このエントリーをはてなブックマークに追加 

幸せ恐怖症は一種の呪いなんです

 

幸せ恐怖症という呪い

 

 

朝起きてから何の義務もない毎日。

 

 

30代で就職もバイトもせず平日からフラフラするのにはもう慣れましたが、通勤やドデカい目覚まし時計や長時間拘束や会社という存在が人生から消えただけでも自分は幸せなのかもしれません。

 

 

でも数年まえまでは、何か嬉しい出来ごとが起こると幸せを感じると同時に、その幸せを失う恐怖に支配されていました。

 

 

幸せを噛みしめる時間よりも、幸せを失う恐怖におびえる比重が大きくなっていたのです。

 

 

たとえばこんなふうに↓

 

「この幸せはいつまで続くんだろう?」

 

「この幸せを失ってしまうんじゃないか?」

 

「自分はこんなに幸せでいいんだろうか?」

 

「幸せな自分が何だか申し訳ない」

 

「幸せすぎて怖いからたまには不幸も味わっておこう」

 

 

そして最終的にはこうです。

 

 

自分は親や友達や仕事仲間より幸せになっちゃダメなんじゃないか?

 

 

・・・なんとも窮屈な考えかたですね。

 

 

幸せだと感じたのなら、素直に受けとればいいのに。

 

 

実はこの、「幸せが怖い」という心理状態を幸せ恐怖症といいます。

 

幸せが怖いのは幸せを受けいれる方法を知らないだけ

 

幸せ恐怖症という、もはや呪いに近い心理状態の特徴が以下です。

 

 

  • 幸せになればなるほど不安が大きくなり、あわてて悪いことばかり探して安心する。
  •  

  • 幸せを感じることが出来ない原因が自分の心であることに気がついていない。
  •  

  • 親から認められたり、親と一緒に幸せを噛みしめた経験が乏しい(ほめられた経験が乏しいなど)
  •  

  • 自分は幸せになる資格がないと思い込んでいる。
  •  

  • 愚痴を言い合える友達がいて、その友達と傷をなめ合いスッキリする。

 

 

もしあなたがこれから社会に飛び込むまえの状態(10代か20代前半)なら、まだ周りの大人の影響が大きいはずですし、学校教育のすり込みが解けきってない状態がほとんどだと思います。

 

 

それゆえに、理想と現実のギャップを目のまえにして、心を上手にコントロールするのが困難な場合があります。

 

 

ですのでまずは「幸せを受けいれる方法がある」と胸に留めておきながら、社会に出て何だかおかしいと気付いた日にじっくりと、自分には幸せを受け取る権利があると自身を教育していくといいかもしれません。

 

(幸せを受けとる方法は後に解説しているのでひとまず読み進めてくださいね。)

 

 

ところが40代や50代、あるいは60代や70代でも、自分の頭で考えられないひとは幸せの正体に死ぬまで気付けないのです。

 

 

ですのでできるだけ早いうちに、自分の脳に幸せ受容体を作っておきたいところです。

 

 

・・・と、エラそうなことを言いながら自分もまだまだ不安に支配されることが度々あります。

 

 

感情というのは、本当にやっかいですね。

 

 

でも感情があるからこそワクワクを追求できるのかもしれません。

 

 

じゃあ幸せを受けいれる方法とはいったいなんなのか?

 

幸せが怖いのは幸せを失ったときを想像してしまうからにすぎない

 

ちなみに僕は収入を自動化しており、起きてから寝るまで何の義務もなく生活できています。

 

 

家族と24時間365日ずーっと一緒といったその幸せを、遠慮なく受けとることにしています。

 

 

ところがどういうわけか、いまの幸せを受けとると同時に、「幸せを失ったらどうしよう?」という不安がチラつくわけです。

 

 

この不安を手放すことこそ勇気がいるわけですが、いざ捨ててしまえば意外に心地いいものです。

 

 

たとえば腹ペコのあなたが焼肉ランチを目のまえにしたときをイメージしてください。

 

 

目のまえに幸せがあるのならば、『いただきます』と合唱して遠慮なく目のまえの焼肉ランチを楽しめばいいだけの話なんですよ。

 

 

実は幸せを遠慮なく受けとるというのは、ランチを食べるのと同じくらいに普通のことなのですね。

 

 

考えてもみてください。

 

 

ご飯を食べるという普通のことを、誰に遠慮する必要があるでしょうか?

 

 

せいぜいネチャネチャ食べないことくらいですよね?

 

 

幸せも同じです。

 

 

幸せというものをそのくらいシンプルで単純にとらえると、もっと気楽に生きていけるのかもしれません。

 

 

こんな世の中だからこそ、気楽に構えてないとそのうち疲れちゃいそうです。

 

 

周りの誰かに遠慮して、目のまえに用意されたチャンスや幸せを自分の手で破壊するなんて、もはやモッタイナイの極みですね。

 

 

幸せが怖いのが問題じゃなくて、
「幸せを失うかもしれない」と、まだ起こってもない出来ごとを想像してしまうことが問題なのです。

 

 

幸せは怖がらなくて大丈夫ですよ。

 

 

まだ目のまえに幸せがあるわけですし、まだ幸せを失ったわけではないんですから。

 

心配いらない。

不安なだけでは、人は死なない。
ごとうやすゆき

 

 

~あとがき~

 

 

ここ沖縄の日中は強烈な陽射しのおかげでまともに歩けたものではありません。

 

 

5分も歩けば汗だくになり、陽射しと南国特有の湿気で一気に消耗します。

 

 

でも夕暮れ時になると涼しくなり、体も気持ちも活動的になります。

 

 

海辺で夕陽を眺めるオジサンや、引き締まった体の外国人カップル、幸せそうな家族連れがポツリポツリと外出しはじめています。

 

 

それに便乗して僕も散歩に出かけるわけですが、海を独り占めできる散歩道を発見しました↓

 

 

この一本道が海沿いを1キロほど伸びています。

 

 

綺麗に整備されてるのに人がおらず貸切状態↓

 

軽く汗ばむくらいが健康的でいいです。

 

 

 

 

一本道を抜けると瞑想スポットを発見しました↓

 

 

 

右を見ても・・・↓

 

 

 

左を見ても誰も居ません↓

 

 

 

ひとまず適当な石に腰かけて、1時間ほどボーっとします↓

 

 

 

太陽と青空と海と波風、それに緑。

 

 

もうすべてが心地いいです。

 

 

ひとまずやることが100個出来たので、ぜんぶ味わおうと思います↓

 

 

 

以下もあわせてどうぞ↓

 

自分で稼ぐ力が10日で身につく無料メールセミナー
13790円相当の電子書籍がいますぐ無料で読めます。

 

※いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めに。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る