転職が不安で仕方のない方へ。今の時代は転職は当たり前です。

 

現代は、会社が個人を守ってくれる時代ではありません。

 

 

用がすめば使い捨てされる時代が到来しています。

 

 

たとえば30代、40代、または50代でも突然のリストラ(解雇)を告げられるのは当たりまえで、戦力外通告を受けた会社員は身ぐるみはがされた状態で社会へと捨てられる。

 

 

つまり、サラリーマンになって安定給料をもらえば安全という時代ではないのです。

 

 

突然のケガや病気やリストラに今はあまり恐怖を感じないかもしれませんが、収入の柱が給料1本しかないなら危険といえるかもしれません。

 

 

転職や独立があたりまえの時代

 

今の時代は、転職や独立が当たりまえです。

 

 

なにしろ大企業が倒産するような時代ですから、いつまでも沈みかけの船にしがみつくよりも、さっさと次の船に乗りかえなきゃ共倒れですものね。

 

 

ただ、転職しても月収1~2万円程度しか収入があがらないなら、その転職は正しいとは言えないのかもしれません。

 

 

というよりも、転職にこだわりすぎると視野がせまくなりがちなんですね。

 

 

たしかに現代は転職が当たり前ですが、転職でなく独立して自由に生きることも検討しておいていい時期かもしれません。

 

 

「いやいや私なんか独立に向いてないよ!」と言うようなひとが、短期で成功する時代だからこそ現代は面白いんですよね。

 

 

転職でなく独立して稼ぎまくるのもまたいい

 

先日友人数人が、僕がアフィリエイトでサラリーマンの月収を1日で稼いだりしている情報をどこからか仕入れてきたようで、こぞってネット副業を始めました。

 

 

それぞれがパソコン音痴の30代。

 

 

子持ちのパパや主婦、飲食店経営者や会社員など職種はさまざまですが、誰でも自宅で気軽に始められて月に3~5万円でもお小遣いが増えると、遊びや趣味にしても選択肢が増えますね。

 

 

その点でも、あまり転職にこだわり過ぎずに副業で副収入を得る生活なんかも視野に入れてみるのもいいと思います。

 

 

今ではネットを使えばだれでも簡単に副業を始められますし、もし軌道に乗れば仕事をやめれるかもしれないですものね

 

 

長時間低賃金労働以外の人生の選択肢

 

死ぬまで他人に雇われて生きていくと決めたのなら、転職はある程度慎重に吟味する必要があります。

 

 

なにしろ、他人に雇われると長時間低賃金でこき使われ、いずれ使い捨てられる場合がほとんどだからです。

 

 

ただ、『ここにいてもこれ以上、自分が成長しない』とあなたが感じているのなら、転職は早いほうが精神衛生良いかと思います。

 

 

また、起業とまではいかないとしても、副業で収入を複数確保してリストラのリスクを分散させるのもひとつの考え方かもしれません。

 

 

いずれにしても、自分の身は自分で守る時代はこれからもずっと続いていきます。

 

 

どんなリスクが降り注いで来たとしても動じない準備をしておくことが、これからの時代は重要なのかもしれませんね。

 

 

妻子がいる僕が就職もバイトもせず生活できるワケ

 

僕の昔の同僚に、他人の目ばかり気にしてしまって周りのアドバイス通りに生きている人がいます。

 

 

彼は愚痴っぽくて、いつもなにかに腹を立てていて、なにかと近寄りがたい雰囲気を持ってました。

 

 

『たまには自分で決めた人生を生きてみたら?』と言うのですが、聞く耳をもとうとしません。

 

 

生き方を自由に決められる、
そんな自由な国に生まれたのですから、もっと好きに生きてもいいはずだと僕は思うんですけどね。

 

 

でも何か自分のなかで葛藤があるのでしょうね。

 

 

~あとがき~

 

 

僕が家族を抱えているのにも関わらず、就職せずに沖縄移住して自由に生きている秘密を以下でくわしくお話ししています。

 

 

①住む場所の自由。
②時間の自由。
③人間関係の自由。
④経済的自由。

 

 

これら4つの自由に興味があればどうぞ。

 

【無料】自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。
いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めに。

 

 

※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る