このページの先頭へ

プラス思考は現実逃避になる可能性があるので要注意!

 このエントリーをはてなブックマークに追加

プラス思考は現実逃避になる可能性があるので要注意!

 

あなたの周りにはやけにプラス思考の人がいませんか?

 

 

例えば、これから1時間をどう過ごそうかと考えた時、笑って過ごすのか、ふてくされて過ごすのか。

 

 

どうせなら笑って過ごしたいですよね。

 

 

おそらく居ないと思いますが、
もし『ふてくされて過ごしたい』と考えるなら、このページを閉じてもらった方が良いかもしれません。

 

不愉快な思いをされる可能性があるので。

 

 

先ほどもお話したように、多くの人は出来る事なら笑って過ごしたいと考えると思います。

 

 

前向きで楽しく、心がウキウキするような過ごし方を心から望んでいると思います。

 

 

もちろん僕もあなたと同じ考えです。

 

 

今日はプラス思考をはき違えるとただの現実逃避になる危険性についてお話させて頂きたいと思います。。

 

プラス思考は現実逃避!?

 

例えがあった方が分かりやすいかと思いますので、僕が店をやっていた頃に一緒に働いていた従業員の男の子を例に出したいと思います。

 

【以下Sとします】

 

 

当時Sは仕事がデキるとはお世辞にも言えないレベルだったのですが、考え方はとてもプラス思考な人間でした。

 

 

もうお分かりかと思いますが、間違えたプラス思考の持ち主だったという事です。

 

 

Sは失敗を反省する事が出来ずに、逆にその失敗を自分の中でいつもなかった事にしてしいたのです。

 

 

簡単に言うと自分の自尊心が傷つくのが嫌で失敗を失敗だと認めずにすぐに忘れようとするタイプだったんですね。

 

 

結果、仕事の面で成長する事ができずに同じ失敗を何度も繰り返していました。

 

 

今でこそプラス思考やポジティブシンキングは世の中の当たり前になっていますが、本質を熟知しないまま自分を無理やりプラス思考にもっていくと大きな間違いが起こりやすいので注意が必要です。

 

 

プラス思考をはき違えている人の特徴は、
プラス思考が現実逃避になっている所です。

 

 

分かりやすく言うと、
【嫌な部分を極力見ないようにしている】という事ですね。

 

 

本来ならプラス思考というのは、嫌な事や失敗は受け入れて何かのきっかけになるよう前向きな考えに昇華する心構えなはずで、嫌な事や失敗を見ないようにする事ではないはずです。

 

 

でも自分が気分が悪くなるような事だったり、プライドが傷ついてしまう事は極力避けたいと考えるのは人情ですね。

 

 

あなたの周りにもいませんか?

 

『えっ?』と思うようなことを平気でやってしまう人が。

 

 

ましてや親の世代ほど年齢を重ねた人でも同じように。

 

 

結局、年齢ではないのだと思います。

 

 

妙に頑固になったり、他人からの借り物の色メガネで物事を見てしまうと成長は止まってしまいますからね。

 

 

 

 

 

 

PS.

 

 

信じるものや自分の教育方法を間違えると、人は恐ろしい方向へすすんでしまう可能性もあるので芯はしっかりと持っておきたいですね。

 

 

こんな時代だから特に。

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

←前のページ
株で6000万儲けて自由になった友人とチャンスの話

 

→次のページ
自分らしさが分からなくなって自分らしく生きれていないなら

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。 有益な情報はもちろん追加プレゼントも随時配布予定ですので、良くお使いになるメールアドレスをご入力ください。ご不要なら1クリックで解除可能です。

TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材