チャレンジしない人生の悲惨な結末

チャレンジしない人生の悲惨な結末
 このエントリーをはてなブックマークに追加
≫南国リゾート移住して週4時間だけ働く人生!今より自由でハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

チャレンジしない人生の悲惨な結末

 

ところであなたは、自由を手にするために必要なたった2つのシステムをご存知でしょうか?

 

 

結論からお伝えしますが、自由になるためのたった2つのシステムが以下です。

 

 

①「全自動集客システム」

 

②「不労所得発生システム」

 

 

聞きなれない言葉かもしれませんが、非常に重要ですので以下をもう一度よく見られてくださいね。

 

 

①「全自動集客システム」

 

②「不労所得発生システム」

 

 

実はこの2つのシステムがあれば、4つの自由を手にすることは簡単と言えます。

 

 

というのも、そもそも商売とは「人を集めてモノやサービスを売る」といった、とてもシンプルな行動だからです。

 

 

ところが多くの商売人は、自分自身を歯車としてシステムに組みこむからこそ、忙しい毎日から抜け出せないでいるのですね。

 

 

もちろん、僕も過去に自由を目指して飲食界隈で独立したのにもかかわらず、みずから長時間労働地獄の罠にはまったひとりです。

 

 

当時は、「ミイラ取りがミイラになるとはまさに自分のことだ…」と、ひどく落ち込んだものです。

 

 

つまり自分がビジネスをやるのでなく、
「自分がいなくてもうまくいくシステムを所有する」というマインドが経済的成功、さらに自由への本当に正しい第1歩目と言えるのですね。

 

 

その、「自分がいなくてもうまく回るシステム」こそが、

 

 

1「全自動集客システム」=ブログ

 

2「不労所得発生システム」=メルマガ

 

 

この2つのシステムなのです。

 

 

もしあなたがすでにパソコン1台でお金を稼ぐ感覚を味わっているならご存知かと思いますが、現代はインターネットを使えば金銭的リスクなど、ほぼゼロで独立可能です。

 

 

そうしてどこの誰かも知らない個人が、指さきひとつで巨額のマネーを稼ぎ出すことが可能な時代です。

 

 

ここでハッキリとお伝えしますが、商売はやったもん勝ちです。

 

 

お金もちもそうでない人も、その誰もが希望や不安のはざまで生きているわけですが、実は結婚も家庭も仕事も恋愛も趣味も遊びも、
「人生におけるすべてのチャレンジ」においては、やってみなければ分からないことだらけです。

 

 

ちなみに僕も自分が成功するかどうかなんて当時はまったくの未知でしたし、そもそも丸腰でビジネスの世界に飛び込みましたから、希望よりも不安のほうが圧倒的に大きかったのは事実です。

 

 

でも、チャレンジしなければ、このさきずっとお金の苦しみから逃れられないことは明らかでした。

 

 

いずれにしても才能があるか成功できるかなんて、とにかくやってみなければ分からないのです。

 

 

とはいえ、あなたに僕の考えを押しつけるつもりはさらさらありません。

 

 

誰にだって向き不向きや、得意不得意はありますものね?

 

 

ただ、
「現状にとどまることがリスク?」なのか、
「チャレンジするのがリスクなのか?」を考えたときに、
そのどちらもリスクだとしたなら、チャレンジたほうがいくらかお得な気がするのです。

 

 

「一度きりのこの命をどのように使うのか?」を考えたときに、僕はもうこれ以上、他人に自分の人生を奪われるのはたくさんだと思いました。

 

 

終わりに向かって歩くのが人生ならば、人生が終わる前日にこれまでの生き方を後悔したくない、それが僕の正直な想いです。

 

 

PS.

 

 

自由がすべてとは言いませんが、夢を見るのは子供だけの特権であり、僕たち大人が夢を見るとバカにされるのはおかしな話だと思いませんか?

 

 

僕らが生きるこの人間社会は、人生にちょっとでもアドリブを効かすと「アイツは変わったやつだ!」などとレッテルを張られます。

 

 

そうしたシガラミに本気で疲れたなら、それはその世界に向いていないと言えるのかもしれません。

 

 

ただ1つ確かなことは、夢を生きることは恥ずかしいわけではないということ。

 

 

夢をどこかに置き忘れて死んでるか生きてるかわからないように生きるよりも、活き活きと毎日ワクワクしながら夢を生きるほうが、誰から見たって輝いて見えるものです。

 

 

確かに命の燃やしかたは、それぞれの考えかた次第です。

 

 

一瞬だけ燃え上がり、一瞬で灰になるのか?

 

他人に炙られて、やがて燃え尽きるのか?

 

メラメラと、まるで炭のようにずっと燃え続けるのか?

 

 

人生1度きりだからこそ、メラメラと静かにアツく燃え続けていきたいものです。

 

 

チャレンジしなければ可能性はゼロのままですが、思いきってチャレンジすると可能性がゼロではなくなります。

 

100人中70人の老人へのアンケート回答結果
人生で最も後悔していることは【チャレンジしなかったこと】

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。