【若い金持ちの職業】20~30代の金持ちは何の仕事してるの?

若い金持ち職業

 

20代や30代という、若いお金持ちって、いったいどんな職業なのか気になりますよね?

 

40代や50代、それに60代になってまでも、もらえる給料は1ヶ月をやっと食いつなげる程度なんて、一生懸命働くのがバカらしくなるものです。

 

「こっちは年とっても毎日せっせと働いてるというのに、世の中は理不尽だ!」と、不満が爆発するのも当然の話なのです。

 

そこで、ここからは若くしてお金持ちになったひとの職業や仕事を、すべて明らかにしますね。

 

ちなみに僕は現在30代ですが、先月の月収が560万ほどでした。
(証拠画像はあとに載せてます。)

 

ネット上にゴロゴロいる、お金持ちのフリをした若者や中年とは違い、きちんと実績を残している意味では、このページを最後まで読む価値はあると思います。

 

 

若くして金持ちになる方法はネットビジネスだけ

 

結論からお伝えしますが、20代や30代や40代という若さでお金持ちになるには、人生から「職場」と「通勤」を消滅させる必要があります。

 

 

なぜなら、来る日も来る日も自分が現場に出て働かなければ稼げない状態では、自分が働けなくなったら収入がゼロになるからですね。

 

 

たとえば、会社員(サラリーマンやOL)は、バケツをもって毎日会社にかよって、水(給料)をもらって自宅に帰ります。

 

 

そうして、生活費をすべて支払ったあとに残ったわずかなお金を貯金する。

 

 

そんなカツカツ人生をおくらざるをえないように、この世の中はできているのです。

 

 

対して、お金持ちは自宅に水道を作り、いつでもお金を稼げる状態を作りあげます。

 

 

つまり、若いお金持ちの職業とは、ビジネスオーナー。
いわゆる、「仕組みで稼ぐシステムを所有している」のです。

 

 

昭和や平成といった、右向け右のみんなが同じ価値観を信じていた時代では考えられませんが、現代でインターネットビジネスで見たこともない富を稼ぐ若者が続々と増え続けているのです。

 

 

では、1年以内に月収100万円以上稼げるネットビジネスとはいったいなにがあるのか?

 

手軽にお金持ちになるネットビジネスは何?

 

フリマアプリやヤフーオークション、それにネットショップや株式&仮想通貨投資や不動産投資などなど。

 

 

現代は、ノートパソコン1枚あれば、自宅の一室で今すぐビジネスを始められます。

 

 

ちなみに過去の僕も、26才で飲食店経営で初めて起業して5年で潰したり、アフィリエイトで2度目の起業をしたりと、これまでたくさんのビジネスをやって失敗してきました。

 

 

そんなたくさんの事業を立ち上げた経験から言わせてもらえば、商売の初心者が低資金で始められるもっとも手軽なビジネスは、アフィリエイトだけでした。

 

 

ノートパソコンとネット環境さえあれば、世界中どこでも自由自在にお金を生める意味でも、アフィリエイトは自由にもっとも近いビジネスと言えるでしょう。

 

(※アフィリエイトについてはあとで具体的に解説しますので、このまま読み進めてください。)

 

絶対にお金持ちになれないのはサラリーマンとOL

 

もはや説明するまでもありませんが、サラリーマンやOLという働き方は、月給や時給制です。

 

 

つまり、経営者側からすれば、従業員とは、
「定額使い放題の手持ちのコマ」と言えるのです。

 

 

要は、経営者が儲けるための仕組みの一部、それがサラリーマンやOLとなのですね。

 

 

きつい言い方になりましたが、もちろん過去の僕も、東京で社畜人生を強要され精神的に疲弊したひとりです。

 

 

ただ、「今の自分は100%金持ちになれないポジションだ」という過酷な現実を受け入れたときに、僕たち人間の潜在能力が発揮されます。

 

 

「人生このままじゃだめだ!人生を変えてやる!」という気持ちが生まれ、脳ミソが覚醒し眠っていた可能性が目覚め、人生がガラリと変わるのです。

 

 

とはいえ、1万円札を月に100枚や200枚集めるのは、そう難しくはありませんでした。

 

 

文明の利器であるインターネットを使えば収入の自動化、いわゆる寝ていても遊んでいても口座にお金が入金されつづける生活を、圧倒的高確率で実現できるのです。

 

現代は収入を自動化できる時代です

 

あとえば床掃除は、ルンバやブラーバ。

 

食洗器はパナソニック、それに日立の全自動洗濯機。

 

現代はもはや、家事の自動化が実現できます。

 

 

ではなぜ、僕たち人間は、
「収入の自動化」という考え方が存在しないのか?

 

 

それは、僕たちは幼なながらに親や学校や周りから、お金について以下のように教育されてきたから。

 

◆「貯金は正義!贅沢は敵!節約最高!」
◆「大変な想いをしなきゃお金は手に入らない。」
◆「お金は恐ろしいモノ。」
◆「お金持ちは敵だ!貧乏は美しい!」

 

つまり、自分で学ばなければ、老人になってまでもお金に無知なままなのです。

 

 

よく考えてくださいね。

 

 

60才や70才になってまでも、お金にウロウロさせられお金で悩みたくないですよね?

 

 

だからこそ、30代や40代や50代や60代というまだまだ若いうちに、「自分で稼ぐスキルを身に着けておくべきだ」と僕は情報発信しているのです。

 

 

とはいえ、来る日も来る日もせっせと働くのは、収入の自動化が完了するまで、です。

 

 

あなたがはれて自由を手に入れたなら、海外移住するなり田舎で自給自足するなり、家族と24時間365日遊びまくるなり、もう好きにしてください。

 

寝てても遊んでても稼げるたった1つの職業

 

寝ていても遊んでいても、口座にお金が振り込まれ続ける環境の実現。

 

 

そのためには、お金が勝手にはいってくる仕組みが必要です。

 

 

先ほどもお伝えしましたが、サラリーマンやOLさんで人生に職場と通勤が存在するならば、お金持ちになるのは100%不可能といって間違いないでしょう。

 

 

そこで大切なのは、「自分のビジネスを所有する」というマインドですね。

 

 

つまり、社長を金持ちにするためにサラリーマンをいやいや続けるのでなく、
自分を金持ちにするために必死で働くのです。

 

 

個人的には、若いうちに金持ちになるための方法として、アフィリエイトが最も効率的に超短期で成功できるビジネスだと信じています。

 

 

実際に月収500万円くらいならこのブログやメール1本で稼いでいるわけですから、多少の説得力はあるのではないかと自負しています。

 

 

労働階級にいたらお金持ちになれませんが、指さきでお金を稼げる時代である事実は、忘れたくないものです。

 

豊かな老後はネットに資産を作れば実現可能

 

そろそろ最後になりますが、そろそろ若い金持ちの職業とはいったい何かが、明らかになってきましたよね?

 

 

若くしてお金持ちになった人たちは、高確率でインターネットを利用しています。

 

 

つまり、インターネット上に自動販売機を設置しているようなものですね。

 

 

ブログに適当に誰かがやってきて、勝手になにかを買って帰っていく。

 

 

そんなイメージが、インターネットビジネス、いわゆるアフィリエイトの醍醐味です。

 

 

もちろん、あなたが今読んでいるこのブログも、僕が所有するネット上の資産です。

 

 

年金なんてどうせ月に10万ほどしかもらえないわけですから、老後の生活は極めて困難な時代に突入しました。

 

 

「私なんてもう若くないしエネルギーないよ」なんて考えていたら、何者にもなれず死ぬだけ。

 

 

最後になりますが、あなたに以下の言葉をプレゼントさせていただきますね。

 

【まだ遅くない】人生で今日が1番若い日です

 

シナノン設立者のチャールズ・ディードリッヒは、人生を以下のように説きました。

 

Today is the first day of the rest of your life.

今日という日は、残りの人生の最初の日である。

 

必ずしも、お金持ちになることだけが人生のゴールではありません。

 

 

ただ、お金がないよりは、お金があったほうが、この世の中をより豊かに生きられるようになります。

 

 

気持ちに余裕が生まれ、人に優しくなれます。
それに、お金があれば大切な家族を守れますし、お世話になったひとに恩返しもできるかもしれません。

 

 

もしあなたが、見たこともない景色を見たり、自由な人生を手にする気があれば、以下もあわせてどうぞ。
(※実績や月収500万の証拠画像も載せています。)

 

【無料】自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が、今だけ無料プレゼント中!

 

いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めに。

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る