金持ちは暇です【暇な金持ちは幸福度を高めるべきです】

金持ち.暇

 

【実体験】金持ちのほとんどが暇人です

 

先にお伝えしておきますが、月300万円を達成した日から、僕は「人生=お金」という価値観を捨てました。

 

 

なにしろ収入を完全自動化してみたら毎日がめちゃくちゃに暇になり、時間をもて余す日々に、精神的な苦痛を感じはじめたからです。

 

 

こんなことを言うと、「若造の癖に生意気な!」とか「嘘つき!」と思われるでしょう。

 

 

でも、もしあなたが月収300万円くらいを稼いだ経験があるなら、このページを最後まで読めば僕のいう「金持ちは暇です」という主張に、深く共感いただけると思います。

 

ゆえにあなたがたどり着いたこのページは、月収30万円以内の方よりも、月収100万超えの方むけです。

 

 

月収100万超えたら幸福度を追求せよ

 

当時の僕は、事業を倒産させたばかりの無職で、2度目の起業計画として、ブログで月収100万円を目指していました。

 

 

結論から言うと、月収100万は1年で達成して翌年には月収300万までたどり着いたわけですが、目標達成したら資本主義攻略に完全に燃え尽きました。

 

 

つまり、上には上がいるマネーゲームを必死にがんばっても、人間は満足できないことを知ってしまったんですね。

 

 

むしろ、月収100万円を超えるとそれを失う恐怖が大きくなり、毎日が不安で眠れない日々が続いたのです。

 

 

そこで僕が気づいたのは、1万円札をたくさん集めるマネーゲーム(資本主義攻略)に没入するよりも、幸福度を追求したほうがこの長い人生において、幸せを感じる時間が増えるということでした。

 

 

ゆえに、実際にお金持ちになって暇になったあなた、あるいはこれからお金持ちになる予定があるあなたは、お金儲けと同時進行で幸福度を追求することをおすすめします。

 

 

とはいえ、お金持ちとはいったい年収どのくらいからを指すのでしょうか?

 

年収いくらから金持ちか?

 

本人の考えかた次第なんですが、個人的には月収300万円あたりから、人生におけるお金の不安が消滅しました。

 

 

「たったの月収300万で金持ちなわけないだろ!」

 

 

確かに、月収300万円くらいでお金持ちなんて、大げさなのかもしれません。

 

 

ただ、収入の自動化、いわゆる月300万円ほどのお金が、寝ていても遊んでいても次々と口座にお金が振りこまれ続ける生活を実体験すると、「なるほど、お金持ちになると暇人になるんだな」と、徐々に気がついてきます。

 

 

ここであなたにお聞きしたいのですが、以下2つのどちらの生活が、肉体的&精神的に豊かになれると思いますか?

 

 

①来る日も来る日もせっせと働いてへとへとになって、ようやく月収100万稼ぐ生活。
②ビジネスを完全放置しても、勝手に月収100万円を超えている生活。

 

 

僕なら迷わず②の、「ビジネスを完全放置しても、勝手に月収100万円を超えている生活」を選びます。

 

 

たった1度きりの貴重な人生だというのに、自分の人生や大切な家族を犠牲にしてまでも、お金がほしいとは思いません。

 

 

つまり、僕があなたにお伝えしたいのは、幸せで自由で暇な金持ちになるために、
「自分が現場にでなくとも勝手に回るビジネスを所有しましょう」ということ、なのです。

 

 

収入を自動化してお金持ちっぽい生活ができるようになると、苦悩するほど暇になります。

 

 

そんなときは、お金儲け以外にも「幸福度を高める人生を目指す!」という選択肢があることを、今は覚えておいてくださいね。

 

金持ちは自分の商品やサービスを持ってる

 

リアルビジネスとネットビジネスの両方に当てはまりますが、これからは自分の商品やサービスを持たない経営者や事業主は、売上が先細りするでしょう。

 

 

なぜなら、他人の商品を紹介したり転売するような商売は、いずれライバルが増えて市場が飽和するから。

 

 

やがてライバルたちとの低価格競争に巻きこまれ、ジリ貧になり果てる、事業失敗の原因のほとんどがこのパターンです。

 

 

ゆえに、これからビジネスで勝ち続けるためには、ライバルと差別化が可能かつ、あなただけの付加価値がのった商品やサービスを作ることをおすすめします。

 

 

「ちょっとこのままじゃいつか潰れるかも…?」という直感が降ってきたときが、変化する絶好のタイミングですよ。

 

貧乏は肉体&精神崩壊するまで頑張る

 

僕たちが生きるこの人間社会においては、100人中90人が、労働者層として生きています。

 

 

つまり、どこかの会社に雇われて月収50万円以内の給料をもらい、うまくやりくりしながら生活しているわけです。

 

 

そんな労働者層には、以下の公式が当てはまります。

 

 

労働時間×時給=収入。

 

 

ところが、もし会社の正社員ならば、この公式が当てはまりません。

 

 

なぜなら、正社員が月給制である意味では、
「定額使い放題」である場合が日本では当たりまえだから、ですね。

 

 

つまり、労働者層として定年まで頑張りつづけるということは、お金持ち人生をあきらめるということなのです。

 

金持ちは本質以外がんばらない

 

自分が現場に出て必死に働く経営者や事業主は、お金には余裕があることが多いです。

 

 

ただし、時間に余裕がなく、いつ見てもセカセカと忙しそうにしています。

 

 

そんな経営者や事業主に思い出してもらいたいのが、忙しい自分に酔ってしまい、人生の目的と本質を忘れてはいけないということ。

 

 

つまり、肉体的&精神的&経済的に豊かになる方法は、自分が現場に出なくても勝手にまわるシステムを作るしか手段がないのです。

 

 

ちなみに、飲食店経営者だったころの僕も、自分のビジネスの仕組みに自分を組みこんでしまい、超多忙な不自由人になり下がりました。

 

 

「自動収入がはいるシステムが完成するまで頑張ればいい」

 

「今に満足できなくなったら、また新たなシステムを完成させるまでがんばればいい」

 

 

そんな具合に、本質だけにフォーカスして頑張る、
それが超情報時代である現代に最適化された、お金持ちの働きかたと言えそうです。

 

アル中廃人になった暇な金持ちの友人の話

 

くり返しますが、お金持ちになると暇になります。

 

 

言葉のとおり、起きてから寝るまでなんの義務もない日々が、当たりまえになります。

 

 

実は、このさきの予定がまったくなにもない暮らしをつづけることは、精神的にかなりの負担なんです。

 

 

それでもお金ははいってくるけれど、暇で暇でしかたない。
これは単なる自慢じゃなく、ただの事実です。

 

 

幸いなことに、僕には妻と子供がいるので、みんなで幸福度をたかめる努力ができますし、幸福度向上のプロセスをゲーム感覚で楽しむことができます。

 

 

ちなみに、仮想通貨投資家である僕の友人は当時はイケイケの独身貴族でしたが、現在は精神をやられて廃人になり自宅に引きこもっているそうです。

 

 

お金がありすぎるのと、とにかく暇すぎて、朝から昼のみ居酒屋にいりびたり、アル中になりました。

 

 

手や顔の震えが止まらず、終始ブツブツと独りごとを言うなど、言動がおかしくなりました。

 

 

やがて、彼のまわりから、家族や友人は離れていきました。

 

 

お金持ちになって暇になって、不幸になった友人。

 

 

当時苦しんでいた彼に、「一緒に幸福度を高めようよ!」とひとことでも声をかけてあげられたらなと、たまに後悔の念におそわれます。

 

 

自由で幸せで暇なお金持ちを本気で目指すなら、以下もあわせてどうぞ。

 

【無料】自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。
いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めに。

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る