雇われない生き方を選んだ結果

 

中卒一般人だった僕が月収300万円を超えるまで

 

10代の頃に毎晩のように街に繰り出していた頃、ふと街角でギターを弾いている友人とバッタリ会ったことがありました。

 

 

彼は僕より年齢が2つ上で、仕事もろくにせず夜の街でアコースティックギター片手に、歌ってばかりいたんですね。

 

 

当時はいわゆるストリートミュージシャンが全盛期の頃で、街にはギターを持って想いを叫ぶ若者で溢れていました。

 

 

広げたギターケースのなかには、彼らのパフォーマンスに満足したとおりがかりの人たちがお金を投げいれていました。

 

 

たとえばヨーロッパの街角で芸を披露してお金を稼ぐ、まるで大道芸人のような感じですね。

 

 

当時の街はストリートミュージシャンからアーティストの聖地、日本武道館を夢見る若者たちで溢れていたわけです。

 

 

しかし当時はお金なんてありませんし、学歴も知識も何もない社会不適合者の僕は就職もバイトもろくに決まりませんでした。

 

 

とにかくお金がないのでバイトの面接を受けるわけですが、ことごとく断られるわけです。

 

 

10代ですでに雇われる生き方には諦めをつけたというとカッコがつきそうですが、単に雇いいれてくれる企業がなかったのが本当のところです。

 

 

とにかくその頃から、【雇われない自由な生き方】を模索していたんですね。

 

 

そこで深夜の街角で再開した、2つ上の友人。

 

 

ギターと歌のスキルだけでお金を稼ぐ彼を見て、衝撃を受けたのを覚えています。

 

 

まさに雇われない生き方。
もちろんその日からギターの練習を始めるわけですが。

 

 

【10代で月収40万】雇われずに生きてみた

 

3か月間みっちりとギターを練習したあと、ストリートミュージシャンで稼ぐ彼に懇願し、一緒に深夜の街かどで歌う日々が始まりました。

 

(ちなみに彼はカラオケ全国大会で準優勝の経験があります 笑)

 

 

これがまた面白いように稼げるわけです。

 

 

稼げない時は1日200円の日もありましたが、週末になると1日3万円を超える日もざらにありました。

 

 

10代のろくでなしの少年2人が,、月になんと40万円を稼いだ時もありました。

 

 

時代の波にうまく乗ると、物ごとが面白いくらいにうまくいくことがあるようです。

 

 

とはいえ、やることと言えばただ夜の街角でギターを弾いて歌うだけですから、仕入れも在庫も営業もなにもありません。

 

(経費はピックや弦くらいですね)

 

 

もちろん稼ぎは100%自分たちの物になるわけです。

 

 

『これが雇われない生き方か!』

 

 

希望という一筋の光が自分の人生に、ようやく差し込んだような気がしていました。

 

 

結果的に父親に『そんな乞食みたいな商売ろくなもんじゃない!』などとイカつい関西弁で罵倒され、みごとに夢を諦めることになりました。

 

 

儚い夢でした 笑。

 

 

親や学校や社会から受ける影響というのは呪いのようで、ある意味恐ろしいものがあります。

 

30代からでも雇われずに生きていける

 

沖縄移住しました

 

今、僕は雇われずに生きています。

 

 

毎日やることと言えば、自宅やカフェでブログやメルマガをただ書いているだけです

 

 

考えてみると26才で独立してから、気付けば10年の歳月が経っていました。

 

 

とはいえ、1度は飲食事業で起業して結果的に廃業しましたが、インターネットビジネスで2度目の起業を試み今にいたります。

 

 

そこで思うのはどんなに過去に傷があっても、スキルや知識を何も持ち合せていなかったとしても、雇われずに生きていく人生が可能であること。

 

 

実は、親や学校や社会に1度きりの自分の人生を決められる義務など1ミリもなくて、自分の人生は自分で切りひらけるという事実でした。

 

 

確かに僕も30代ですし妻も子供もいますから、「みんな同じじゃなきゃハブられる日本」では、窮屈な場面も多少はあります。

 

 

しかしそれでも自由に生きていけるのなら、僕はこれからも何にも縛られず自由に生きていく道を選びます。

 

 

1度しかない貴重な人生を仕事で埋め尽くし何者にもなれず死んでゆくなんて、そんなの退屈だと思いませんか?

 

雇われない生き方が実現できるたった1つの職業

 

自由は気持ちを豊かにしてくれます。
だからこそ僕たちはこれからもずっと、自由を追い求めていくと思います。

 

 

そしてその自由な暮らしを可能にするのが、アフィリエイトビジネスです。

 

 

ノートパソコン1枚で生きられるようになれば、トイレや風呂や寝る時間以外はほとんどが自由時間です。

 

 

インターネットが世に登場してからというもの、本当に面白い時代になりました。

 

 

今の時代は肉体と神経をすり減らし、朝から晩まで働きたおすような、昭和のような古い時代ではないのですね。

 

 

冒頭でもお話しましたが、街角で大道芸人のように芸を披露してお金を稼ぐこともできるわけですし、いろんな生き方があるわけです。

 

 

ようは、1つのスキルを徹底的に高めれば、好きな場所で気が向いたときにATMからお金をおろす感覚でお金なんて簡単に稼げるわけですね。

 

人生を仕事で埋め尽くさない!遊びで埋め尽くせ

 

たった1度の貴重な人生なのに、自分の人生のすべてを会社に捧げなくてもいいのです。

 

 

むしろ、他人をお金もちにするために自分の貴重な人生をだいなしにするなんて、もったいないにもほどがあります。

 

 

人生を仕事で埋め尽くす理由など、実はもうどこにもないわけです。

 

 

ましてやネットを利用すれば、世界中の人たちがお客さんになるのです。

 

 

その自由な世界に生きる住人が、実際に存在する事実を知ったときに気付いたのです。

 

 

「今までは国や会社のお偉いさんを儲けさせるために、自分の人生を仕事で埋め尽くした。朝から晩まで必死で働いた。
でも、たかが仕事のために家族や大切な人たちを犠牲にするなんて、そんなバカげた話があるはずがない」、と。

 

 

住む場所や時間、それに人間関係や経済的不安から自由になれる手段がアフィリエイトだったので、僕はただ飛びこんだだけの話です。

 

 

実際にアフィリエイトシステムはアマゾンや楽天など世界の大手企業が取りいれていますし、僕たち個人がそのブルーオーシャンに参入することでビジネスが成りたちます。

 

 

今の時点でアフィリエイト市場は2000億に近いですし、毎年のように市場が拡大しています。

 

以下のように↓

 

 

 

その拡大し続けるマーケットと比例するように、雇われたくない個人がどんどん参入しているのです

 

 

その未来を察知して1日でも早く自分のビジネスを持つことを本気で志したあなたも僕も正しい選択をしたのではないかと、そのように思います。

 

雇われれば貧乏→雇われない人生は収入が青天井

 

どんな商品でも売る能力を身につければ、商品を売ったら売っただけ稼ぎになるわけですから、必然的に収入が増えます。

 

 

いわゆるセールス力が重要なのですね。
その、なんでも売る技術を身につければ、パソコン1枚で自宅でもカフェでもどこでも商品をバンバン売ることができるようになります。

 

 

結果的に、雇われずに生きる自由な人生が実現可能になるわけですね。

 

 

食品でも日用品でも家電でも情報でも何でも売れるようになると、もうお金についての不安や恐怖は人生から消えます。

 

 

自分の力で稼ぐ力を高めることで、いつでもどこでもどんな商品でも売ることができるのですから、お金の不安や恐怖がなくなるのは当たりまえですよね。

 

 

いくらおもしろい文章が書けても、いくら1つの分野に詳しくても、売上に直結するセールス能力を高めなければ、商品は売れないといっても大げさではないと思います。

 

 

満員電車で会社に運搬され朝から晩までこき使われる人生を卒業し、パソコン1枚で稼ぐのであれば、セールス能力は早めに身につけておきたいところです。

 

雇われない自由な生き方を1年以内に実現する方法

 

雇われない生き方を本気で実現する本を、今だけ無料でプレゼント中です。

 

 

予告なく終了する場合があるので、本物の自由に興味があれば以下もあわせてどうぞ。

 

【無料】自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。
いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めに。

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る