このページの先頭へ

【台湾人は親日】家族で台湾旅行中の感動エピソード

 このエントリーをはてなブックマークに追加


【台湾人は親日】家族で台湾旅行中の感動エピソード

 

先日、子供を連れて
家族で台湾旅行に行ってきました。

 

 

千と千尋の神隠しの舞台にもなった九分や
パワーストーンやジュエリーなどのお土産品が並ぶ玉市、
台湾グルメが味わえる夜市屋台など観光を楽しみました。

 

 

時期的には6月で
台湾は泳いでるかのような湿気と熱気、
そして活気に溢れていました。

 

 

その観光の途中、
休憩のために入ったコンビニで
その出来事は起こったのです。

 

 

台湾人のおばあちゃんから声をかけられる

 

 

コンビニでひと通り飲み物やおやつを選びレジ待ちしていると、
会計を済ませた台湾人のおばあちゃんに僕たちは声をかけられました。

 

 

台湾おばあちゃん
『あなた達は日本人?私も日本人です。』

 

自分達
『え??』

 

 

日本語を流暢に話してくださる台湾人のおばあちゃんは、
生まれも育ちも台湾のはずなのに自分の事を日本人だと言うのです。

 

 

でも台湾と日本の歴史を知るご年配の方たちの事を多少は知っていたので、
僕はその言葉を聞いて台湾の方達が本当に親日なのだと思い知らされました。

 

 

台湾おばあちゃん
『私たち台湾人は日本人に感謝しています。私たちは日本人が大好きです。』

 

 

最近日本は隣国から反日感情を剥き出しにされ、
非難され続けていると報道されています。

 

 

それには被害者ビジネスが
絡んでいるとの声もありますね。

 

 

被害者ビジネスというのは、
賠償金を払え、反省しろなどと
何度も日本に対して繰り返し主張する事で
お金が儲かるという考え方ですね。

 

 

しかも最近は歴史が捻じ曲げられ、
根拠と証拠のない嘘まで隣国は主張するようになっているようです。

 

 

でもこれは隣国の一般人の方達が悪いのではなくて、
反日教育を行った指導者に問題があると言えるのかもしれません。

 

 

幼い内は大人のいう事が絶対的に正しいと考えるわけですから、
国をあげて行われる反日教育を子供たちは拒否する事無く
素直に受け入れるしか選択肢がないのですから当然ですね。

 

 

そんな中での台湾の親日感情に実際に
触れてみて涙が出そうでした。

 

 

台湾おばあちゃん
『私たち台湾人は日本人に感謝しています。私たちは日本人が大好きです。』

 

 

3.11の東北大震災で日本は
窮地に追いやられました。

 

 

その際、台湾はどの国よりも早く、
しかも巨額の義援金を日本に送って下さいました。

 

 

その額、
200億円超。

 

 

アメリカと同じか、あるいは
それ以上の巨額の支援を台湾の方達から頂いたのです。

 

 

当時は政権交代後の影響からか、
日本のメディアはそれを一切取り上げる事はありませんでした。

 

 

つまり日本人の大半は、
台湾人のその温かい支援を知らなかったのですね。

 

 

それでもネットでは多くの日本人(個人)が
台湾人に対して感謝の気持ちを伝えるようになり、
そこからこの事実が発覚しました。

 

 

偽善者ぶるつもりはさらさらありませんが、
僕も1人の日本人として台湾おばあちゃんに
感謝の気持ちを伝える事にしたのです。

 

 

自分
『東北大震災の時は本当にありがとうございました。私たち日本人は台湾の方たちに感謝しています。本当にありがとうございました』

 

 

台湾おばあちゃんに尊敬と敬意を含めてそのように伝えました。

 

 

僕のようなただの個人が発する感謝の言葉が、
おばあちゃんを通して多くの人達に届くのかは分かりません。

 

 

でもその台湾おばあちゃんと僕の中には、
何かしらの友好的な感情が芽生えたのは間違いないと思います。

 

 

1人と1人の人間の間に芽生えた温かい気持ち。

 

 

旅の途中にただコンビニですれ違っただけの関係かもしれませんし、
もしかすると僕はもう2度とその台湾おばあちゃんに
逢う事が出来ないかもしれません。

 

 

それでも国の関係を超えて、
人間らしい温かい関係が僕たちの間に生まれた事は
間違いのない事実なのかもしれません。

 

 

僕は日本人として、
台湾の方たちの事をもっと好きになりました。

 

 

僕は台湾人が大好きです。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 


13790円無料

期間限定プレゼント


TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材