このページの先頭へ

運命と宿命

 このエントリーをはてなブックマークに追加

運命と宿命

 

宿命=変えられない

 

運命=いくらでも変えられる

 

 

【運命は変えられない】

 

【生まれたときからすでに運命は決まっている】

 

【どれだけ頑張っても結局なるようにしかならない】

 

 

このように考えると途端に人生が退屈になりますし、泣いて過ごしても笑って過ごしても平等に時間は過ぎるわけですから、どうせなら笑って過ごした方がお得ですね。

 

 

あなたの気持ちがなるべく前へ傾くように、今日は運命と宿命についての考え方や捉え方について提案したいと思います。

 

 

運命と宿命の違いとは!?

 

 

結論から言うと、宿命はどうあがいても変えられませんが、運命はいくらでも変えられるという事。

 

 

ひとまず今はそう胸に留めておいてください。

 

 

まず宿命についてですが、この宿命とやらはどれほど頑張っても変えることが不可能です。

 

 

例えば子供が親を選べなかったり、お金持ちの家か貧乏な家かを選んでこの世に生まれおちるなんて、そもそもが無理ですよね?

 

 

気付けばその土地のその家系に生まれていて、親がいたり兄弟がいたり居なかったり。

 

 

他にも見た目や骨格や身長などの容姿もそうですね。

 

 

知的生命体として生きるからには、出来る事なら綺麗な見た目で生まれたいものです 笑。

 

 

ただ、今はメイクや整形なんかで見た目はいくらでも改造できるわけですが、そもそもデフォルトの容姿が存在する意味では、見た目も宿命のうちに入りそうです。

 

 

このように、自分の力でコントロール出来ないものが宿命です。

 

 

ちなみに僕は宿命を、ホールケーキのスポンジ部分と捉えています。

 

(宿命=スポンジの考え方は10代の頃読んだ本の影響です)

 

 

これはどちらかと言えば、スピリチュアル的な考え方かもしれません。

 

 

ですので宿命とはつまり、運命を支える土台ですね。

 

 

この視点で運命を考えてみると、運命とはホールケーキのデコレーション部分という事になります。

 

 

ここまで読んでくださったあなたなら、もうお分かりですね?

 

 

スポンジという宿命が初めから用意されているなら、あとは好きに運命をデザインすれば良いわけです。

 

 

チョコやイチゴを乗せたり、フルーツでもロウソクでも何でも好きに飾ればいいのです。

 

 

このように宿命(スポンジ)は変えられないが、運命(デコレーション)はいくらでも変えられるわけです。

 

 

しかし不思議なことに、世の中のほとんどの人たちは周りの人とまったく同じデコレーションケーキを作ろうと努力しています。

 

 

たった一度の貴重な人生なのに、周りのみんなとまったく同じ作品を作ろうとするのです。

 

 

それこそが、

 

学校で良い成績取って

 

良い学校に行って

 

良い会社に就職して

 

老後は年金暮らし。

 

 

これはむかしにどこかの誰かが作った、ただの人生のマニュアルです。

 

 

要は見本となるホールケーキですね。

 

 

この見本(価値観)は僕たちが幼少期のうちに、親や学校や社会から自動的に、しかも徹底的に植え付けられます。

 

 

自分で気が付かない限りはこの見本通りに運命を飾り付けるしか、僕たちは方法を知らされないわけですね。

 

 

その結果、その誰かが作った人生の模範とやらの、その通りに生きなきゃ不安なわけです。

 

 

だからこそ毎日忙しくしてなきゃ何だか落ち着かないという、わけのわからない強迫観念に苦しむのかもしれません。

 

 

例えば休日を丸1日ダラダラ過ごせば、何もしてない罪悪感に襲われたり、とにかく何かしてないとソワソワするようなおかしな精神状態に陥るのです。

 

 

何もしない贅沢という考え方でもいいはずなのに。

 

 

運命と宿命の正体を理解したなら、後はもう簡単です。

 

 

変えられない事に一喜一憂するよりも、人生を変えられる仕事を自分の意志で選択し未来を変えていくだけです。

 

 

運命はいくらでも変えていけると本気で信じると、ワクワクや胸の奥のアツいものがこみ上げてくるような、そんな感覚を体験できるはずです。

 

 

それは人生をマルっと変えるための原動力になります。

 

 

そもそも人は結局、ワクワクや楽しいことしかやりたくないのです。

 

 

考えてみてください。

 

 

子供の頃はワクワクや楽しいことしかやりたくなかったはずです。

 

 

本来ならそれが自然なのに、年齢を重ねるたびに頭は凝り固まって、どんどん不自然になっていく。

 

 

いつからかやりたくない事ばかりに日常を取り囲まれていて、やりたい事さえ思い出せない。

 

 

毎日毎日、死ぬほど我慢して一生懸命頑張ってるのにどんどん不自由になるなんて、そんなの理不尽すぎます。

 

 

重要なのは、思い出すということ。

 

 

成長というのは得るものじゃなくて、思い出すことなのかもしれません。

 

 

それに傷付かないように大事に大事にバランスを取ろうとすると、余計に不自然になります。

 

 

石橋も叩いてばかりではそのうち崩壊します。

 

 

もうどんな飾り付けでも運命は運命ですから、最後に笑って食べればそれで大丈夫です。

 

 

みんなと同じマニュアル通りの運命を1ミリも狂い無く作るよりも、自分なりの飾り付けで好きなように運命をデザインした方がワクワクしますね。

 

 

日本の人口が1億人なら、1億通りの運命があって当たり前です。

 

 

それが個性ですものね。

 

 

自分らしくあれ。

 

ほかの人の席はすでに埋まっているのだから。

 

オスカー・ワイルド (詩人・劇作家)

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報はもちろん追加プレゼントも随時配布予定ですので、良くお使いになるメールアドレスをご入力ください。ご不要なら1クリックで解除可能です。

TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材