根拠のない自信!ビジネスで重要なマインド

根拠のない自信!ビジネスで重要なマインド
 このエントリーをはてなブックマークに追加

根拠のない自信

 

根拠のない自信からすべてが始まる

 

 

なにか新しいことにチャレンジするときに、ほとんどの人は下記のように考えるようです。

 

 

「もっと自分に自信をつけてからチャレンジしよう!」

 

 

自分には今どれだけ実力があるのか?ですとか、これならイケると確信できるまで多くのひとは大胆な行動に移せないようなのです。

 

 

たとえば脱サラ起業を考えると分かりやすいかと思います。

 

 

「まだまだ自信がないから独立は早いかも?」
「失敗しないと自信がもてるまでは独立しない」
「自信がつくまでは修行の身でいよう」

 

 

このように自信にムリヤリ根拠をはめこもうとして、せっかく目のまえにやってきたチャンスを逃してしまうのは実はもったいないことなのかもしれません。

 

 

多くのひとたちがいつまでも社会の歯車から抜けだせないのは、もしかすると僕たち日本人が失敗は悪という具合に親や学校や社会から教育されてきたからなのかもしれません。

 

 

「頑張って実力をつけてしっかり自信をつけてから動きだしましょう!」という考え方は、技術の進化スピードがすさまじい現代では取り残されてしまう可能性が高いです。

 

 

しっかりと準備している間にブームが去ってしまったり、準備しているあいだに時代が変わっていたなんて悲しすぎます。

 

 

その意味でも自分に自信がついてから動きだすという考え方は現代にマッチした考え方ではありません。

 

 

せっかく冴えない人生をガラリと変えるチャンスがやってきたというのに、自信に根拠を探すことに必死でチャンスを逃すなんてもったいないと思いませんか?

 

 

でも世の中には実はそのような方が多いわけです。

 

 

そこでこのめちゃくちゃなスピードで進化する時代と相性の良い方法が、根拠のない自信をもってとにかくやってみるという方法です。

 

 

ピンときた情報やチャンスにはすぐに飛びつきとにかくやってみる、やっていくうちに自信をつけていく。

 

 

このマインドが現代でもっとも成功に近い考え方なのかもしれません。

 

 

「根拠のない自信ってただのバカじゃないの?」と思われたかもしれませんが、確かに根拠のない自信で突っ走れなんていわれてもただ計画性がない人間と思われそうです。

 

 

しっかりと準備して自信をつけてから新しいことにチャレンジするという考え方は、高度成長期の古い時代までは理にかなっていたはずなのです。

 

 

ところが現代は自信に根拠を探しているヒマなどないのです。

 

 

ほんの10年ちょっと前には現代のように手のひらで映画を見たりゲームしたり、スマホやIPHONEで何もかもが手に入るような時代ではありませんでした。

 

 

しかしほんの10年ほどで時代がガラリと変化していまいました。

 

 

そんなハイスピードな時代だからこそ根拠のない自信が成功のカギとなるのです。

 

 

チャレンジすると決めたなら走りながら戦略をねり、走りながら実験し、走りながら自信をつけていかなければチャンスは一瞬で過ぎ去ってしまう時代なのですね。

 

 

根拠のない自信でひとまず走り出してみる、興味のあることには手を出して確かめてみることが重要なのです。

 

 

月に100万円くらいなら指先ひとつで稼げる時代ですから、空からお金が降ってくるのをジッとまっているよりもどんどん行動するのは賢い選択だとおもいます。

 

 

最初にあったのは夢と、そして根拠のない自信だけ。
そこからすべてがはじまった。
ソフトバンクグループ創立者 孫正義

 

 

住む場所の自由
時間の自由
人間関係の自由
経済的自由

 

 

これら4つの自由を手に入れるためのセミナーを無料で開催しています。

 

 

自分で稼ぐスキルが10日で身につくメールセミナー
※今だけ無料、特典付きです。

 

 

PS.

 

 

最近アフィリエイトビジネスを始めて4か月目の読者さんからメッセージを頂いたので、そのご質問について深めてみたいと思います。

 

 

内容としては4か月間報酬が一向にあがらない状態なので自信を失ってきた。

 

 

要は自信をもつことができずに文章が書けなくなってきたという内容です。

 

 

その自信のなさが文章に載ってしまっているというわけですね。

 

 

でも解決はものすごく簡単だと思います。

 

 

自信に根拠を探すとますます自信を失っていくので、根拠のない自信を持てばいいということです。

 

 

さきほどもお伝えしたように、めちゃくちゃなスピードで時代が変化する今は根拠のない自信でとにかく何でもやってみるという考えかたは理に適っているんですね。

 

 

たとえばよくあるのが、『始めは誰でも素人だから自信なんて持てなくて当たりまえ』のような意見ですね。

 

 

確かにこのようにアドバイスされると、『自信なんか持たなくてもいいんだ!』となんとなく安心してしまいますね。

 

 

でもこれでは具体的にどうすればいいのかが分かりませんし、自信が持てるようになるまで指をくわえてボーっと待っているしかありません。
(自信が持てるようになるまで必死に頑張るという方法もありますが)

 

 

でもアフィリエイトビジネスを行っているのなら、自信のない文章を書くというのは別に買ってくれなくてもいいよと言っているのと同じことですね。

 

「アフィリエイト始めたばかりの初心者ですが、私の商品をどうか買ってください」などと言われても誰も振り向いてくれないのです。

 

 

現代はモノが売れない時代ですから「この商品をどうか買ってください」でなく、「その商品をどうか売ってください」と言わさなければ月に100万円以上稼ぐことは難しいです。

 

 

購入意欲のあるお客さんは誰かに強烈に背中を押してもらいたいのと、その購入が正しい行為だと自分を正当化してほしいからこそその商品の情報をネットで探しているのですからね。

 

 

あなたがただの消費者でなく商品を売る側(紹介する側)なら、自信たっぷりに背中を押してあげればいいのです。

 

 

ほとんどの消費者は自信たっぷりな人から商品を買いたいと考えていますから、「私はビジネス初心者だから・・・」なんて自信なさげに振る舞うのでなく大好きな商品は自信たっぷりに紹介すればいいのです。

 

 

根拠のない自信については脳科学者はこのように語っています。

 

 

根拠のない自信を持つひとは、他人に対しても根拠を求めない。
それが、自由な空気を醸成するのだ。
茂木健一郎

 

 

ネットの世界ではそのひとの雰囲気や声や振る舞いなんて分からないわけですから、情報発信者ならとくに自分の主張や世界観を伝えていかなければその他大勢に埋もれてしまいます。

 

 

ですので、先ほどもお話ししましたが始めは誰でも素人だから自信なんて持てなくて当たり前という考え方もいいのですが、もはや始めから自信について根拠を探すのは意味がない作業なのかもしれません。

 

 

たとえば現時点であなたに実績がなかったとしてもそれが自信を持てない根拠だとは考えずに、自信がないと1ミリも感じさせないくらいに自信たっぷりの言葉で振舞うことで初めて購入意欲のあるお客さんの心を動かせるのだと思います。

 

 

その根拠のない自信でビジネスをおこなった結果、お客さんの背中を押すことができたのならそこで初めて自信が確信に変わる1つの根拠ができますね。

 

 

1つ1つ仕事をこなすことでコツコツと自信をつけていくのでは、目標を達成するのに時間がかかり過ぎます。

 

 

最短で突き抜けるのなら始めから根拠のない自信を持ってビジネスに打ち込んだ方が結果や反応を得るのがなにかと早いです。

 

 

ビジネスで思うように結果が出ない原因は、そもそも考え方の順番が逆なのかもしれません。

 

 

自信を付けていくには根拠というのは邪魔でしかないのかもしれませんね。

 

 

根拠のない自信を武器に精神的にも経済的にも自立するためのノウハウをちょっぴりのぞいてみるのもいいとおもいます。

 

 

国や会社に頼らず僕らは自由に生きていく
今だけ無料、特典付きです。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。