遊んで暮らしたい!

遊んで暮らしたい!遊んで暮らすために仕事やめました
 このエントリーをはてなブックマークに追加

遊んで暮らしたい!遊んで暮らすために仕事やめました

どうやら多くの人は自分の運命はあらかじめ決まっていて、自分の力で人生を変える事など出来ないと信じているようです。

 

 

こうしてあなたにお話させて頂いている僕も数年前まではそのように考えていました。

 

 

会社のために仕事場の近くに住み、週6日クタクタになるまで働き詰め、しかも1日16時間労働は当たりまえ。

 

 

大切な家族や恋人との時間よりも仕事優先。

 

 

大好きな旅行は盆や正月やゴールデンウィークのバカ高い時期にしか行けない。

 

 

仕事の出来ない上司や物覚えの悪い部下、愚痴ばかりの同僚に囲まれた暮らしではわずかな夢を見る事さえも許されません。

 

 

一向に変わり映えせず、同じ毎日を繰り返す日常。

 

 

朝起きて電車に乗って会社に通勤。
日が暮れた頃に自宅に帰り、また数時間後には会社に行かねばならない義務的な毎日。

 

 

そのような理不尽な暮らしでも知らない間にそれが当たり前に思えてくるのは不思議です。

 

 

当時僕は六本木のブラック企業の居酒屋に住み込みで働いていました。

 

 

九州の田舎から出てきたばかりの19才の目には、都会という超高層ビル群が輝いて見えました。
その大都会のドまん中で働く自分を当時は誇らしげに思ったものです。

 

 

しかし暮らしは何とも貧相なものでした。

 

 

家もお金もないので店の倉庫で寝泊まり。
1日16時間以上の労働。
風呂は漫画喫茶のシャワー。
料理長が作ったまかないを5分でかきこみまた仕事。

 

 

飲み干されたウーロン茶のペットボトルを枕にして眠るのだけはどうしても慣れませんでした。
こうして小さな街の小さな店で起こる出来事が当時の僕の全世界だったのでした。

 

 

自分の時間やプライベートなど一切なくろくに店の外にも出ず、ただひたすらに料理を運んだり注文を聞いたりとにかく一生懸命働きました。

 

 

それでも貰える給料は1ヶ月をようやく食い繋げる程度。

 

 

生かさず殺さず、僕は会社に飼いならされ少しずつ、少しずつ本来の自分を見失っていきました。

 

 

【これが人生ってやつか・・・。】

 

 

立派な学歴も人脈も何も持っておらず、無知で世間知らずの1人の若者は19才で人生を一度諦めたのでした。

 

遊んで暮らすなんて夢のまた夢

 

今思えば、僕は自分の頭で物事を考えるのを拒否しただ流れるままに生きていたのだと思います。

 

 

どんな仕事がやりたいのかなんて分かりませんでしたし、何が得意なのかも当時は知るよしもありませんでした。

 

 

お金なんてあればあるだけ使うし、もちろん貯金なんてゼロ。
飲んで食べてタバコ吸って寝るだけ。
不自由な人生でもそれが当たり前だと信じていたのです。

 

 

まあ、いつか金持ちになってるだろう』なんて、淡い夢ばかり考えていました。

 

 

でもそのいつかはいつになっても訪れる事はありませんでした。

 

 

歌舞伎町のホストクラブで貯めたお金で自分の店を出したこともありますが結局自由にはなれませんでした。

 

 

そもそも社会とうまく融合出来ない性格なわけですから自分を殺して周りとうまくやってくなんて、到底無理な話だったんです。
それから社会と決別する決心を固めました。

 

 

サラリーマンで居る限りは家畜のような暮らしから死ぬまで逃れられないと考えたからです。
国や会社に頼らず自分の力で生きていく方法はないだろうかといつも考えていました。

 

 

そしてようやくその答えが明らかになりました。

 

 

国や会社に頼らず自由に生きていくには自分の力でお金を稼ぐ能力を身に付ければいい

 

 

それから給料のために働く事を一切やめて自分が働かなくても収入が入ってくる資産作りに猛進したのです。
ここで言う資産とは僕のブログやメールマガジンの事です。

 

 

その結果、現在はほとんど働かなくとも十分すぎるお金が口座に次々と振り込まれるようになりました。

 

 

しかも毎日のように。

 

 

自分の力で人生は変えられないとあれほど信じていたのに気付けば社会不適合者の僕でも人生をガラリと変える事が出来ました。

 

 

しかし4つの自由が手に入ってからというもの、朝起きてからやらなければならない義務が人生から1つ残らず消えたので戸惑う場面が正直ありました。

 

 

何の義務もない日々。

 

 

これからあなたも4つの自由を手に入れる事になりますが、人生から一切の義務が消えた後にどう暮らしていきたいかを今の内に考えておいた方が良いかもしれません。

 

なぜなら自由は心が強くないと楽しめないからです。
考えてもみて下さい。

 

 

人生から一切の義務がなくなる暮らし。

 

 

確かにワクワクしてきますよね?

 

 

好きな事を好きなだけ、しかも飽きるまでやれるわけですからね。
でもその言葉の通り、飽きるんです。
それにパソコン1台でお金を稼いでいる友人は今のあなたの周りにほとんどいないはずです。

 

 

その意味ではやはり孤独に耐えられる人でなければ自由を心から謳歌するのは困難だと思うのです。

 

 

ようやくアフィリエイトで稼げるようになった当時の僕の月収はすでに100万円をゆうに超えていて、仕組みも自動化したので働く必要がなくなっていました。

 

 

しかし心が弱かったせいか、自由を謳歌するどころか不安でいっぱいでした。
こんな暮らしがいつまで続くか分からない!と、自分で自分の恐怖心を大きく育てていたのかもしれません。

 

 

それに幸せを感じる力も当時は持ち合せていなかったのだと思います。
心が自由じゃない不幸せな小銭持ちと言えばわかりやすいでしょうか?

 

 

でもある日から自分を教育し、自分の考え方を少しずつ修正していく事にしたのでした。
すると最終的にこのような考え方に行き着きました。

 

 

せっかく自由という贈り物を与えられたんだから素直に受け取らなきゃ損だ!

 

 

それからは自分で自分の心の中に作り上げた恐怖心というモンスターに行動を縛られる事無く、友達のような感覚で向き合う事が出来るようになりました。

 

 

多くの人はこの恐怖心に人生の9割を縛られています。
つまり行動も考え方もすべてが恐怖心に操られているのです。

 

 

例えば老後の心配やリストラやケガで収入が途絶えた時の恐怖もそうですね。
だからこそ保険なんかの実態が無いビジネスが成り立つわけです。

 

 

その意味では保険は人間の恐怖心を利用したビジネスと言えますね。
他にも恋愛なら、あの人を失いたくないからこそ偽った自分を演じるわけです。

 

 

嫌われたくない。
仲間外れにされたくない。
バカにされたくない。
仕事を失ったら収入がなくなる。

 

 

これらはすべて恐怖心が生み出す間違った考え方ですので注意したい所です。

 

 

これからあなたが4つの自由を手に入れるのであれば恐怖心というモンスターの存在を早い段階で知っておく必要があります。

 

 

でも僕らは機械じゃなく人間ですから感情があります。
不安や迷いを抱えて当たり前です。

 

 

でもその不安や迷いに貴重な人生をすべて委ねてしまう事こそが最大のリスクではないかと思います。

 

 

例えばあなたが今の仕事を辞めたら明日から収入がゼロになるはずです。

 

 

怖いですよね。今の時代はお金がなければ生きていく事が出来ませんものね。

 

 

でももしあなたの財布に毎月お金を入れてくれる資産があったらどうでしょうか?
仕事なんて今すぐやめて自由に生きているはずです。

 

 

ハッキリと言いますが安定した仕事なんてこの世に存在しません。
サラリーマンでも自営業でもリスクがあるわけです。

 

 

サラリーマンならいつリストラに合うか分かりませんし、ケガや病気になれば途端に収入はゼロです。

 

 

自営業でも油断すれば売上げが一瞬でガタ落ちになる可能性もゼロではありません。

 

 

 

・自分の力でお金を稼ぐ能力を高めて自由を手に入れるか。
・他人に収入や人生のすべてを任せて死ぬまで会社で働き続けるか。

 

 

答えはあなたの考え方、そしてあなたの選択次第です。

 

 

でも自由な暮らしが手に入ったならその自由は謳歌しなければ損です。

 

 

田舎暮らしを楽しむなり、
パソコン1台で世界を飛び回るなり、
大切な人たちと有意義な時間を過ごすなり
もう好きにして下さい。

 

 

正しい努力は裏切らないと僕は信じています。
努力の先にある自由な世界はあなたの努力が授けてくれた贈り物です。

 

 

肉体的にも精神的にも一切縛られない世界。
その自由な世界をしっかりと噛みしめ、そして受け入れて下さい。

 

 

出来れば恐怖心と友達になって下さい。

 

 

あなたの人生はあなたが決める権利があります。
そして僕らには自由に生きる権利があると信じています。

 

 

もうそろそろ自分の人生のために生きてもいいと思います。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。