【カリフォルニアディズニー旅行記】子連れでLAいってきました

カリフォルニアディズニー旅行記

 

「稼ぎながら旅をする」というよりも、ブログメルマガアフィリエイトは仕組みを自動化すれば、寝ていても遊んでいても口座に次々とお金が振り込まれ続けます。

 

 

そんな収入の自動化メリットを利用して、今回は2人の小さな子供を連れて、米カリフォルニアディズニーランドにいってみました。

 

 

小さな子供を2人連れての20時間の移動を達成し、ロサンゼルス空港へ↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ロサンゼルス空港(LAX)は慢性的な渋滞らしく、あちこちからクラクションが鳴りっぱなしで、運転がかなりアグレッシブです。

 

 

空港の公衆電話に50セントを投げいれ、貸切シャトル会社に電話をかけると、すぐに迎えに来てくれました↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

サンタの服を着たドライバーが100マイル(160キロ)で暴走するので、カメラのピントが合いません。

 

 

ロサンゼルス空港からアナハイム(カリフォルニアディズニー近辺)まで、60キロもあるというのに、すでに車酔いで吐きそうです。

 

ようやくホテルに到着↓

 

カリフォルニアディズニークリスマス

 

宿は、ハイアットリージェンシーオレンジカウンティ。
そのビジネススイートとやらを、7泊とりました。

 

 

妻と子供へのクリスマスプレゼントとしては、なかなかいいシチュエーションです↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ホテルのカウンターで、ディズニーチケットが買えます↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

クリスマスイブと、クリスマス当日の2日分のチケットで、およそ10万円ほど。

 

東京ディズニーランドが安すぎて心配になります。

 

ホテルから5分歩けばターゲット(アメリカのスーパー)があるので、非常に便利です↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ちなみに、僕が住んでいる沖縄の米軍基地などでもたまに買い物をしますが、なぜかアメリカのスーパーはテンションが上がります。

 

ひとまずアメリカンフードで、時差ボケを整えます↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

奥のスポーツバーカウンターでは、アメリカらしくバスケの試合が流されています↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

マカロニチーズ↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ナゲットとポテト↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ピザ↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

くどくなく、めちゃくちゃにおいしいです。
チキンサラダ↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

サイズが特大アメリカンなので、みんなでシェアが安全です。

 

翌日、クリスマスイヴはきれいに晴れました↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

12月のカリフォルニアは雨が多く、案のじょうクリスマスから年末年始まで雨予報だったのに、超快晴。

 

この列をすすめば、カリフォルニアディズニーのゲートがあるようです↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ありました↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ちなみに、カリフォルニアディズニーランドは、2つのパークがあります。

 

①カリフォルニアディズニーアドベンチャーパーク。
②カリフォルニアディズニーランド。

 

ディズニーランドはクリスマス本番にとっておき、クリスマスイブはディズニーアドベンチャーパークへ↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カメラにおさまらないほど巨大なクリスマスツリー↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

東京ディズニーランドとは雰囲気がまるでちがいます。
すれ違うひと、みんな自由↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

シナモン味のチュロスがとにかく巨大↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ミッキー顔のパン↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

どこからか出てきたおもちゃの兵隊が、コミカルな動きで演奏しています↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

日本のように、同調圧力が1ミリもない世界↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

フラフラと、どこかに迷い込んでみたり↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

手と手をしっかりと握りあって歩く子供のうしろ姿をみて、泣けてきました 笑↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ジェットコースターと観覧車↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

この観覧車が夜になると絶叫マシーンになるとは。。。
(あとで解説しますね)↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

陽気なアメリカ人が不思議な踊りを繰りだすと、周りもつられて踊ります↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

初対面の人間同士が、笑顔で歌って踊りまくる。
日本ではまず見ない光景。

 

カリフォルニアディズニーのターキーもまた、特大サイズです↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

まるで、こん棒。

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カーズランド入り口から突然↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

ご機嫌なクララベル↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

子供が大すきなメリーゴーランド↓

 

カリフォルニアディズニークリスマス

 

僕ら夫婦は絶叫系が大好きなんですが、小さな子供は身長制限があって、一緒に乗れず残念。

 

そこで見つけたのが、ガーディアンズオブギャラクシー。

 

フリーフォール型の、アトラクションです↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

急激に落ちたり猛スピードで登ったりするので、となりの娘が大興奮してました。

 

あまりにも激しく上下するので、僕はひとまず気絶しました。

 

6才くらいから乗れて、かなりのスリルを味わえるので、絶叫好きならおすすめです。

 

ちなみに、ボディバッグが吹っ飛びそうになったので、着用の際は要注意です。

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニーランドのチケットを買う際は、パークホッパーじゃなく、ベースチケットが圧倒的におすすめです。
違いは以下↓

 

◆ベースチケット…
ディズニーランドorディズニーカリフォルニアアドベンチャーパークの、どちらか1パークのみ出入りができるチケットタイプ。

 

◆パークホッパー…
ディズニーランドorディズニーカリフォルニアアドベンチャーパークの、両パークを無制限に出入り可能なチケットタイプ。

 

なにしろ、カリフォルニアディズニーは大きすぎるので、たった1日で両パークを行き来するのは難しいです。

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

時計が17時をまわったところ↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

夜になると、雰囲気がガラリと変化して楽しいです↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

映画カーズのアトラクション↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カーズの舞台↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

12月のカリフォルニアの夜は、ダウンジャケット必須です。

 

僕らが住む沖縄の温暖な気候に慣れると、肌を突きさす寒さが新鮮に感じます。

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

過保護な日本のディズニーランドとは違い、カリフォルニアの観覧車は、もはや絶叫マシーンです↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

見てくださいこれを↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

観覧車で絶叫する人間なんて、初めて見ました↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

観覧車の頂上から見おろすカリフォルニアディズニー↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

美しい↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

疲れはてて眠った子供を背中にしょって歩いていると、花火が↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

しばらくボーっと、見とれてしまいました↓

 

カリフォルニアディズニー旅行記

 

 

カリフォルニアディズニー旅行記/あとがき

 

正直なところ、実は近場の香港ディズニーにいくつもりでした。

 

でも、子連れ長時間フライトを家族でチャレンジしてみて思うのは、遠くからはるばる本物の夢の国にやってきてよかったということ。

 

たった1度きりの貴重な人生。
やりたくない事をやってるヒマなんてないですね。

 

以下もあわせてどうぞ。

 

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る