このページの先頭へ

【沖縄旅行記】男ひとり沖縄旅行記

 このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄旅行記

 

数週間前に家族でシンガポールから帰国しましたが、ふと綺麗な海が見たくなりパソコンとカードを持って沖縄に飛びました。

 

 

拠点は那覇市おもろまち。

 

 

空港からモノレール(ゆいレール)で15分ほどの新都心と呼ばれる街です。

 

 

転勤や移住者などの県外からの人たちが多く住んでいるエリア。

 

おもろまち駅を降りてすぐの公園↓

 

 

 

那覇市は東京と変わらないくらいに開発されていて、発展していました。

 

 

家賃も東京とほぼ変わりません。

 

 

那覇市のように発展した街にひきこもっても東京にいるのと変わらないので、ひとまずレンタカーを借りて主要道路58号線をあてもなく飛ばしてみることにしました↓

 

 

 

沖縄は塩害がひどいらしく、車は購入時からすでに防錆加工がされているとの事。

 

 

県外から車を持ってこようものなら、あっとう言う間にサビに侵されるようです。

 

 

傘なんか家の外に置こうものなら、6か月もあればサビついて使い物にならないとか。

 

 

 

 

那覇おもろまちから車で2〜30分ほど走ると、トロピカルビーチなるものをみつけたので行ってみます。

 

 

宜野湾市にある人工ビーチですが、綺麗に整備されています。

 

 

外国人観光客や地元の人たちが海辺でバーベキューや水上バイク、ウェイクボードを楽しんでいました。

 

 

 

 

大型連休をうまく避けたので空いてます↓

 

 

 

このトロピカルビーチは子供が遊べる遊具や公園があって、家族でも十分楽しめます。

 

というより、ファミリー向けの落ち着いたビーチですね。

 

 

 

 

黒人の家族がたわむれています。

 

 

 

 

屈強なパパといかついママが、道の向こうまで競争しています。

 

自分の家族と重ねてしまって、何だか微笑ましい。

 

 

 

 

現地人からすれば、もっと綺麗な海はたくさんあると話してくれましたが、東京から来た人間からするとこの小さな人工ビーチでも十分感動します。

 

 

 

 

 

知念岬↓

 

 

 

吸い込まれそうです↓

 

 

 

糸満市、美々ビーチ↓

 

 

 

 

おもろまちの居酒屋にて↓

 

 

 

ラフテー↓
豚の角煮のような感じですね。

 

 

 

泡盛にこんなにたくさん種類があるとは↓

 

これもほんの一部らしいです。

 

 

 

 

 

沖縄もずく↓

 

 

 

ミミガー↓
酢味噌やキュウリとあえてあり、臭みもなくさっぱりです。

 

想像以上においしいです。

 

 

 

もずくの天ぷら↓

 

沖縄産の塩もまたうまい。

 

 

 

さらに泡盛↓

 

 

 

豚肉の梅シソあえ↓

 

濃いのにさっぱり。

 

 

 

豚レバー↓

 

 

 

フラリと寄った居酒屋のマスターやお客たちと5分で意気投合。

 

泡盛をしこたま飲んだようで、ホテルまでどうやって帰ったか覚えていません 笑

 

 

でも東京じゃまず経験できない濃い人間関係を、ここ沖縄で体験出来ました。

 

 

ネットビジネスをやっていて思うのは、気の合わない人とは一切交わる必要がなく、気の合う人とだけ逢えば良いのでそれが本当に心地良いです。

 

 

まさに人間関係の自由ですね。

 

 

 

 

ガンガラーの谷にある洞窟カフェ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地のオジサンたちはよく、
こうして海を眺めてボーっとするのだそうです↓

 

 

 

 

まずはマネから入ります↓

 

 

 

 

PS.

 

 

僕は計画が立てられない性格なのか、国内でも海外でも3〜5日前に予約します。

 

 

しかも現地の情報など、ほとんど調べません。

 

 

現地に着いてから、色々と調べるタイプです。

 

 

たまにキツキツの分刻みスケジュールを組む人もいるようですが、何だか危機迫る感じがどうも苦手です。

 

 

その時の気分、その時のタイミングで好きなように動く方が向いているようです。

 

 

家族で思い出つくりも大好きですが、同じくらいひとり旅も大好きです。

 

 

あちこち動き回るので荷物はパソコン、一眼レフ、着替えとカードなどいつも最小限。

 

 

まるで引越しのようなドデカいスーツケースなど邪魔なだけなので、22リットルの愛用のバックパックがあれば十分事足ります。

 

(子連れの時は別ですが)

 

 

社会とはすでに決別しましたし、自分を縛る義務とやらが人生に存在しないぶん、自分で自分を管理する意味でも自分と向き合う時間を意図的に作るようにしています。

 

 

そうする事で漠然としたアイディアや、散らかった思考が徐々に整理されていきます。

 

 

時にはパソコン持って旅するのもいいものですよ。

 

 

旅行中でも変わらず口座にお金が振り込まれる現実にはだいぶ慣れましたが、改めてスゴイ時代だなと思います。

 

 

今は稼ぎながら旅が出来る時代ですものね。

 

 

僕のようにパソコン1台で世界中どこでも仕事をする人は、これからどんどん増えていくはずです。

 

 

それに飛行機に乗るたびに思いますが、チェックインなんかはもうすでに自動化が済んでいます。

 

 

スマホでウェブチェックインして、空港内のATMのような機械でチケットを生成して、手荷物検査して、搭乗。

 

 

さすがにテロ対策の意味でも手荷物検査員とは関わりますが、空港での手続きで人と関わる事はほとんどありません。

 

 

売店のおばちゃんくらいです。

 

 

世の中の流れを冷静に観察すると分かりますが、単純労働や誰でも出来る仕事はこれから先、選ばない方が安全かもしれないですね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 





13790円無料

期間限定プレゼント


TOP プロフィール 問い合わせ 無料プレゼント 人気記事17選 推奨教材