自分で稼ぐ力があれば人生から義務が消える

自分で稼ぐ

 

めちゃくちゃに当たりまえの話ですが、国や会社に頼らず自由に生きていくには、自分で稼ぐ力を身につける必要があります。

 

 

自分の力でお金を稼ぐスキルを身につければ、なににも縛られずに自由に生きることができるのです。

 

 

ところが国や会社は、国民すべてが自分の力で稼ぐようになると、’’お金を生む仕組み’’がうまく機能しなくなります。

 

 

そこで、学校教育や社員教育や研修といった行為で、以下のような思想や価値観を僕らに植えつけます。

 

◆よい成績をとりよい会社に就職すれば成功者だよ。

 

◆個性的な人間になったらダメだよ。

 

◆みんなとおなじ道に行けば安心だよ。

 

◆学校卒業して40年以上働くのは当たりまえだよ。

 

◆自分で稼ぐ力?そんなのムリムリ。

 

◆生活できるだけの給料貰えるんだからありがたいと思わなきゃ。

 

◆お金は1部の限られた人しか手にはいらないんだよ。

 

◆自分がやりたいことをやりたい?世の中そんなに甘くないよ

 

◆人生は変えられないものなんだよ。

 

◆朝から晩まで汗水たらして働くのが人生だよ。

 

◆会社に尽くせ!資格をとれ!めざせ月収アップだ!

 

◆老後は国や会社が面倒みてくれると期待しよう。

 

ハッキリと言いますが、これらはすべて大ウソです。

 

というよりも、これらはすべて、社会の罠なのです。

 

 

【危険】収入の柱が給料1本だけ×自分で稼ぐ◎

 

実は、学校や国や会社とは非常にやっかいな存在です。

 

 

なぜなら、大勢のひとびとから搾取するための洗脳教育を、まだ分別のつかない幼い子供たちや20才を超えた大人たちにほどこすからです。

 

 

とはいえ、人間は、「死ぬまで働くのが人生」という価値観を心の根っこに徹底的に植えつけられると、現状になんの疑問もいだかず死ぬまで働いてしまうようなのです。

 

 

なかには搾取されている現状に気付いているひともいますが、仕事や生活に追われる超多忙な日常のせいで、どうすることもできないのが現状だと思うのです。

 

 

自分の身は自分で守る超情報時代だからこそ、収入の柱が会社の給料1本だけではどこか心細いです。

 

 

どうせなら人生から職場や通勤を消滅させたいですし、盆も正月も平日も休日も曜日も時間も義務もなにもかもが存在しない、圧倒的に自由な人生がいいに決まっています。

 

 

過去の歴史を見れば明らかですが、現状になんの疑問もいだかない人びとは、死ぬまで絞り取られる運命をたどります。

 

 

むずしく考えだすと人生のすべてが難しく思えるものですが、実際は非常にシンプルです。

 

ものごとを難しくするのは、いつも自分でした。

 

4つの自由の法則と自分で稼ぐ力

 

ところであなたは、「自由」には4つの自由が存在する事実を知ってましたか?

 

その、「4つの自由」が以下です。

 

【①住む場所の自由】職場のそばじゃなく、大好きな国や場所に住める人生。

 

【②時間の自由】朝起きて寝るまでの時間を自由に使える人生。

 

【③人間関係の自由】仕事のできない上司や夢や希望のない同僚、それに口さきばかりの部下など人間関係に悩まない人生。

 

【④経済的自由】お金の不安がいっさい消滅した人生。

 

リアルビジネスとネットビジネスの両方で起業した経験から言わせてもらえば、これら4つの自由が手にはいる仕事は、アフィリエイトビジネスしかありませんでした。

 

 

アフィリエイトは成功するまでちょっぴり頑張れば、言葉のとおり、寝ていても遊んでいても収入がはいってくるようになります。

 

 

うさんくさいかもしれませんが、今あなたにお話ししている内容は、すべて僕の実体験をもとにした事実です。

 

 

実はインターネットをつかって、月収100万円以上を自分で稼ぐ若いひとたちは、僕以外にもたくさんいるんですね。

 

 

歯車になりたいのか?職業選択を間違えちゃいけない

 

自由になれない仕事を選ぶと、人生がいつまでたっても不自由なままです。

 

 

従業員という、会社の歯ぐるまになるということは、自由とは無縁の人生を選ぶということです。

 

 

なぜなら従業員になって資格をとって必死に頑張ったとしても、来月から給料が100万円にはなるはずがないから。

 

 

キツい言いかたになりますが、会社とは経営者が儲けるためのただの仕組みですから、その仕組みの歯ぐるまはただの歯ぐるまでしかないのです。

 

 

たとえば、会社組織を機能させるその歯ぐるまは、古びたりサビついたら定期的にメンテナンスしたり、場合によってはとり換える必要がありますよね?

 

 

従業員もそれとおなじで、経営陣に戦力外と判断されたら、社会に丸投げです。

 

 

でもこれは残酷でもなんでもなく、スポーツの世界でも同じはなしですね。

 

 

監督に、「君、もういらない」と言われれば、それまでです。

 

 

要するにこの世の中は、自己責任の世界というわけです。

 

 

僕はその事実を、19才のときに気付かされることになりました。

 

 

【現状を疑え】いったい誰を金持ちにするために働くのか?

 

権力者たちが世のなかを都合の良いように動かしている。

 

 

その事実を知った当初は打ちのめされましたが、その反面、自分で稼ぐ力を身につければ肉体的にも精神的にも経済的にも自立できると確信したのでした。

 

 

ちなみに僕は、およそ10年近くだれからも給料をもらわず生きてきました。

 

 

自分で稼ぐ力を手にいれたら、人生が楽しくなった気がしています。

 

 

どうやらこの世の中は、お金がないと楽しめないようにできているようです。

 

 

要するに、お金があれば人生をより楽しめるということですね。

 

 

その意味では、人生をただ流されるままに生きるのでなく、現状を疑うことから始めてみるのもいいかもしれません。

 

 

とくにビジネスについて深く学ぶとマインドビュー(ものごとを見る視点)が高まり、この世のカラクリが透けて見えるようになります。

 

自分で稼ぐ力は精神安定につながる

 

ノートパソコン1枚で世界中どこでもお金が稼げる環境というのは、心の安定(精神的安定)につながります。

 

 

というのも、自分ひとりでお金を稼げるわけですから、病気やケガやリストラにおびえながら暮らさずにすむ意味でも、穏やかな心で生きられるのは当然ですね。

 

 

ひと昔まえなら、国や会社が個人を守ってくれたかもしれませんが、現代は自分の身は自分で守る時代です。

 

 

住む場所や時間や人間関係や収入を他者に依存するということは、1度きりの貴重な人生のすべてを、他者に搾取されるのと同じなのです。

 

 

そこで自分で稼ぐ力をできるだけ若いうちに身につけておけば、ある日とつぜん会社に見捨てられようが、なんの不安もなく堂々と生きていくことができますね。

 

 

その、自分で稼ぐ力やスキルが身につく仕事が、アフィリエイトなのです。

 

遊んで稼ぐビジネスを作り自分で稼ぐ

 

実は、社長なんて誰でもなれます。

 

 

よく起業準備中などと言っていつまでも起業しない人がいますが、簡単な書類1枚提出すれば、その日からフリーランスで活動できます。

 

しかも無料で。

 

 

株式会社なんかは、20~30万ほど用意すれば立ちあげられますし、代表取締役の肩書を名刺に刻めます。

 

 

要はほとんどのひとたちが、人生や世のなかをむずかしく考えすぎているのです。

 

 

ここでハッキリとお伝えしますが、自分で稼ぐ力は自由と直結します。

 

 

自分じゃなく仕組みが稼ぐ状態、いわゆる資産さえ作りあげれば世界中どこにいても何をしていても、口座にお金が振りこまれる状態になります。

 

 

収入の自動化という夢物語は、現代だからこそ実現可能なんですね。

 

 

たとえばお金が欲しいときは、ブログやメール一通書けばATMからお金をおろす感覚で手にはいるようになります。

 

 

想像してみてください。
ワクワクしてきませんか?

 

 

今さらですが、そんな夢のような暮らしをしている20代や30代や40代の人たちが、いまも増え続けているのです。

 

 

今はとくにブログやメルマガアフィリエイトで、月10万円や20万円を稼ぐひとはザラにいます。

 

 

月収100万円を突破している人も、たくさんいるんですね。

 

 

ブログメルマガアフィリエイトはストック型ビジネスですので、寝ていても遊んでいても収入がはいってきますし、遊びが仕事になるのがアフィリエイトビジネスです。

 

 

価値観アップデートを実行せよ

 

インターネット技術や人工知能技術などは、これからもどんどん進化していきます。

 

 

そんな時代において、「アフィリエイトは詐欺だ!」などという古い価値観にとらわれ、いまだに変化を受け入れられないひとたちはたくさんいるんです。

 

 

そうした、変化を恐れるひとたちは、このさきどんどん時代にのまれ、やがて手も足もでない状態になるでしょう。

 

 

また、今の時代は株やFXといった、一瞬で大金を溶かす可能性が高いジャンルに参入するのは、リスクが高すぎると言えるでしょう。

 

 

たとえば、大手証券会社のゴールドマン・サックスが株式トレーダー600人を2人に減らし、人工知能(AI)に仕事をやらせるようになった裏側を考えると分かりやすいですね。

 

 

あるいは、ド借金からのスタートである店舗型ビジネスもライバルが多すぎますし、資金の面でもリスクが非常に高いです。

 

 

現代はミシュラン5つ星を獲得してテレビに出まくるお店でさえ、簡単に潰れるような時代です。

 

 

その点、アフィリエイトなら初期投資がほぼかからない意味でも、やってみる価値があると思います。

 

 

チャレンジしなければ可能性はゼロのままですが、チャレンジすると可能性がゼロではなくなります。

 

 

成功するかそうでないかは、僕らの考えかた次第です。

 

 

ただし、「1日1クリックで5万稼ぐ方法!」や「寝て遊んで稼ぎませんか?」などという広告に喰いついたり、ラクして稼ぎたいという浅はかな考えでアフィリエイトを始める人は成功できないので、注意が必要です。

 

 

「成功するまであきらめない」と人生を自己責任で生きる覚悟、本質を見る目、それにビジネスを本気で学ぶ決意があればだれでも成功できるのがアフィリエイトビジネスです。

 

 

本気で努力したひとだけが、圧倒的自由を勝ちとれるのです。

 

ちなみに僕が自由を手にいれるまでにかかった時間は、およそ1年です。

 

 

最後になりますが、僕たちのめのまえには、以下2つの選択肢が用意されている事実を知ってください。

 

【2つの選択肢】①自分で稼ぐか②家畜になるか

 

僕らの目のまえには、いつだって下記2つの選択肢が用意されています。

 

①貴重な人生のすべてを切り売りして稼ぐ。

 

②知識や知恵に積極的に投資し、見たこともない金額を自分で稼ぐ。

 

時間というのは、一般人にもお金もちにも平等に与えられた資産です。

 

 

僕たちは1度きりの貴重な人生を、他者のために切り売りしてはいけません。

 

 

まずは自分を肉体的にも精神的にも経済的にも豊かにすることです。

 

 

自分が豊かじゃないのに、誰かを豊かにすることなどできないのです。

 

 

毎月せっせと働かなくとも、僕らのポケットにお金を入れてくれるのは資産だけです。

 

 

資産をつくるためには、自分で稼ぐ力を身につけなければなりません。

 

 

しかし自分で稼ぐ力は、アフィリエイトビジネスでぜんぶ身につきます。

 

 

来る日も来る日も自分が身を粉にして働かなくてはお金が手に入らない状態、そこから脱出するカギは自分の意思です。

 

 

重要ですのでくりかえしますが、世の中には下記2つの人間が存在するようです。

 

 

①目のまえにぶら下げられたニンジン(給料)を追いかけ続ける人。
②ニンジン(資産)をみずからの手で作る人。

 

 

両者の1年後の人生には、圧倒的に大きな差が生まれます。

 

 

先ほどもお伝えしましたが、この世の中は多少のお金があればより楽しめます。

 

 

その意味でも、自分で稼ぐ力をできるだけ若いうちに身につけておきたいものです。

 

 

残りの人生で一番若い日というのは
‘’今日‘’です。

 

【無料】自分で稼ぐスキルの身につけ方

 

今日はせっかくですから、以下もあわせてどうぞ。

 

関連記事
週4時間だけ働く!僕が家族で南国移住し働かず自由に暮らすワケ
13790円相当の電子書籍が今だけ無料&沖縄旅行あたるチャンス!

 

 

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る