【ターゲットを絞る】稼げるターゲットの絞り方

 

ターゲットを徹底的に絞りこめ

 

 

アフィリエイトをやっていると、この「ターゲットを徹底的に絞りこめ」という言葉を聞いたことがあると思います。

 

 

商品やサービスを購入してほしい層のさらに性別や年代、趣味や生活スタイルまで手に取るように分かるくらい絞り込めとよく言われますね。

 

 

実はこれは理に適っているんですが、ターゲットの絞り方を間違えるとまったく稼げない現象が起こります。

 

 

そこでここからはアフィリエイトにおけるターゲットの絞りかた、
いわゆる売りたい層を絞り込むといったテーマで書いていきたいと思います。

 

 

お客の趣味や嗜好、悩みや生活スタイルの把握

 

「どこの誰かも知らない人の趣味や嗜好や生活スタイルが手に取るように分かる」というとなんだかストーカーみたいで気持ち悪いんですが、僕たちは販売者側なのでターゲットを絞るというのは重要な作業です。

 

 

たとえば、ダイエットしたい層をターゲットとした時に、ただダイエットしたい人全般を相手にしてしまうと商品が売れないわけですね。

 

 

ダイエットしたいけど運動はしたくないという人にランニングマシーンやバランスボールを奨めてもまず興味さえ持ってもらえませんし、逆に好きなものを好きなだけ食べながらダイエットしたい人に食欲減退のサプリを紹介しても売れないわけです。

 

 

しかもターゲットに年代も性別も定めていない場合は、読み手により心に響く強いメッセージを書くことができないんですね。

 

 

つまり、ターゲットとする層の感情(悩み)と欲求(解決)を刺激する言葉が使えなくなるということです。

 

 

結果、当たり障りのない無個性のサイトやブログができあがるわけです。

 

 

毎度毎度、商品を変えて今日はガチムチになりたい男性向けのプロテイン、
明日はギャルがパッケージの飲むだけで痩せるサプリというような
万人を相手にするスタイルの情報発信では
人の心を掴むことができないんですね。

 

 

なのでターゲットは徹底的に絞り込むという作業は理に適っているわけです。

 

 

ターゲットを絞ると稼げないんじゃないの?

 

『ターゲットを絞れば絞るほど利益が少なくなるんじゃないか?』

 

初心者はそう考えがちなんですが、ターゲットを絞るだけ絞ってその層の心を揺さぶるような強いメッセージを繰りかえし何度も発信していくことで、あなたの話に興味がない人も自然とそのメッセージが正しいと思い込む現象が起きるのです。

 

 

はじめはなんの興味も持てなかった人でも、繰りかえし何度もその情報に接することで書き手に親近感を感じてしまう。

 

 

これは通販番組でよく使われているテクニックですね。

 

 

心理学的にザイオンス効果と呼ばれていて、その効果が実証されているのです。

 

 

つまり、ターゲットを絞れば絞るほどに稼げるようになるわけです。

 

 

100人中1人に好かれれば月収100万は余裕

 

万人を相手にするのではなくて、こんな悩みを抱えているどこどこの○○さんくらいまで狙いを定めてしまえば、読み手はまるで自分に問いかけられているような錯覚を起こします。

 

 

つまり、あなたの言葉に説得力が増すというわけです。

 

 

始めはまったく興味がないまま聞いていた人も、なぜかあなたの話が気になりはじめる。

 

 

今は意味がわからなくとも、ターゲットを絞り込んだほうが売上が上がるという事実を胸にとめておいてくださいね。

 

 

年齢や性別、趣味や嗜好や悩みや生活スタイルまで具体的にイメージできるくらいまでターゲットを絞り込めば、お客さんがその商品を強烈に欲しくなる心理状態を意図的に作りあげることができるのです。

 

 

90%のアフィリエイターとブロガーは目先の小銭を追うからこそ稼げない

 

お客さんを強制的に動かすことは不可能ですし、上から目線で命令して売るなど、もはや押し売りです。

 

 

そんな具合に、自分のことしか考えられないブロガーやアフィリエイターに根強いファンが構築できるはずがないのです。

 

 

過去の歴史をたどれば一発ですが、独裁や強制に人間は必ず反発するようにできているのです。

 

 

あくまでもその商品を買うと決断するのはお客さんですから、利益目当てに血まなこになって売り込むからこそ稼げないのです。

 

 

ここからが重要なのですが、ターゲットを絞り込まずに血まなこになって売りこんでもターゲットが的外れなら、お客さんは不快でしかありません。

 

 

読み手は不快感を感じたら、一瞬でバツボタンを押してそのページを閉じるでしょう。

 

 

相手の心を動かせないアフィリエイターやブロガーが稼げないのは当然の話と言えるのです。

 

 

本当に正しいターゲットの絞りかた&決め方

 

アフィリエイトやブロガーが月100万越えを本気で達成するなら、以下のようなターゲット層が存在する事実を知っておいて損はありません。

 

 

◆超情報弱者

 

頭を使えず情報をすぐ鵜呑みにする。
感情で生きる人。
つねに楽な稼ぎ方を探している。
動物的感覚で生きている。

 

◆情報弱者

 

1クリックで1日5万稼ぐ方法といったバカげた広告にひっかっかる。
気付かない間に価値観を塗り替えられている。
エグイ世界を美しいと勘違いしてしまう。
新しい物や流行にすぐ感化される。

 

◆普通の人

 

今のままでいいと思っている。
波風は立てたくないが、変われるものなら変わりたい。
リスクをとるのが怖い。
今の生活を続けたいが、夢は見ていたい。
現状を変えたいが別に変わらなくてもいい。

 

◆行動を起こしたい人。

 

現状を変えたいが何をしていいか分からない。分からなくても別にいい。
現状を変えたくて本やネットで情報を仕入れるが、次の日には忘れている。
新しい価値観に強烈に感化されるが、次の日には冷めていつも通り過ごす。
熱しやすく冷めやすい。

 

◆情報強者
情報を鵜呑みにせず自分の頭で考えられる。
他者依存でなく精神的に自立している。
行動力がある。

 

初心者はどの層をターゲットにすべきか?
ターゲットにどんなメッセージを発信すれば結果が出しやすいのか?

 

 

そういった具体的なノウハウを以下でお話ししています。

 

自分で稼ぐ力が10日で身につく無料メールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。
いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めにどうぞ。

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る