ネットで稼ぐ男がThinkPadX1Carbonレビュー

ネットで稼ぐ男がThinkPadX1Carbonレビュー
 このエントリーをはてなブックマークに追加
≫南国リゾート移住して週4時間だけ働く人生!今より自由でハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ThinkPadX1Carbon買ってみました

 

よく、「アフィリエイトビジネスではどんなパソコンを選べばいいですか?」といった質問を頂きますので、簡単にお答えします。

 

 

結論からいうと、初心者なら今から2~3年以内のもので、5~8万円程度のPCで十分です。

 

 

稼げるようになったらいくらでも高価なパソコンは買えますから、とにかく商売を始めることをおすすめします。

 

 

ちなみにカフェや旅行先など、個人的にわりと移動しながら仕事をすることが多いので、防水防塵や堅牢性を優先してパソコンを選んでいます。

 

 

それにノマドする際はマウスなど邪魔でしかありませんから、トラックポイントも必須です。

 

 

要は、おおざっぱにあつかっても壊れないパソコンが、精神衛生上ラクなんですね。

 

 

そもそも、デザイン重視の薄いパソコンをもってオシャレなカフェでカッコつけるのが目的ではありませんから、パソコンに関しては機能性を重視しています。

 

 

そんなワークスタイルだと、必然的にレノボのシンクパッドにたどり着きます。

 

 

沖縄は強烈な陽ざしやまつわりつく湿気など、わりと過酷な環境ですから、落としただけで壊れるような貧弱なパソコンなど使ってられません。

 

20万円以上のパソコンていったいどんな性能?

 

 

 

フラりと海外旅行にいけるような値段ですが、作業中にストレスを1ミリも感じたくないものですから、やはりスペックにはこだわりたいところでした。

 

 

職業柄、コンテンツ作成のために10日ほどで30万文字ちかく文章を書くことがあります。

 

 

故に、キーボードの打ちごこちはモチベーションに関わるんですよ。

 

 

ちなみに30万文字というのは、400字詰め原稿用紙で、だいたい750枚くらいですね。

 

 

 

画像を見てもらうと分かりますが、ボタンひとつひとつが湾曲しています。

 

 

ThinkPadシリーズはキーボードが打ちやすいと評判ですが、確かに打ちやすく疲れにくいと感じます。

 

 

まんなかの赤いポッチがトラックポイントなのですが、これに慣れると逆にマウス操作がストレスになります。

 

 

レノボサイトにある、「もうマウスは要りません」というキャッチフレーズもまた好きです。

 

 

セールスコピーライターなど、文章ひとつで1日に数百万単位を稼ぐのが目的なら、ThinkPadのキーボードは頼もしい相棒になるかと思います。

 

 

こんな感じで届きます↓

 

 

箱をあけるとさらにこう↓

 

 

かなり薄く、非常に軽いです↓

 

 

これまでThinkPad X250を使っていましたが、ThinkPad X1 Carbonはシンクパッドシリーズの最上位版のようです。

 

 

どうやら僕は、知らず知らずのうちにレノボに教育され、いつの間にかレノボファンに仕立てあげられていたようです 笑。

 

 

 

いくらハイスペックマシンを買ったところで稼ぐのは自分次第ですから、これからも脳みそへの自己投資は怠りたくないものです。

 

 

成長をやめると人生が退屈になるので、つねに成長するための努力はしておきたいですね。

 

購入したThinkPad X1 Carbonのスペック

 

ネットビジネス(アフィリエイト)で稼げない時期は、起動までに20分かかるような性能が悪いパソコンを使っていました。

 

 

でもパソコン1台でお金を稼ぐなら、いずれは性能の良いパソコンを使うに越したことはありません。

 

 

ただ先ほどもお伝えしたように、稼げるようになったらいくらでも高価なパソコンを買えます。

 

 

ですので今はセールスやマーケティングやブランディングやSEO集客など、ビジネスの本質を深く学んでおきながら、着々とステップアップしていくと良いかもしれません。

 

 

ちなみに僕が購入したパソコンのスペックは以下です。

 

 

● インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー (2.70GHz, 4MB)
● Windows 10 Home 64bit - 日本語版
● Microsoft Office Home & Business Premium - 日本語
● 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS 300nit 光沢なし)
● メモリ16GB LPDDR3 1866MHz (オンボード)
● インテル® HD グラフィックス 620
● ブラック
● 日本語キーボード (バックライト、指紋センサー) ブラック
● 指紋センサーあり
● TPMあり(ハードウェアチップ搭載)
● カメラ(HD 720p対応)あり、マイクロフォンあり
● TPMあり
● 512GB ソリッドステートドライブ PCIe-NVMe (OPAL対応)
● ThinkPadクリックパッド
● 3セル リチウムイオンバッテリー (57Wh)
● 65W ACアダプター(USB Type-C)
● インテル Dual Band Wireless-AC 8265(2x2) Bluetooth 4.1
● WLANアンテナ
● 14.0型FHD液晶 (1920x1080 IPS 300nit 光沢なし) 720pカメラ付、マイクロフォンあり ブラック
● リテールパッケージ
● RJ45拡張コネクター

 

 

・・・わけがわかりません。

 

 

ネットビジネスをやっているのにパソコンにはいまだに詳しくないので、ひとまずフルチューンにカスタムしてみました。

 

 

とくにSSD(ソリッドステートドライブ)の静けさと速さに慣れてしまうと、もはやHDD(ハードディスクドライブ)には戻れなさそうです。

 

 

アフィリリンクはあえて貼りません。
「レノボ」で検索すれば公式サイトがズラリと表示されると思います。

 

 

PS,

 

レノボシンクパッド(ThinkPad X1 Carbon)を検討するなら、米沢生産がおすすめです。

 

 

そうでなければ中国生産のものが届きます。

 

 

ちなみにレノボでの注文から納品までの期間ですが、たったの7日ほどで届きました。

 

 

今さらですが、ブログとメルマガで月に100万円程度を稼ぐなら、こんなにハイスペックなPCは不要かと思います。

 

 

故に、1ミリもストレスなく作業を行いたいなら、導入を検討するのが良いかと思います。

 

 

PPS.

 

 

最近は20代や30代という若さなのに、ネットで稼いで自由に生きる人たちが増えています。

 

 

とても良いことですし、時代はめちゃくちゃなスピードで進んでいます。

 

 

そもそもの話、やりたくもない仕事をやり続けなければならないなんて、それこそ自分に対しての精神的虐待と言えます。

 

 

職場に監禁してやりたくない事をムリヤリやらせると犯罪ですが、やりたくない事を自発的にやらせるのは犯罪でないというのはおかしな話ですね。

 

 

そのように、ななめ上から世の中を眺めてみると、力をもつ者がもたざる者をいかに動かそうとしているかが透けて見えます。

 

 

たしかに何らかの集団(会社など)に属していると精神的な安心が得られるかもしれません。

 

 

でも実は、やりたくない事を続けるということは、自分を精神的にイジメていると考えることもできます。

 

 

やりたくもないことを延々とやり続けるなんて、生活自体がストレスになるに決まっています。

 

 

本来ならやりたいことだけをやって自由に暮らしたいですよね?

 

 

実はそれが人間として自然なんです。

 

 

でも大好きなことや、やりたいことだけをやって自由に暮らすのはそう難しいことではありません。

 

 

国や会社に頼らず自由に生きるためには、自分で稼ぐスキルを身につければそれでいいわけです。

 

 

現代はパソコンとネット環境さえあれば、指さきひとつでお金を生める時代です。

 

 

考えかたはひとそれぞれあって当たりまえですが、人生の選択肢は1つでも多くもっておいたほうが、必要以上に悩まなくてすむのかもしれません。

 

 

「柔よく剛を制す」という言葉がありますが、これからの劇的な時代の変化、その波を柔軟に乗りこなせないひとは、今後さらに苦労するかもしれません。

 

 

ムダにプライドが高く頑固で頭でっかちな老人にだけは、お互いになりたくないものですね。

 

 

自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー
無料ですのでお気軽にどうぞ。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。