敷かれたレールを脱線して7年が経ちました

敷かれたレールを脱線して7年が経ちました
 このエントリーをはてなブックマークに追加

敷かれたレールを脱線して7年が経ちました

 

今あなたが歩んでる道は
自分だけのオアシスへと続いているでしょうか?

 

 

自分のオアシスというのは、
あなたの理想の未来の事です。

 

 

今日はせっかくですので
じっくりと考えてみて下さい。

 

 

もし今の現状に居心地の悪さを感じたり、
何だかしっくりこない時は本当に進むべき方向を
間違っている時なのかもしれません。

 

 

それは意味の無い努力だったり、
方向性がまったく違う作業だったり。

 

 

本来なら付き合うべきでない人たちと付き合っていたり、
今一生懸命歩んでる先にあるはずの宝箱が実はカラッポだったり。

 

 

逆に自分の人生を生きてる時、
つまり理想の未来を正しく歩いてる時は
たとえ辛いと思える瞬間でもワクワクするものです。

 

 

敷かれたレール。

僕らが幼少期から親や教師や
周りの大人に教えられてきた事。

 

 

それは、
休まず学校へ行き、
良い高校へ入り、
良い大学に入り(有名な企業に就職し)
気の遠くなる期間会社に尽くし、
老後は年金で悠々自適に生活。

 

 

これが国や会社や学校、
つまり他人に敷かれたレールです。

 

 

他にも、
休まず学校へ行き、
良い高校へ入り、
良い大学に入り(有名な企業に就職し)
何らかの理由で親の会社を継ぎ
親と同じ道を歩み、
老後を待つ

 

 

これは親に敷かれたレールですね。

 

 

①国や会社や学校といった他人に敷かれたレール。
②親に敷かれたレール。

 

 

一般人が歩む人生は
大体が上の2つのレールです。

 

 

いずれも自分が決めた道じゃなく、
第3者が決めた道、
つまり敷かれたレールだというのが分かります。

 

 

しかし世の中には
誰に決められるでもなく誰に縛られるでもなく、
ただ理想の未来を手に入れるために
行動を起こすひとたちが一部存在します。

 

 

敷かれたレールから脱出し
自分の力で生きている人たちがいるわけです。

 

 

ちなみに僕は10代前半で
敷かれたレールから思い切り脱線しました。

 

 

『これからどうしたら良いのか?』

 

『自分は一体どんな方向へ進むべきなのか?』

 

『自分のやりたい事って何だろう?』

 

『死ぬまで働き続けるのは正しいのか?』

 

『とにかく両親や大切な人達を幸せにしたい』

 

 

毎分のように色んな疑問が浮かび疑心暗鬼になり、
不安で不安で前が見えない毎日が続いていました。

 

 

気付けば起業して8年が経っていました。

 

 

現在はパソコン1台でお金を稼げるようになり、
額に汗して働いていた頃と比べようがないくらいに
自由な時間や大切な人達と過ごせる時間が増えました。

 

 

住む場所も自由に決められるようになりました。

 

人間関係も自分でデザイン出来るようになりました。

 

お世話になった人たちに恩返し出来るようになりました。

 

育ててくれた両親を温泉旅行に招待する事が出来るようになりました。

 

奴隷的な働き方をやめてからは、自由は罪じゃないと確信が持てるようになりました。

 

学校教育で学んだ自虐思想が実は幻想だと気が付きました。

 

自分の人生は好きにデザインしても許されるのだと知りました。

 

 

僕が思うのは、
敷かれたレールからはどんどん
脱線するべきだという事。

 

 

仕事に忙殺され
自分の中に潜んでいる可能性に気付かぬまま年だけ取って、
「気付けばやりたい事を我慢し続けた人生だった」と、
老人になって後悔するなんて悲しすぎます。

 

 

やらずに後悔するよりも出来るだけ若い内に
見たい景色を見たりやりたい事をやり尽くし、
理想の人生にとことんチャレンジして後悔するほうが、
活き活きとした毎日が送れるのではないかと思うのです。

 

 

敷かれたレールの先には実は
年金暮らしという人工的な自由が用意されていて、
その年齢になる頃には体力も気力も衰えており、
ゲートボールや盆栽の世話しか出来ないかもしれません。

 

 

その未来が悪いとは言いませんが、
もっと自分の可能性を信じてあげてもいいと思うのです。

 

 

自分の理想の未来を手に入れるには
敷かれたレールから積極的に脱線し、
自分の好きな事を仕事にして自由に生きていく。

 

 

これが1番の方法ではないかと思います。

 

 

好きな事を仕事にするもんじゃない!』なんて、
それは好きな事を仕事に出来なかった脱落者のただの言い訳です。

 

 

もしかするとその人は、
その仕事が本当はやりたくなかったのかもしれません。

 

 

だからこそ大好きな事でも、
理想と現実のギャップを言い訳にして
夢を簡単に諦めたのではないでしょうか?

 

 

でも確かに敷かれたレールを長年歩いてきたのであれば、
そこから脱線するのは勇気がいるものです。

 

 

誰だって生活しなければならないわけですから、
収入が途絶えるのはマズいですものね?

 

 

しかし人間、
やるしかないと本気で思えた時にこそ
自分でも信じられない力を発揮します。

 

 

そしてその決意は潜在意識にすり込まれるので、
理想を叶えるための情報や人が不思議と寄ってきます。

 

 

その意味でも潜在意識を活用すると
成功スピードは一気に加速するのです。

 

 

ビジネスをやるなら、
時にはリスクを積極的に取る勇気も必要です。

 

 

目の前の石橋を叩いてばかりでは
そのうち崩壊します。

 

 

考えてもみて下さい。

 

 

友人や家族や子供と過ごす時間のほとんどを会社に奪われ、
休みは週に1回。

 

 

疲れ切ってるので休みは寝て終わる。

 

 

寝るためだけに自宅に帰る毎日。

 

 

そんな毎日をあと30年も40年も続けていく。

 

 

まさにそれが僕らの目の前に
誰かが敷いたレールです。

 

 

実は今目の前に敷かれたレールこそが最大のリスクだと、
出来るだけ若いうちに気付くべきなのかもしれません。

 

 

繰り返しますが、
出来るだけ若いうちに、です。

 

 

致命的にならない限り失敗はしてもいい。
やってみないとわからない。

 

行動してみる前に考えても無駄です。
行動して修正すればいい。

 

ファーストリテイリング
代表取締役会長兼社長 柳井 正

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

PS.

 

 

 

妻と子供と高尾山に来てます。
紅葉が美しいです。

 

 

 

 

 

 

焼きたてせんべいがおいしそうだったので↓↓

 

 

 

アツアツです↓↓

 

 

 

 

リフトに乗って山頂へ向かいます↓↓

 

 

 

 

まるでジェットコースターの序章です↓↓

 

 

 

上からの景色。
新鮮な空気の中ひたすらに深呼吸です↓↓

 

 

 

黒ごま団子と甘醤油の団子。
炭でいい感じに焦げて香ばしいです↓↓

 

 

 

 

こんにゃくの味噌田楽。
これも炭で焼いてくれます↓↓

 

 

 

陽が落ちると一気に冷え込みます
山の上からの東京の夜景。
遠くに高層ビル群がかすんで見えます。

 

 

 

妻の頭の上に一眼レフを固定して取ってもやっぱりブレます(笑)↓↓

 

 

 

地平線が夜景で丸いように見えます↓↓

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。