このページの先頭へ

奨学金で借金地獄に陥った話

 このエントリーをはてなブックマークに追加

奨学金で借金地獄に陥った話

 

飲食店を経営してる頃、いつものように出勤してきたバイトの子達がこのような事を話していました。

 

 

『奨学金600万返さなきゃなんだよね。あ、でもこないだ軽の新車150万で買ったから750万返さなきゃだ!』

 

 

彼女は大学を卒業して1度就職したものの半年で辞めてフリーターになりました。
そこで僕の店に働きに来たわけです。

 

 

彼女は高校を卒業して東京のわりと良い大学に入るという、ごく一般的なレールを辿ってきたようです。
でもお金の知識を学ばなかったせいで、23才の若さですでに750万の借金を背負うはめになったのですね。

 

 

つまり彼女はこれから先10年以上かけてコツコツ借金を返す義務を流れるままに選択させられたわけです。

 

 

社会に出た瞬間から借金地獄。
恐ろしい現実です。

 

 

奨学金で借金を背負ったその現実を、笑いながら話していた彼女が少し心配になりました。

 

 

でもこのようなレールを辿る人は少なくないと思います。

 

 

良い高校に入ったり良い大学に入ったとしてもそこで学んだ知識を活かす仕事に就かなければ、それまで歩んできた道や使ったお金が意味のないモノと化してしまいます。

 

 

自分がこの先どのように生きていきたいかを出来るだけ早い段階で明確にしておかないと、ただ流れるままに人生が進行して気付けば身動きできない状態に陥るのは良くある話です。

 

 

これは20代でも30代でも40代でも言える事ですね。
自分の未来を他人にすべて任せるのは危険でしかないので注意しておきたい所です。

 

 

それに日本は一度就職のチャンスを逃すと社会復帰がなかなか難しいシステムです。
だからこそやりたくもない仕事をやらざるを得ない現実に苦しむ人が多いのかも知れません。

 

 

その意味では出来るだけ若い内に自分の力でお金を稼ぐ能力を身に付けて置いた方が安全ですね。
人間関係で悩んだり仕事自体が楽しくなくて、もし仕事を辞めても自分の力でお金が稼げれば何の不安もなく生きていきますものね。

 

 

というより雇われてると自由な時間なんてほんのわずかしか確保出来ないわけですし、給料なんて1ヶ月をようやく食い繋げる程度しか貰えないわけですからぜんぶ捨てて自由になりたいと考えるのは当然の事です。

 

 

繰り返す退屈な毎日から抜け出して、自分のやりたい事をやりたいだけやった方が楽しいに決まっています。

 

 

考えてもみて下さい。

 

 

先ほどの彼女が社会に出た瞬間に背負った750万の借金。
750万あればわりと何でも出来ます。

 

 

例えば田舎に行けばわりと広くて綺麗な一戸建てを一括で買う事も出来ます。
それを誰かに貸せば家賃収入も得られますね。

 

 

他にも雑貨屋さんやバーや居酒屋なんかの自分の好きなジャンルの店も750万もあれば充分開けます。

 

 

アフィリエイトビジネスなら2〜3万あれば始められて、残りのお金を結果が出るまでの生活費として回せます。
アフィリエイトブログがネット上の資産として毎月ポケットにお金を入れてくれるわけですから、お金の不安も消えますね。

 

 

すでに奨学金で借金を背負った状態ならもう返すしか方法がありませんから、10年も20年もその借金に人生のすべてを縛られるより出来るだけ早くスッキリした方が楽です。

 

 

10年も20年もかけてコツコツ返すよりも、1〜2年で返す手段を選択した方が賢いのかもしれません。

 

 

普通なら10年や20年かかる奨学金の返済を1〜2年ですべて終わらすには、毎月決まった給料ではどんな見方をしても困難ですね。
だとすれば自分でビジネスを始めてさっさと楽になる方が賢い選択ではないかと思います。

 

 

今は世界中の人たちと手のひらで一瞬で繋がれるインターネットがあるわけですし、目の前のパソコンを使えばお金を生み出すのはそう難しい事ではありません。

 

 

少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは結果はともあれ手をつけてみよう。

 

幸福の芽はそこから芽生え始める。

 

本田 宗一郎

 

 

PS.

 

 

作業がはかどるように作業環境を参考にさせて欲しいといったメッセージをたまに頂くので、載せておきます。

 

 

非常にシンプルです↓

 

 

 

最近新しいパソコンをネットで買いました。
オーダーメイドPCなので届くのが楽しみです。

 

 

ちなみに僕がメインで使ってるマシンはVAIOです。
デザイン重視のパソコン持ってカフェでドヤ顔なんて恥ずかしいので、あくまでも機能性を重視してパソコンは選んでます。

 

 

カッコつけるのが目的ではないので。

 

 

たまにこれに乗って心拍数上げて脳に酸素を送り込みます↓

 

 

 

娘に思い切りオレンジジュースをかけられたパソコンなのに元気に動いてます。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加



13790円無料

期間限定プレゼント


TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材