

 

PS.

 

 

節約や節税はとても大切な事なのですが、重要なのは支出を抑える(節約)だけではなくてさらに収入を増やすのが、お金をうまく回していくコツなのだと思います。

 

 

とてもシンプルで当たり前かもしれませんが、実際にはこれしか方法はありません。

 

 

 

 

PPS.

 

 

 

妻がボルダリングにチャレンジしてます。

 

 

 

 

娯楽施設のオープンイベントだったんですが、平日昼間でも人がわんさかいました。

 

 

 

 

『この傾斜が闘争心を煽る!』と妻が言ってました。

 

意味が分かりません。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。