このエントリーをはてなブックマークに追加 

食いっぱぐれない仕事

 

お金がなければ服が買えない。

 

お金がなければご飯が食べれない。

 

お金がなければ家にも住めない。

 

 

この世の中はお金がなければ生きられないようにできていますから、なるべくなら食いっぱぐれない仕事につきたいと、ほとんどの人たちが考えています。

 

 

ようは、専門学校にいってスキルを高めたり、勉強して資格をたくさんとれば食いっぱぐれない仕事にありつけると考えてしまうわけですね。

 

 

しかし、食いっぱぐれない仕事というものはこの世に存在していないのです。

 

 

現代は大手企業が倒産するのは当たりまえですし、資格をとって手に職つければ一生安泰という時代ではないのです。

 

 

ですので食いっぱぐれない仕事を見つけるというよりも、食いっぱぐれないために自分ひとりの力でお金を生みだせるスキルを身につけるほうが、賢いと言えるのかもしれません。

 

【住む場所の自由】好きな場所で、

 

【時間の自由】好きな時に、

 

【人間関係の自由】たった1人で、

 

【経済的自由】狙った金額をATMからお金をおろす感覚で稼ぎだす。

 

ここからは、ノートパソコン1枚をつかって自分の力でお金を生みだす能力、いわゆる食いっぱぐれないスキルについて解説してきます。

 

資格とって手に職つければ食いっぱぐれないという大嘘

 

社会に出て働くというのは、もはや以下の2パターンしかありません。

 

 

①雇われる(就職する)

 

②自分で稼ぐ(独立する)

 

 

他人から給料を貰うか?
自分の力でお金を生みだすか?

 

 

非常にシンプルですね。

 

 

ここで考えておきたいのですが、
仕事に追われ暮らしにまみれる人生でなく、
何にも縛られず人生を思うとおりにデザインできる人生のほうが楽しいに決まっていますよね?

 

 

そこで、人生を自由自在にデザイン可能な生きかたを実現する方法が、自分の力で稼ぐ能力を身につけることなのです。

 

 

ところが自分の力でお金を稼ぐのを諦めて、お金を稼ぐ手段が他人から給料をもらうしか選択肢がないなら、その先にはありきたりな老後が待っているだけですね。

 

 

食いっぱぐれるのが怖くて会社に雇われる道を選ぶなら、周りと似たような収入をもらって周りと似たような生活をしなくてはならないのです。

 

 

もし就職さきの会社が倒産したら、その日から食いっぱぐれてしまう危険があります。

 

 

つまり、「資格をとって手に職つければ食いっぱぐれない」というのは嘘なのですね。

 

 

きつい言いかたになりますが、
昭和の時代なら資格をとればしばらく食いっぱぐれなかっただけの話で、現代ではもはや通用しない価値観というわけなのです。

 

 

食いっぱぐれないスキルとはどんな商品でも売る技術のこと

 

インターネット環境とノートパソコンがあれば、いつでもどこでもお金を生みだせる時代に突入しました。

 

 

自宅やオシャレなカフェで、サラリーマンのかたの月収や年収をほんの数時間で稼ぎだす20代や30代の若者たち増えつづけています。

 

 

ちなみに僕もこのブログやメールマガジンで、自動でお金を生みつづけています。

 

 

心理学や脳科学などをビジネスに応用しているので、人間心理がガラリと変わらない限りはこうして大好きな文章を書いていれば、お金を生みだし続けることができます。

 

 

たしかに時代はこれからも変わり続けるわけですが、人間心理が1年後や10年後にガラリと変わるなんて、どんな見方をしても考えられませんね。

 

 

そもそも僕のビジネス手法は世の中の流行りや早い者勝ちの世界とはちがうので、世の中の移り変わりと共にいちいちウロウロする必要がありません。

 

 

毎日大量に記事を書かなくても問題ありませんし、時にはまったく書かない時期もあります。

 

 

それでもブログや作り上げたシステムが24時間365日働いてくれるので、自分が身を粉にして肉体労働しなくとも暮らすことができます。

 

 

おかしな表現になるかもしれませんが、
遊んでいても寝ていても口座に次々とお金が入金される仕組みをもっているというわけです。

 

 

もしこれからあなたがアフィリエイトビジネスを始めるとしたら、流行り廃り関係なくずっと稼ぎ続けられる手法を学ぶのが賢い選択です。

 

 

たとえば1週間や1か月程度しか稼げないような手法を学んだところでキリがないですし、あまりにも非効率です。

 

 

どうせなら一生食いっぱぐれないスキルやノウハウを早いうちに学んだほうが、圧倒的なスピードで自由になれる可能性が高いです。

 

 

その、一生食いっぱぐれないスキルや手法はメール限定でお話しています。

 

自分で稼ぐ力が10日で身につく無料メールセミナー
今だけ13790円相当の電子書籍無料プレゼント中。

 

 

PS.

 

 

20代前半の頃に引っ越し屋さんでバイトしていた時期がありました。

 

 

引っ越し業界からすると3~4月は稼ぎ時です。

 

 

この繁盛期は1日にどれだけ件数をこなしたかで給料が決まりますから、正社員の人たちは朝から晩までトラックで走り回っていました。

 

 

バイトにも慣れ始めたころ、いつものように先輩が運転するトラックで現場に向かう道中で、先輩がこのように話してくれました。

 

 

『仕事辞めて自由になりてぇ』

 

『1か月でいいからまとめて休みが欲しい』

 

 

先輩は新卒で大手物流会社に就職したようですが、同じ毎日の繰りかえしに飽きて1年で退社。

 

 

それから体1つで稼げる引っ越し業界に飛び込んだそうです。

 

 

正社員3年目を迎えたけれど、そろそろ転職を考えているようでした。

 

 

そこで、先輩にこう聞いてみたのでした。

 

 

『自由になれる仕事って何があるか教えてください』

 

 

すると先輩はこのように教えてくれました。

 

 

『社会人になると自由なんて無いんだよ。
でも休みの日は自由だろ?
休みっていう自由があるからこそ人は頑張れるし、自由のありがたみが分かるんだよ。
たまに味わう自由が1番だよ。毎日が自由だとつまんないよ…たぶん。』

 

 

それが先輩の仕事に対する現実(考え方)でした。

 

 

日曜日だけ自由を味わえれば満足。

 

 

週6日働いて1日休むパターンが正しいと先輩は信じているので、それが現実になっただけの話ですね。

 

 

ただ僕にとっては毎日が夏休みの日常が欲しかったのでそれ以上、先輩に生き方を教わるのはやめました。

 

 

先輩が考える自由は、週1日のつかの間のひととき。

 

僕が考える自由は、24時間365連休。

 

 

でも24時間365連休の日常が欲しいなんて誰かに言おうものなら、周りから冷たい視線とヤジが飛んでくることでしょう。

 

 

『いつまで夢追いかけてんだ』

 

『いい年なんだからそろそろ落ち着きなよ』

 

『中2病なの?』

 

『真面目に働きなよ』

 

 

そうした周りの意見に翻弄され自分の欲しい未来や、送りたい人生をあきらめるのです。

 

 

もったいないですね、たった1度の貴重な人生なのに。

 

 

その1度きりの人生を自由に生きる方法は、以下で具体的に解説しています。

 

自分で稼ぐ力が10日で身につく無料メールセミナー
13790円相当の電子書籍が今すぐ無料で読めます。

 

※いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めにどうぞ。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る