自分の人生は自分で決める

自分の人生は自分で決める!
 このエントリーをはてなブックマークに追加
≫南国リゾート移住して週4時間だけ働く人生!今より自由でハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

自分の人生は自分で決める!

 

たまにブログを書いたり、メール1通書くだけで50万や100万や200万円を一瞬で稼げるようになると、
多くの人は浮足だって浪費に走ることが多いようです。

 

 

ある友人はアフィリエイトで稼げるようになった途端に新車のレクサスを買い、都内の4LDKマンションに引越しました。

 

 

ロレックスやブランド服で身を固め、いかにもうさん臭い系ファッションで毎晩、夜の六本木や西麻布を闊歩するようになりました。

 

 

まさに独身貴族とやらですね。

 

 

ちなみに彼は島根のド田舎で生まれ、いつの間にか蒸発した父親をよそに、母親に女手ひとつで育ててもらったそうです。

 

 

インターネットビジネス(アフィリエイト)で稼げないころの純朴だった彼は、
『苦労かけた母親に恩返しがしたい!』と、しきりに話してくれました。

 

 

ところが月収100万円をあっさりと達成し、夢をかなえた結果、どうやら燃え尽きたようなのでした。

 

 

親孝行という目標を達成するまで死ぬほど頑張ったが、どのように生きていきたいかが明確でなかったせいで、次の目標を見失ってしまったわけですね。

 

 

つまり彼の中には、
【お金を持ったら成金暮らし】しか人生の選択肢が存在しなかったわけです。

 

 

その結果、ブランド服や時計や車を追いつづけることこそが幸せ。

 

 

いわゆる、物を集める生活という、ゴールの無い欲望のレースを延々と繰りかえすことになったのでした。

 

 

「自分の人生を自分で決める」とは他人軸じゃなく自分軸で生きること

 

ところであなたは、月に200万円や300万円が働かずに入ってくるとしたらどのように生きていくか、1度でも考えたことがあるでしょうか?

 

 

『そんな夢の暮らし自分には絶対無理だ』と思うかもしれませんが、今はインターネットがあります。

 

 

目のまえのパソコンで世界とつながり、たった1人でビジネスをおこなっていくことが可能な時代なんですね。

 

 

それにインターネットビジネス(アフィリエイト)は、集客→販売→利益のシステム化が可能です。

 

 

ようは洗濯機や食洗器とおなじように、収入も自動化できるわけです。

 

 

しかもほんの2~3万円程度の初期投資で、その日からビジネスオーナーになることができるのです。

 

 

ところがもしこれが飲食店などの店舗型経営の場合は、集客→販売→利益のシステム化に骨が折れるんですね。

 

 

なぜなら自分がいなくても現場がまわるシステム構築には、高額な設備投資と従業員教育が必須だからです。

 

 

潤沢な資金がある大手ならシステム化が簡単かもしれませんが、力や経験がない個人では到底無理な話です。
(中には突き抜ける個人の方もいますが)

 

 

今日から始める!自分の人生を自分で決められるたった1つの仕事とは?

 

インターネットをつかったビジネスなら、口座に次々とお金が振りこまれるシステムを、たった1人で作りあげることが十分可能です。

 

 

とくにアフィリエイトなら、初期投資がほぼ不要でしかも短期間で収入を完全に自動化できる唯一のビジネスです。

 

 

会社に収入も人生もなにもかもを依存した状態、もはやそれは自分の人生を会社に決めてもらっていることと同じと言えるのかもしれません。

 

 

そこで、自分の人生を自分で決める唯一の方法として、まず1番に重要なのが経済的な自立です。

 

 

国や会社に頼らずとも、自分の力でお金を生みだす能力を身につければ、自分の人生を自分で決められますし、人生を自由にデザインすることが可能になるのです。

 

 

何度も言うようですが、現代は高校生でもパソコンやスマホでお小遣いを稼ぐような時代ですから、僕ら大人にできないはずがありませんよね?

 

 

ここまで真剣に読み進めてこられたあなたならすでにお分かりだと思いますが、今の時代は、もう自分の人生は自分で決めることができます。

 

 

実は、就職やバイトが人生のすべてではなかったのです。

 

 

自分の人生を自分で決めなければ、親や会社など、周りのだれかにぜんぶ決められてしまうんです。

 

 

今日はせっかくですから、自分に以下のように問いかけてみるのもいいかもしれません。

 

 

自分は、人生を仕事で埋め尽くしたいのか?

 

自分は、人生のなかに仕事がちょっぴり存在しているくらいがいいのか?

 

自分の人生を自分できめるのがめんどくさいのか?

 

自分の人生を自分で決めるのが怖いのか?

 

自分の人生を自分で決める勇気と覚悟があるのか?

 

 

迷ったときは自分に質問すると、人生の見とおしが良くなる場合があります。

 

 

たいていの人はほんとうになにがほしいのか、心の中でわかっています。

人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。
ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです。
バーバラ・ブラハム

 

 

PS,

 

 

僕のブログやメールマガジンを読んでくださっている方から、先日以下のようなメッセージが届きました。

 

 

『好きな場所に住んで自由に稼いでと、さぞかし優雅な暮らしをしているんでしょう?』、と。

 

 

・・・僕なんかは、いたって普通の暮らしです。

 

 

なぜなら自分のなかで大事にしている価値観が、高級外車やタワマンや時計やブランドバッグやキャバ嬢と朝まで豪遊ではないからです。

 

 

悩みや苦しみの正体でもお話しましたが、たとえば高級外車やタワマンや時計やブランドバッグがただの記号に見えてしまうんです。

 

 

僕は体験や経験、いわゆる物質的満足でなく精神的満足を人生で重要視しています。

 

 

ですので、そもそもモノを集めること自体に興味がありません。

 

 

体験や経験というのは、たとえば知らない国で見たこともない海の色を見たり、聞いたこともない言葉を話す人と出会い縁を深めることです。

 

 

あとは海外や田舎で飲んだこともないお酒を飲んだりと、新しい世界を大切なひとと見ることなどに価値を感じているわけです。

 

 

ほかにも、住みたい場所に住んだり、親を旅行に連れていったり、大切な家族や仲間とバーベキューしたりですね。

 

 

マスメディアが意図的に作りだした流行とやらに踊らされて、お金をだしてモノを集めるよりも、体験と経験を自分の意思で買うほうが僕は好きです。

 

 

でも以前までは僕も、モノを買って満足して結局つかわないモノで溢れていました。

 

 

これはマスメディアが意図的に作りだした流行とやらに、踊らされていたということになるのでしょう。

 

 

なんとも情けない 笑。

 

 

それにモノはいつか壊れたり古びたりしますが、思い出は死ぬまで消えないですよね?

 

 

一眼レフで時間を切りとればそれこそ、その時の楽しかった思いでをいつでも再体験することができますね。

 

 

それが今の自分の喜びと、人生における満足を感じられる瞬間です。

 

 

「なぜ他人に自分の人生を決められる必要がある?」、
「自分の人生くらい自分で決めるんだ」と本気で決断したら、
人生を好きなようにデザインできるようになったと感じています。

 

 

PPS.

 

 

沖縄移住まであと数日。
部屋はすでに段ボールの山。

 

 

いよいよ家になにもないので、フライト当日までどこか川魚のおいしい田舎にでも、家族でフラリと旅してこようかと考えています。

 

 

追記

 

 

沖縄移住しました。

 

参考
沖縄移住後のゆる~い生活

 

 

PPPS.

 

 

ブログやメールマガジンで月に100~300万円以上稼ぎ続ける手法は、下記で具体的にお話しています。

 

自分で稼ぐ力が10日で身につく無料メールセミナー
今だけ13790円相当の電子書籍無料プレゼント中。

 

※いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めにどうぞ。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。