【金持ちになる仕事】一般人が金持ちになるたった1つの職業

お金持ちになる仕事

 

職業選択を間違えてはいけない

 

世のなかの95%の人たちが一か月をようやく食いつなぐ程度の給料をもらい、家と職場の往復人生を歩まなければならない理由。

 

 

それは親や学校など周りの大人たちから、
「安定した職業に就いて安定した給料を貰いなさい」と教えられたからです。

 

 

だからこそ、全体の5%のお金持ちはますますお金持ちになり、95%の一般人たちは月収30万円以内のカツカツ生活からいつまでたっても抜け出すことができないのです。

 

 

その意味では、
「どんな仕事を選ぶか?」でそのひとの人生のすべてが決まると言えそうです。

 

 

つまり、お金持ちになれる仕事(職業)を自分の意志で決めなければ、60代や70代になってまでもお金でウロウロしなければならない悲惨な人生になる危険性があるのです。

 

 

そこでここからは、
唯一お金もちになれる仕事と、一生お金もちになれない仕事、
それらをこれからあなたへ具体的かつ簡単にお伝えしていきますね。

 

 

ちなみに過去の僕も親の破産で極貧生活をおくった経験がありますし、親や教師から教えられたように生きてみたら月収18万円程度でカツカツ生活をおくるハメになりました。

 

 

そんな、なにも持っていなかった僕でも独立10年目になり、月収18万円ほどから月300万円くらいまで成長できましたので、あなたがこのページを読みすすめるうえで多少のメリットはあると思います。

 

 

お金の稼ぎかたは3つある

 

この世のなかには、お金の稼ぎ方が3つあります。

 

その3つが、
①労働で稼ぐ。
②資産で稼ぐ。
③ビジネスで稼ぐ。

 

 

結論からいうと、ただの一般人(僕も含めて)がお金もちになるのに最も実現可能性が高く、もっともストレスが少ないのが③の「ビジネスで稼ぐ」と言えそうです。

 

※あとで具体的に解説するので、ひとまず読みすすめてくださいね。

 

【①労働で稼ぐ】労働者階級は絶対お金持ちになれない

 

この、「①労働で稼ぐ」の実態をひとことで言うならば、時間で稼ぐ方法ですね。

 

 

いわゆるサラリーマンやOLといった、他人から毎月お給料をもらう稼ぎかたが労働者階級にあたります。

 

 

たとえば飲食店勤務者や美容室などのお仕事。

 

ほかにも工場勤務など、会社に雇われて時給や月給で毎月お給料をもらうひとたち全般が、労働者にあたるわけですね。

 

 

とはいえ、実は個人事業主(フリーランス)や株式会社の代表取締役などの社長だとしても、自分が職場にでて自分が働かねば稼げない状態なら、労働者階級となんら変わらないのです。

 

 

つまり、労働者にせよ経営者にせよ、日常的に貧乏ヒマなし状態ならば労働者ということになりますね。

 

 

ちなみに過去の僕もブラック企業で働いたり、独立して飲食店経営をやってみましたが、この労働者階級ではいくら一生懸命に働いても自由になれませんでした。

 

 

どうやら、雇われサラリーマンやワンマン経営者を一刻もはやく卒業しなければ、人生が単なる労働だけで終わってしまうようです。

 

労働者が月収100万円稼げない理由

 

たとえば1日は24時間ですよね?

 

 

時給1000円で24時間働いたら、1000円×24h=24000円。

 

 

つまり、時給1000円で24時間ぶっとおしで働いても、1日に稼げる金額はたったの24000円なんですね。

 

 

日給24000円で30日間休まず働いたら、24000×30=月給72万円。

 

 

このように労働者階級では、人間が休まず働いても月収100万円を稼げないのです。

 

 

というよりも、僕らは機械じゃなく人間ですから、24時間365日働くなんてムリに決まっています。

 

 

つまり、労働者はお金持ちになるルートではないということ。

 

 

「労働者(サラリーマンやOL)はお金持ちになれる仕事じゃない」という事実が、明らかになりましたね。

 

 

労働者というお金持ちになれない仕事だからこそ、その労働人生を勇気をもって卒業する決断をくだした人だけがお金持ちになれる。

 

 

僕らが生きるこの社会は、そんな仕組みでできているのです。

 

【汗のはかり売り】95%の労働者階級から抜けだせ

 

実は、世のなかの95%の人びとが労働者階級に当たります。

 

そこで以下をご覧ください↓。

 

①非常ベルのような目覚まし時計で目をさます。

 

②囚人服か制服かわからない服に着替えて家を飛びだす。

 

③まるで夢遊病のように満員電車で会社へ運搬される。

 

④決して楽しくもない仕事を長時間こなして深夜に帰宅する。

 

⑤帰宅後はシャワーしてご飯たべて寝るだけ。

 

⑥ギリギリの生活費(給料)の範囲内の人生を我慢して生きる。

 

上記6パターンを老人になるまで無限ループ。

 

僕たちがこれまで教えられてきた「安定した給料をもらう人生」を一言でたとえるならば、それは
「流した汗のはかり売り」です。

 

 

つまり、労働した分しか稼げない仕事では、一向にお金持ちになれない事実。

 

 

とはいえ、その残酷な現実をまず静かに受けいれることから豊かで幸せな人生の旅がはじまるので、安心してくださいね。

 

 

ここからが重要なのですが、
「サラリーマンじゃお金持ちになれない、ならば貯金で投資を始めたらどうか?」、これもまた危険な思考回路ですので注意したいところです。

 

【②資産で稼ぐ】ハイリスクローリターンの現実

 

資産で稼ぐ方法は、以下2つが現実的ですね。

 

 

①親から莫大な遺産がはいったから運用する。
②貯金で株式投資や不動産投資を始める。

 

 

とはいえ、この「資産で稼ぐ方法」は、現段階である程度のまとまった資金が必要です。

 

 

ゆえに、あなたが今500万円~1000万円ほどの現金をもたない場合は、資産で稼いでお金持ちになるのは不可能だと考えておいて大丈夫です。

 

 

ちなみにローンなどの借金はリスクが大きすぎて、1度失敗したら再起不能レベルになる危険性があります。

 

 

ですので、借金(レバレッジ)を効かせて一攫千金を狙うといった、博打ギャンブル的思考は現実的ではないので除外します。

 

 

むしろ、莫大な借金を抱えて勝負するのは、こんな不景気な現代では危険すぎると言えるでしょう。

 

親から莫大な遺産や宝くじへの期待の危険性。

 

自分の力で稼ぐ力がなく、とつぜん大きなお金を手にしてしまった場合は、高確率でそのお金のすべてを失います。

 

 

なぜなら、人間は自分の器を超えた額のお金をあつかえないから。

 

 

たとえば宝くじで大当たりしたひとが、数年後にホームレスになるパターンは意外に多いんですよ。

 

 

というよりも、親の莫大な遺産がはいったり宝くじが当たる可能性はそもそも低すぎるので、一般人が短期でお金持ちになる手段としては非現実的と言えそうです。

 

 

そもそもの話、そうした「棚からぼたもち的なできごと」を期待するよりも、自分で稼ぐ力を身につけてさっさとお金持ちになる仕事を始めるほうが賢い選択といえますね。

 

貯金で株式投資や不動産投資を始める危険性。

 

考えておきたいのは、「劣化しない資産はない」ということ。

 

 

たとえば、不動産は買った時点で資産価値が半額になるのはわかりますよね?

 

 

それに大金をはたいて購入した物件に事故が起これば、その不動産が一瞬で無価値になる危険性があります。

 

 

現代は過去のように不動産バブルじゃないので、利回りはよくて年間5%が関の山でしょう。

 

 

・・・利益が少なすぎます。

 

 

その意味では、不動産投資はハイリスクローリターンと言えそうです。

 

 

また、一攫千金をねらって株式投資や仮想通貨をはじめても、株価が上がるか下がるか的確に見抜けない場合は、購入した株や通貨が高確率で紙クズになる恐れがあります。

 

 

つまり、1000万円か2000万円程度しかもっていないただの素人がいざ相場の世界に飛びこんでも、世界中のプロの機関投資家や個人投資家の養分に成りさがるだけと言えるのです。

 

 

その意味でも、自分の力で稼ぐ力を身につけて、国や会社に頼らず自由に生きられる仕事こそがビジネスなんですね。

 

 

つまり、お金持ちになる仕事とは、労働者でも投資でもない。

 

 

そこで、ただの一般人が短期で人生をガラリと変えらえる仕事はビジネスしかないと、個人的には信じています。

 

 

ただし、ビジネスにも「自由になれる仕事」と「自由になれない仕事」があるので、ここからは自由にもっとも近くお金持ちになる仕事(ビジネス)について簡単に解説していきます。

 

しっかりとついてきてくださいね。

 

【③ビジネスで稼ぐ】実現可能性が高くお金持ちになる仕事

 

ビジネスを一言でいうならば、アイディアとシステムで稼ぐ。
給料じゃなく、結果で稼ぐ。

 

 

それがビジネスととらえて頂いて大丈夫です。

 

 

ただ、先ほどもお伝えしたように、個人事業主や会社の代表取締役が、お金持ちで自由であるわけではまったくありません。

 

 

ちなみにお金持ちそうに見える医者や弁護士も、自分が職場にいないと収入にならないなら、それは単なる労働者なのです。

 

 

なぜなら、医者や弁護士や社長になったとしても、自分が現場に出なくてはお金が稼げないのであれば、それはただの労働者と変わらないからです。

 

 

そこで重要なのが、収入の自動化。

 

 

つまり自分のビジネスに自分を歯車として組みこむのでなく、自分の代わりにシステムに働いてもらう。

 

 

ここまで読み進めらえる思慮深いあなたなら、もうおわかりですよね?

 

 

もうハッキリと言わせてもらいますが、

 

①実現可能性の高さとストレスの少なさ。
②労働とお金の交換から卒業。
③自由に最も近いビジネス。

 

これら3拍子すべてそろったビジネス。
いわゆる、学歴も人脈もなにもない一般人がお金持ちになる仕事は、現代ではアフィリエイトだけなのです。

 

「お金に邪魔されない人生」が本物のお金持ちの証

 

僕らが生きるこの人間社会では、95%の人たちが生活費を稼ぐために仕事をしています(過去の自分も含めて)。

 

 

でも、もらえる給料なんて、1か月をようやく食いつなげる程度。

 

 

だから、今日もまた職場にでかけて、朝から晩まで仕事する。

 

 

そんな生活を繰りかえしても、お金もちになれるはずがありません。

 

 

なぜなら、人生に職場と通勤がある限り、その仕事はお金持ちになる仕事ではないから。

 

 

ちなみに僕は10代のころから、バカの1つ覚えのように以下4つの自由を追いかけまわしてきました。

 

①住む場所の自由。
②時間の自由。
③人間関係の自由。
④経済的自由。

 

リアルビジネス(店舗型ビジネス)とネットビジネス(アフィリエイト)のどちらも起業した経験から言わせてもらえば、上記4つの自由が手にはいるビジネス。

 

 

いわゆる、お金持ちになる仕事はアフィリエイトだけだと経験から思います。

 

 

考えてみてください。

 

 

お金に邪魔される不自由な人生でなく、
誰だってお金に邪魔されない自由な人生がいいに決まっています。

 

 

ですので、学歴や過去や年齢など関係なく誰でも手にいれられるという事実を、今は胸にとめておいてください。

 

 

もうこれ以上、国や会社に自分の人生のすべてを搾取されるわけにはいきません。

 

僕らには自由に生きる権利があるのです。

 

ただの一般人が今すぐお金持ちになる方法

 

ほとんどの人たちはただなんとなく、
「この仕事はオシャレでカッコよさそうだな」とか、
「この仕事は今より給料がいいな」といった、安易な考えで仕事を選んでしまっています。

 

 

もちろん過去の僕も、そうした目先の小銭を拾うような仕事を選んでしまって、カツカツの生活を強いられました。

 

 

それはまるで、ただただ生活費を稼ぐためだけに生きているような感覚。

 

 

毎月、たった1回しかもらえない少なめのエサをあてにして、人生のすべてを他人に依存するむなしさ。

 

 

そんな、同じことの繰りかえしの毎日が退屈で退屈で、自分の人生になにひとつ満足できませんでした。

 

 

「自分はいったい誰を金持ちにするために働いてるのか?」
と、奴隷のような暮らしが本気でイヤになり飲食店経営で独立したけれど、あえなく失敗。

 

 

そこからお金持ちになる仕事を始めたわけですが、結果的に自由になれたので、あのとき勇気を出してアフィリエイトを始めてよかったと思えるようになりました。

 

あなたの大きな夢を萎えさせるような人間には近づくな。

たいしたことない人間ほど、人の夢にケチをつけたがるものだ。
真に器量のおおきな人間は、自分にも成功できると思わせてくれる。
マーク・トウェイン

 

以下もあわせてどうぞ。

 

【無料】自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。
いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めに。

 

 

あとがき/金持ちになる仕事

 

テレビなどの影響からか、沖縄は1年中晴れていて温暖なイメージをもっているひとが意外に多いようです。

 

ちなみに僕も沖縄移住したてのころは、そんなイメージがありました。

 

でも冬はほとんど曇りで、北風がきつく、南国なのに寒いです。

 

とはいえ、夏になるとこんな日が多くなります↓

 

金持ちになる仕事,職業

 

快晴の沖縄は、最高にきもちいいですね。

 

週4時間だけ働く!僕が家族で南国移住し働かず自由に暮らすワケ

 

 

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る