個人事業廃業後の収入はどうする?商売辞めた僕が月500万稼ぐまで

個人事業廃業の収入

 

個人事業主(自営業&フリーランス含め)という仕事は、サラリーマンと違って安定が一切ありません。

 

 

個人事業に安定がないということは、商売がいつダメになるかわからないということ。

 

 

つまり、僕たち個人事業主は、廃業するのが当たりまえの世界に生きているということを、まず思い出してください。

 

 

ちなみに僕は、元飲食店経営でしたが、過去に1度事業を廃業して無職になりました。

 

 

当時は妻と子供がいるのにかかわらず個人事業を廃業しましたから、廃業後に収入が完全にゼロになりました。

 

 

そこで、あわててネットビジネス(アフィリエイト)に、チャレンジしました。

 

 

結論から言うと、月収560万円くらいなら稼げるようになりましたので、ここからは個人事業廃業後の収入をどうすればいいかを、具体的に解説していきます。

 

 

現在、あなたが個人事業廃業後の収入をどうしたらいいか悩んでいるなら、このページを最後まで読みすすめることで、必ず突破口が見つかるでしょう。

 

 

事業廃業後は収入がゼロになります

 

フリーランスや自営業(個人事業主)はサラリーマンと違って保証などありませんから、個人事業を辞めた日から、収入が完全にゼロになります。

 

 

そんなの当たり前の話なのですが、この「収入がゼロになる」という現実が怖くて、個人事業をズルズルと続けてしまう場合が多いです。

 

 

もちろん、僕も元飲食店経営者ですから、お店を閉めるのに勇気が必要なのは、痛いほど理解できます。

 

 

ただ、個人事業廃業後の生活が不安で不安で、現状のジリ貧状態に留まるよりは、むしろ収入ゼロになるほうが覚悟が決まる場合があります。

 

 

ちなみに僕の友人も、中途半端な売上にしがみつくのをやめて、思いきって廃業して新しいことにチャレンジしたら、月収100万超えたというパターンが多いです。

 

 

でも、事業というものは、始めるのにもお金がかかるし辞めるのにもお金がかかりますよね?

 

【選択肢は2つ】沈みかけの船と共に沈没したいか?

 

あなたもご存知のように、個人事業は始めるのにもお金がかかるし、辞めるのにもお金がかかるんです。

 

 

ただ1つだけ確かだったのは、沈みかけの船はいずれ沈む運命だということ。

 

 

そこで、個人事業を廃業するか悩んでいた当時の僕の目のまえには、以下2つの選択肢が用意されていました。

 

 

①このまま船にしがみついて、一緒に沈没するか?

 

②さっさと新しい船を作って新たな航海にでるか?

 

 

僕は迷わず②の、「さっさと新しい船を作って新たな航海にでる」を選択しました。

 

 

なにしろ妻も子供もいましたし、廃業するのにお金を全部つかいましたから、もうやるしかなかったんですね。

 

 

廃業後あらたに成功するために選んだ手段は、自宅で超低資金で始められる、インターネットビジネス。

 

 

いわゆる、アフィリエイトビジネスで2度目の起業をこころみたのでした。

 

 

商売道具はパソコン、材料は知識と経験

 

ゲスな話になりますが、世のなかには「楽して合法的に稼ぐ人がいる事実」を知っていただきたいので、あえてお話しますね。

 

 

僕はパソコン音痴のネットど素人からアフィリエイトを始めましたが、約1年で月収100万円を超えることができました。

 

 

翌年にはノートパソコン1枚もって海外をまわったあとに、現在は家族で沖縄に移住しました。

 

 

僕の場合は、個人事業を廃業後に、収入が25倍にアップしました。

 

 

お店を潰して意気消沈したあのとき、インターネットビジネスにチャレンジしなかったら、今頃どうなっていたでしょうか?

 

 

おそらく、今ごろ近所の工場で時給700円程度をもらいながら、貧乏生活を家族に強いていたでしょう。

 

 

・・・想像したら、背筋がゾッとしました。

 

 

現在はノートパソコン1枚あれば世界中どこでも住めるし、狙った金額をゆびさきで稼ぎだせる意味では、インターネットに感謝していますし、なにより幸せです。

 

廃業後再チャレンジするお金が無い場合の対処法

 

もしかすると今、あなたは手もとにお金がなくて、再チャレンジできないかもしれません。

 

 

だからこそ、個人事業を廃業した後の収入をどうすればいいのかを、真剣に悩んでおられるのかもしれません。

 

 

確かに、リアルビジネス(店舗ビジネス)は、初期投資に500万や1000万などゆうに飛びます。

 

 

ちなみに僕の場合は、再チャレンジするお金がありませんでした。

 

 

そこで、ほんの2~3万ほど用意すれば自宅で今夜からでも始められる、インターネットビジネスを選択したんですね。

 

 

先ほどもお伝えしたように、結果は月収560万円を超えることができました。
(※証拠画像はあとでたくさん載せています。)

 

 

ですので、あなたが今お金がなくて再チャレンジできないのであれば、インターネットビジネスを検討するのもいいかもしれません。

 

 

「自分なんてパソコン音痴だしネットビジネスなんてムリだよ!」と考えてしまいがちなのですが、僕も元飲食店経営のど素人からネットビジネスを始めました。

 

 

・・・恥ずかしいですが、おまけに低学歴です。

 

 

真面目に生きてこられたあなたらなら、僕なんかより突き抜けて成功できると信じています。

 

個人事業主経験者はなにをやっても成功する

 

残酷な言い方ですが、サラリーマンの世界しか知らない場合よりは、個人事業主経験者のほうが成功確率が高いです。

 

 

なぜなら、僕たち個人事業主は、事業を成功させるために今まで自分の頭で必死に考えて行動してきたから、です。

 

 

たとえば、動物園の動物は、毎日きまった時間にエサがもらえますよね?

 

 

それゆえに、自分の力でなにかを成し遂げられず、飼育員に言われたことをただただこなす日々をおくらざるをえないのです。

 

 

対して、野生に生きる動物は、自分の力でエサを獲得するべく、頭をつかって戦略的に狩りをおこないます。

 

 

それゆえに、自分らしくなりたい自分にむかって、ワクワクしながら猪突猛進できるわけです。

 

 

つまり、僕たち個人事業主は後者の野生に生きる動物とおなじだからこそ、新しいことにチャレンジしても成功しやすいと言えるわけです。

 

 

ですので、「今の個人事業を廃業したら収入はどうしよう?」などと、弱気にならないでくださいね。

 

 

むしろ、収入ゼロになるからこそ緊張感が生まれて、また前進したいと思えるんです。

 

 

緊張感も刺激もない、それに先の知れた退屈な未来を想像するからこそ、廃業後の生活が不安になるんです。

 

 

よく考えてください、そして思いだしてください。

 

 

事業を始めたてのころは、ワクワクドキドキで、夢と希望と刺激にあふれていましたよね?

 

 

そんな、軽やかで刺激的だった毎日をまたあじわうために、新しい世界にチャレンジするのもいいかもしれません。

 

きっと大丈夫!悪いことばかり見つけないで

 

そこで、もうこの際ですから、ハッキリとお伝えしますね。

 

 

今どき、個人事業は潰して当たりまえです。

 

大切なのは、廃業したあとどうするか、です。

 

 

もし、「もうやってく自信がないよ。サラリーマンに戻ろう」と考えるなら、雇われの世界に戻るだけです。

 

 

ただし、「まだ個人事業主として見たこともない自由な世界を体験したい!」と考えるなら、廃業後にどのビジネスにチャレンジするかをじっくりと考えてみてください。

 

 

仕事選びに失敗すると、人生を失敗する恐れがあります。

 

 

重要なのは、悪いことばかり見つけず、あわてず深呼吸してから、じっくりと自分が今いる位置を把握することです。

 

【無料】月収500万稼ぐまでやったことすべて

 

最後になりますが、実は自由には、以下4つの種類があります。

 

 

①住む場所の自由
②時間の自由
③人間関係の自由
④経済的自由

 

 

これら4つの自由に興味があれば、以下もあわせてどうぞ。

 

【無料】自分で稼ぐ力が10日で身につくメールセミナー

 

13790円相当の特典書籍が今すぐ無料で読めます。

 

いつまで無料で提供できるかわからないので、興味があればお早めに。

 

 


※ご入力頂いたメールアドレスは厳正に管理し外部への共有、貸出し、売却等は一切致しませんのでご安心ください。
このページの先頭へ戻る