家族がある方専用ページ記事一覧

僕たちは家族で移住を考えています。先日は移住先を探すという事で平日から家族で台湾に家族旅行に行ってきました。妻とヤダヤダ期の小さな娘を連れての海外旅行はやはり疲れました(笑)その翌月には住む場所探しに本腰を入れて、僕1人でタイに行ってきました。ついでに家族でシンガポールも↓※2017年現在、家族で沖縄移住中です。※参考記事僕たちは旅するように暮らす事にしました家族でどこかに移住しようと考える人はど...

僕には2才の娘がいます。これからどんどん大きくなっていくわけですが、小学、中学、高校と、日本の教育を受けさせるつもりはありません。・・・ちょっと唐突過ぎましたね。すみません。今日の内容はもしかすると気分を害してしまう可能性があるので、興味がなければ閉じて頂いて結構です。誰かが設定した人生の模範僕は14才で社会からドロップアウトしてしまい、中学2年生で学校へ通わなくなりましたが、それはそれで正解なの...

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?スティーブ・ジョブズ親になってからというもの、今までよりもさらに仕事に精を出すというより、子供との時間や家族での思い出をもっと作りたいというふうに意識が変化したように思います。今をもっと楽しむといえば分かりやすいでしょうか。これは仕事を適当にするようになったという事ではなくて、自分の為じゃなくて誰かのために生きていき...

dummy

先日、読者の方からちょっと気になるメッセージを頂いたので転載します(許可済み)初めてメッセージします。私は42才で長距離トラックに載っています。国道のパーキングからスマホからメッセージしています。私には妻と子供が3人います。家族と過ごせるのは月に7日くらいです。橋本さんのブログを見ていると羨ましく思います。自分の今をよく考えましたが仕事をやめてネットビジネスに興味があります。稼げるかわかりませんが...

dummy

主婦やイクメン主夫がブログで稼ぐ!?少し前は主婦(主夫)はコンビニバイトやレジのパートで家計を支えたり自分のお小遣いにするのが王道でした。でも今ではネットの普及で育児や家事で仕事が出来ない(働きたくない)主婦やイクメン主夫がこぞってブログを在宅で始めるようになりました。他にもお小遣い稼ぎの垣根をこえて個人のブログの執筆活動をしているだけで、月に50万円以上稼ぐ主夫やイクメン主夫も実際に存在していま...

dummy

妻子持ちや主婦など、家庭持を持つ多くの人の最大の悩みは結局のところお金です。子供が大きくなっていくにつれてどうしてもお金はかかってきますから、見えない重圧やストレスに押しつぶされてしまいそうになる事もあると思います。妻子持ちの男性ならなおさらプレッシャーですね。ちなみに僕にも妻と娘がいます。正直なところ、微々たるお金(時給)を稼ぐために昼間は本業、夜はかけもちでバイトなんてまずやってられないと思い...

飲食店経営者の頃は、いっちょまえにスーツを着込んで異業種交流会などにできるだけ参加したり、同業者とコミュニティを作ったりで,いかにもビジネスマン風な振る舞いをするのがカッコいいと考えていました。今もネットの世界ではそれに憧れている人が多いですね。やれビジネスだ!とか、そういう感じで・・・正直、僕はそれに飽きたんです。というのも、スーツを着込んでメガネをかけておしゃれなカフェでパソコンを開いて、カプ...

多くの人は家庭を持つと自然と守りに入ってしまうようです。特に女性は子供に対する愛情が男性とは比較にならない程に深いです。だからこそ家庭や仕事に安定を強く求めるのだと思います。ここでいう安定というのは、毎月決まった給料を貰い続けるという意味ですね。他にも財布の紐を閉めて貯金に励んだりもするはずです。これはどんなリスクが降りかかっても対処できるように周到に準備しているわけです。他にも老後のためだったり...

僕には妻と子供がいるのですが、ただ一般的な家族とちがって僕たちの人生が特殊なのは、一切働いていないことです。というよりも僕はこれからもずっと働きたくないと思っています。非常識と思われるかもしれませんが、働きたくないものは働きたくないんです。でも初めは罪悪感が多少はありました。罪悪感というのは、額に汗して働くことを拒否したことへの罪の意識といったら分かりやすいでしょうか。(余計に小難しくなりましたね...

dummy

一般的な家庭と同じように僕には娘がいます。まだ3才手前の我が娘にもそのうち思春期がやってきて父親の僕を拒絶する場面に遭遇するかもしれませんが、それはそれでいいと思っています。というのもその娘の思春期にはあえて環境を変える意味でも海外なんかに家族留学でもすれば、言葉や文化の吸収に忙しくて反抗する暇さえなくなるかもしれません。子育ての攻略の意味でも今の内から作戦を練っているわけです(笑)そもそも父親と...

最近働かない夫(旦那さん)が増えているようです。というのも僕も働かない夫(働かなくても収入がある)ですから、働かない旦那さんの気持ちは痛いほどに理解できます。ちなみにこのブログの読者さんからも、『夫が働かないんです』といった相談を受けることがあります。働きたくない、あるいは働かない心理というものを理解していますし、そういったご相談をわりと解決できているので、もし働かない夫に悩んでおられるなら最後ま...

dummy

夫婦仲は良いにこした事はないのですが、やはり一緒に生活するとなると許せない部分や直してほしい性格など考え出すとキリがありませんね。夫婦仲がこじれる原因はたくさんありますが、以下が代表的ではないでしょうか?家にいてもゲームばっかり。掃除する気がない。金使いが荒い。育児に協力的じゃない。ギャンブル(パチンコ、競馬、競艇)浮気。だんなの給料が低すぎる。特に夫婦仲が破たんする1番の原因はお金です。金の切れ...

沖縄の海より最高の教育とは子供に親の自由な姿を見せ続ける事僕には大切な奥さんと子供がいます。家族と24時間ずっと一緒にいる環境をつくるため、そしてリストラやケガで収入がその日から途絶えるリスクを人生から消すために僕は起業を選択しました。というのも、自分の力でお金を稼ぐ能力を身に付けなければ、国や会社に人生も収入もそのすべてを依存しビクビクしながらこのさきずっと生きていかねばならないからです。ですの...

dummy

アフィリエイトビジネスは紹介業です。企業や誰かの商品やサービスを紹介し、売れたり契約されたら報酬が発生する非常にシンプルなビジネスモデルです。楽天やアマゾンを始めとした大企業がこぞってアフィリエイトを推奨するようになってから、アフィリエイト市場は右肩上がりに成長し続けています。アフィリエイトビジネスというのは、例えば駅のホームや道路沿いに並ぶ広告看板のような物と言えば分かりやすいかと思います。この...

東京から沖縄移住してからも相変わらず、仕事するときはスタバが多いです 笑。子育てを楽しむために誰も知らないここ沖縄に家族で飛び込んだわけですが、仕事に何ら支障はなく事業(収入)は安定しています。やはりビジネスをやるじゃなく、ビジネスを所有するというマインドは重要でした。自分がいなくても事業が回る仕組みを持ったおかげで、たとえ3か月や1年でも何もしなくとも自分の代わりに仕組みがお金を稼いでくれていま...

dummy

洗濯機&乾燥機で、洗濯の自動化は完了済み。ルンバ960とブラーバ380で、床掃除の自動化も完了済み。ならば、次は食器洗いの自動化に着手しようということで、パナソニック食洗器NP-TH2を買ったのでレビューしますね。食洗器NP-TH2を買ってみた結論から言えば、「なんでもっとはやく買わなかったんだろう」と、後悔したほどです。1ヶ月使用後の使い心地【パナソニック食洗機NP-TH2】実際に、パナソニック...

ほんの数年前までは朝から晩まで仕事に忙殺されていて、結婚記念日などまともにやったことがありませんでした。でも沖縄移住してからは仕事をする必要がほぼなくなったので、結婚5年目にしてようやくまともな結婚記念日を過ごそうと思います。というわけで僕ら夫婦の結婚5年記念日は、本格和食店にお邪魔することにしました。目的はおいしい和食を食べながらお店の日本酒をぜんぶ飲みたおすことです。ちなみにお店のオーナーは沖...

dummy

先日、僕の親しい友人が脳梗塞で突然倒れました。ビジネス談義やくだらない笑い話を毎日のようにLINEで行っていたのに、ある日突然ろれつが回らなくなりました。文章は支離滅裂になり、なにを言っているのかわからなくなりました。スマホに送られてくるわけのわからないLINE文章を読んでいると、自然と泣けてきました。アマゾンで値段を気にせず大量買いして玄関を埋めつくしたり、水上バイクやサーフィンや猟銃など大好き...

沖縄,ハンバーガー

沖縄中部でうまいハンバーガーが食べたい妻がアメリカ人なので、沖縄移住してからは自宅のバルコニーでアメリカンBBQやったり、自家製ハンバーガーを作るようになりました。でもハンバーガーだけは、やはりお店には敵わないです。そこで、ハンバーガーマニアの僕が夫婦で沖縄中のハンバーガー屋さん巡りをした結果、ようやく見つけたおすすめハンバーガー店をレビューしますね。沖縄の本場のハンバーガーを食べたらもう、マック...

読谷村,居酒屋,子連れ

沖縄は子連れで居酒屋にいく文化があるノートパソコン1枚もって東京から沖縄に子連れ移住して、もう3年がたちました。そんな僕ら家族が沖縄移住して驚いたこと。それは、沖縄には子連れで居酒屋に行く文化があるということでした。内地(本土)では子連れで居酒屋にいくと周りに白い目でみられがちでなにかと敬遠していましたが、沖縄に引っ越してからは堂々と子連れで居酒屋にいくようになりましたね。ちなみに、僕ら夫婦は一晩...

父娘旅行,父娘二人旅

考えてみれば、小さいころに親と過ごした記憶がほぼありません。なにしろ共働き家庭では、親が朝はやく仕事にいって終電くらいの時間に帰宅するので、親と子供がすれ違いの生活をせざるをえないんですね。海ぞいのお気に入りのカフェでいつもより濃いめのコーヒーをすすりながら、「父親とキャッチボールくらいしたかったなあ」などと、ぼんやり思考を巡らせていたら、なぜか急に娘と二人旅したくなりました。というわけで、あわて...

貧乏特徴

僕ら人間は、それぞれ「お金の設計図」というものをもっています。お金の設計図というのは、いわゆる「お金に対する考えかた」、それがお金の設計図ですね。ちなみに僕の父親は、以下のようなお金の設計図をもっていました。「借金がないとがんばれない。」「お金もちは詐欺師。貧乏は美しい。」「一部の人間しかお金もちになれない。」実は、親がもっているお金の設計図を、子供はなんの疑いもなく無意識的に受け継ぎます。つまり...

このページの先頭へ戻る