メリットと恐怖を伝えて売り込む【アフィリエイト】

 

コピーライティングの限界

 

アフィリエイトで大きく稼ぐために、僕はまずコピーライティングを学ぶべきだと推奨しています。

 

 

でも、ただコピーライティングを学ぶだけでは大きく稼ぐのは不可能というのも事実です。

 

 

確かに学ばないより学んだ方が売上があがります。
でもその前にやるべき重要なことがあるんですね。

 

 

自然体じゃないブログは読まれない

 

ブログで毎回コピーライティングを駆使して話されても退屈ですよね。

 

 

そもそもの話、僕たちがネット上で何かを調べる理由は商品の紹介をダラダラと聞くことではなくて、悩みを解決したり情報を手にいれるのが目的です。

 

 

つまり見ず知らずの他人の売り込みなど、どうでもいいと考えているわけですよ。
実はコピーライティングというのは、ここぞという時まで使わない方がいいんですね。

 

 

というよりもコピーライティングなど使わなくても商品を売る方法があるのです。

 

(後に解説します)

 

うさん臭い人がますます稼げなくなる理由

 

最近は特に多いですね。
ブログやメルマガやSNSが強烈に売り込みくさくていかにもうさんくさい媒体を運営している人が。

 

 

小手先の技術ばかりに目が行って肝心の販売のスキルがまったく磨かれていないのでセールスをかけても説得力がないわけです。
売れないのは当然のことですね。

 

 

『あなたを稼がせます!』

 

『スマホで日給20万!』

 

 

このような新規顧客を大量に集めるような単発的な稼ぎ方は一時的には稼げるかもしれませんが、長い目で見た時にそのうち集客が困難になります。

 

 

当たり前のことですが売上のベースはリピーターですから、コツコツとファンを構築していくのをおろそかにしているとゆくゆくは壁にぶつかると思います。

 

 

短期的な自由なら手に入るかもしれませんが、それは本当の自由ではありませんよね?

 

 

それに基本的にコピーライティングというのは、チラシや広告で使うための1回きりの技術です。

 

 

それを毎回の情報発信で使う。
これではファンが構築できるはずがありませんね。

 

 

一瞬だけ気持ちよくなりたいなら話は別ですが、ずーっと自由に生活するつもりなら、販売のスキルや消費者心理の知識も深めておいた方があらゆるリスクを避けられると思います。

 

 

ここからは販売スキル。
メリットと恐怖を伝えて売り込むというテーマで書いていきますね。

 

メリットを伝えるだけでは商品が売れないのは当たり前

 

メリットを羅列するだけでは商品が売れない。

 

 

そんな超基本的なセールス知識は、僕のブログやメルマガをいつも読んでくださっているあなたならすでにお分かりだと思います。

 

 

おいしい話ばかり聞いていると、人は徐々にその話に疑いを持ち始めるのです。

 

 

そんな具合に、お客さんに考えさせている時点で商品が売れることはないでしょう。

 

 

考えるヒマもないくらいに今すぐ欲しくなる状態にもち込むためには、美味しい話ばかり並べても意味がないのです。

 

 

メリットを伝える場合は手にはいる未来を強烈に欲しくなるように表現する必要がありますし、それが実行可能なように魅せなければ商品が売れないのです。

 

恐怖のあとに必ず解決策を提示する

 

前項では輝く未来を見せる。
つまりメリットを見せ続ける必要があるとお話しました。

 

 

でもただメリットを見せ続けるだけでは、多くの人を動かす事は困難なので、ここで恐怖の感情を利用するわけです。

 

 

お客さんは基本的に、
利益よりも損失に着目する習性があります。

 

 

これはいかに多くの人が起業しないのかを考えてもらうと分かりやすいと思います。

 

 

たとえば、
起業家とサラリーマン。

 

 

大きく稼ぐチャンスがどちらにあるかなんて、やればやるだけ稼げる起業家に決まってますよね?

 

 

ではなぜ多くの人達は起業して大きく稼ぐチャンスをあきらめて、サラリーマンとして生きていく事を選択するのか?

 

 

それは利益よりも損失に着目しているからですね。

 

 

起業して大きく稼ぐよりも、失敗した時のリスクを先に考えるからこそ、世の9割の人々は労働者の道を選択するわけです。

 

 

つまり、
「失敗するくらいなら安定した給料をもらいい続けたほうが安全だ」と判断しているわけですよ。

 

人間は恐怖を感じなきゃ動かない

 

先ほど、お客さんは利益よりも損失に着目する習性があるとお伝えしましたね。

 

 

つまりは損失とは恐怖のことです。

 

 

強烈な恐怖を感じた時に人間は、恐怖を回避するべく行動に移す決心をします。

 

 

ゆえに、メリットと損失の恐怖を同時進行で伝えていくようにしましょう。

 

 

そして恐怖の後には、その不測の事態を回避する唯一の方法があると解決策を提示するわけです。
販売の流れを簡単に以下に記述しますね。

 

 

・この商品を手に入れる事でこんな未来が待っています
・しかも誰でも簡単にその未来は手に入ります
・この商品を買わないとこんな辛い目に合う可能性があります
・自分から買わなかった場合の損失はとてつもなく大きいです
・商品を買わなかった事で後悔しないための方法は○○です
・繰り返し主張する

 

高確率で商品をバカ売れさせる方法

 

通販番組などを見ていると、素晴らしい未来と地獄のような描写が表現されていますね。

 

 

たとえば、ダイエット器具なんかが分かりやすいですね。

 

 

バキバキに割れた腹筋のイケメンと、スタイル抜群な妖艶な美女を使って視聴者に
『あんな体になりたい!』とまず強く憧れさせます。

 

 

次に中年太りの男性とたるんだ3段腹の女性の描写で恐怖を煽ります。

 

 

『あなたの未来はこうです。今のままでは異性に見向きもされませんよ!』と、恐怖を煽るわけです。

 

 

そして今の状態から脱出するための商品を提案する。
さらにそれが誰でも簡単に手にはいる未来だと想像させるわけですよ。

 

 

『お腹に巻くだけでバキバキの腹筋が手に入りますよ』
と、すでにバキバキの腹筋のイケメンとスタイル抜群の美女が腹筋ベルトを巻いてワイワイやるわけです。

 

 

それを何度か繰りかえし伝えることで、商品がバカ売れしているのですね。

 

 

セールスというのはシンプルですから、あまり難しく考えると余計に分からなくなると思います。

 

 

アフィリエイトを教えている人の中にはそれを意図して分からなくさせて儲けている人たちもいますから、十分、気を付けてくださいね。

 

 

僕たちはノウハウコレクターになるのが本来の目的ではないはずですからね。

 

 

もっと具体的な売り込み技術やセールス手法は以下からどうぞ。

 

 

【無料】自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。
いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めに。

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る