メルマガ解除を恐れない【メルマガは解除されて当たり前】

メルマガ解除を恐れない【メルマガは解除されて当たり前】
 このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ解除を恐れない【メルマガは解除されて当たり前】

 

今日のテーマとしてはメルマガの解除率についてと、あなたのメルマガが解除される意味合い、
そしてその重要性についてお話させて頂きたいと思います。

 

 

まず僕たちにとってのメルマガの意味合いというのは、
【優秀な営業マン】です。

 

 

あなたがすでにメルマガを始めておられるとしても、もし、まだ始めていないにしても、

 

メルマガについては僕たちの収入源に直結する大事な媒体ですし、いずれあなたがさらに飛躍を決意した時には、その媒体と膝を突き合わせて対峙しなければならない作業になると思います。

 

 

 

今日はそのメルマガの解除率についてです。

 

 

メルマガの解除率を恐れない

 

 

まず結論から述べたいと思います。

 

 

メルマガについては【解除されて当たり前】なのだと、マインドをセットして下さい。

 

 

そしてあなたのメルマガを解除する人達というのは、始めから商品を買いたいと考えてあなたのメルマガに登録していないという事を胸に留めておいて下さい。

 

 

つまりはこうです。

 

 

【稼ぎたいけどお金なんて絶対にかけたくない】

 

【発行者を利用して自分だけ良い情報を仕入れよう】

 

 

あなたのメルマガを解除する人というのは、メルマガ登録当初からあなたの事を信用していない層なのです。

 

 

 

それは冷やかしだったり、ヒマつぶしだったりと、単にそれだけの理由です。

 

 

ここで考えてみて下さい。

 

 

このマインドの人たちに僕たちが良い商品を紹介するべきなのか】と…。

 

 

正直、これはどう考えても不可能ですよね。

 

 

 

僕たちが時間と労力を費やして得た情報やノウハウを信じてもらえるどころか、解除者には冷やかしの目で見られている。

 

 

 

ハッキリと言います。

 

 

僕たちはビジネスを行っています。

 

そしてその先の目的は言うまでもなく、『自由』なのではないかと思います。

 

 

そのように、目的をしっかりと定めてビジネスを行っている僕たちが相手にする層は冷やかしの層ではありません。

 

 

むしろ僕たちはビジネスを行っているわけですから、利益を出さなければそれはただのボランティアです。

 

 

僕たちの目的は自由なのですから、その為の手段は言うまでもなく【利益を上げる事】ですね。

 

 

ビジネスは利益がなければただのボランティアなのです。

 

 

メルマガ解除率と自身の情報発信の質向上は比例する

 

 

ここまでの内容はお分かり頂けているでしょうか?

 

 

もしあなたがメルマガを導入する段階へまだ辿り付けていないのでしたらこれまでと変わらず、作業を焦らず進めてみて下さい。

 

 

いずれはメルマガを発行するべき時がやって来るはずですから、その時にこの記事を再度読んで頂ければ結構です。

 

 

続けます。

 

 

 

メルマガ解除をされるのは当たり前というのはすでにお伝えした通りです。

 

 

ここでメルマガ解除の原因を深めてみます。

 

 

 

・情報発信の質が良くなかった
単に飽きられた
・役に立たない
売り込まれるのが嫌だった

 

 

 

などなど、解除する側にもなんらかの理由があると思います。

 

 

ただここで注意したいのは、
売り込まれるのが嫌だった】、

 

 

この層ですね。

 

 

 

この層のメルマガ解除の原因は気にしなくても大丈夫です。

 

 

まず考えても意味がありません。

 

 

この層は初めから購入意欲がないわけですから当然です。

 

考えるべきところは、購入意欲を高める内容で構成しているか、です。

 

 

 

もう1つ気にすべきところは、
飽きられた
役に立たない

 

ここですね。

 

 

 

商売が【商い】と言われるように、【飽きない】工夫が必要なわけです。

 

 

ただ、飽きられないためのブログやメルマガ記事は、ただただ退屈なだけでその他大勢に埋もれてしまいます。

 

 

 

ここでやはり、ファン化の戦略こそが、ビジネス全般において突き抜けて成功する要因ではないかと思います。

 

 

例えばヴィトン、グッチ、ティファニー、フェンディー。

 

 

そのすべては創業者が自分で自分の商品に価値をつけただけの、ただのブランドによってその値段と価値を高めています。

 

 

このブランド戦略は個人でも十分に可能です。

 

 

 

メルマガ解除にしても、本当にその人の考え方や価値観に共感を持てたりすると、その人のメルマガを解除する気さえも起こってこないと思います。

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。