プロブロガーが稼げない理由

プロブロガーが稼げない理由
 このエントリーをはてなブックマークに追加

プロブロガーが稼げない理由

 

実はプロブロガーというのは1日に5~6記事、または5~10記事を永遠と書き続けて初めて稼げるジャンルです。

 

 

1記事1時間かかったとして、5~10時間は背中を丸めてまるでロボットのようにキーボードを叩き続ける必要があるわけです。
これじゃあ普通のサラリーマンと変わりませんね。

 

 

自由になるためにプロブロガーになるのは1つの選択肢として理解出来ますが、それはもはや肉体労働と何ら変わりません。

 

 

プロブロガーとはつまり、
1日200万ページビューのように莫大な数を集めて初めて30万円や50万円といったまとまった金額を稼げるわけです。

 

 

気が遠くなりそうです。

 

 

ちなみに僕はまだ1日のアクセスが30や50という貧弱な数字でも1日に30万くらいなら稼いだ経験があります。
それは僕がプロブロガーを目指さずに、セールス専用のコピーライティングスキルを磨いたからです。

 

お金を稼ぐため、つまりどんな商品でも売れるようになるための正しいライティングスキルだけにフォーカスしたからこその結果なのですね。

 

 

コピーライターと言えども確かに上には上がいますが、そもそも僕にとっては4つの自由を手に入れるのが人生の最大の目的なので上を目指そうとは今でも考えていません。
だいたい毎月100~300万円くらいあればわりと不自由なく暮らしていけると考えているので。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

プロブロガーが1日10時間以上パソコンに向かって1日にようやく1~2万円稼ぐのに対して、僕らはブログを基本的に放置です。
それは今まで書いた記事が勝手にお金を稼いでくれるからですね。

 

 

たまに3~10日に1度、記事更新するだけで毎日5~10万円以上を稼ぐわけです。
セールスコピーライティングスキルの圧倒的な可能性がお分かり頂けたのではないかと思います。

 

 

僕の知っている方で大手広告会社のプロデザイナーからコピーライターに転身した女性がいます。
プロデザイナーからコピーライターというまったく畑違いの場に彼女が魅力を感じたのは他でもなく、圧倒的な収入の差です。

 

 

いくらカッコいいデザインが作れた所で、やはり相場以上の価格では売れません。
つまり収入がいつまでも同じという事ですね。

 

 

それはプロブロガーでも同じです。
雲ひとつない晴れた日でも、盆も正月もクリスマスも大型連休も部屋にひきこもってパソコンとにらめっこの毎日。
なぜなら1日に5~10記事更新しないと売上がたたないからです。

 

 

想像してみて下さい。
晴れた日も雨の日も雪の日も、おめでたい日も記念日も死ぬまで部屋に引きこもって1日10時間以上背中を丸めて必死にキーボードを叩く姿を。
確かにサラリーマンより自由はあるわけですが、例えばたまに出かけた旅行でも結局部屋で記事の更新を余儀なくされるのです。

 

 

プロブロガーでは本当の自由が掴めないのがお分かり頂けたはずです。

 

 

PS.

 

 

4つの自由を手に入れるためには、どんな商品でも売れるようになるスキルを身に付ける必要があります。
その意味でも肉体労働は絶対にするべきではないと思います。

 

 

まずビジネスを学び収入の仕組みを一生懸命作る。
その仕組みの中に自分を歯車として組み込まない。

 

これが4つの自由を手に入れる唯一の方法です。

 

 

僕らは仕組みの歯車としてせっせと働くのでなく、あくまでも仕組みを所有する。
自分のビジネスを支配出来れば、自分の人生なんて思う通りに生きていく事が出来るのです。

 

 

国や会社のために脇役に回るのでなく、そろそろワガママに生きてもいいと思います。
現代は人に迷惑さえかけなければワガママに生きていける時代ですものね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。